ツクシの群生地

e0060485_23195733.jpg
 ここは通勤途中に見る、ある会社の門です。ツクシは家の近くの川土手でも、一番よく生える時期に辛抱強く探して歩けば幾らか採れますが、一ヶ所にこんなに群がっている場所など、私はもう見たことがありません。この金網、下は隙間が開いていて、手が楽に入ります。おまけに、この門は開きっ放しで、ちょこっと後ろに回れば、そんな努力さえ要らないのです。ただ・・・致命的なことに、ここは大きな道路に面しています。歩道の横なんです。いくら男性でも、昼間はあまりに目立ちすぎて無理でしょうが、夜中の酔っ払いには、そんなことは関係ないでしょうからねえ。すくすくと良い育ち具合なのも、もしかしたら軽犯罪的肥やしのせいかも・・・と勘ぐられ、横目で眺めて通るだけです。みんなそう思うのか、それとも忙しくて気がつかないのか、毎年ここに生えるのですけど、誰も摘んだりはしないようです。
e0060485_23405886.jpg
 金網の中にカメラを入れて撮りました。毎年春になると、私はこの群生地が気になって仕方がありません。小さな固い、ハカマの詰まった姿から、どんどん伸びて、この写真のような見事なツクシになり、そして今ではもう、残らず長けてしまいました。ああ終わったな・・・と、小さく空気の抜けたような気分です。今年も小さな春が一つ、ひっそりと幕を閉じました。
[PR]
by touhen03 | 2008-04-03 00:03 | その他