旧海軍兵学校の川の陶片 その1

 本浦川は陶片の多い川でした。私は陶片に目が眩み、うっかり現地で丁寧に確認するのを忘れてしまったのですが、今思い出すと、水の汚れはひどいものの、他のゴミは比較的少なかったように思います。ただ陶片ばかりが目立つ川でした。陶片川なら、たいていあるはずのガラス製品が少ないことは現地で感じていました。特にコーラやラムネ、ビール瓶など、陶片が多い場所にあるはずのモノたちが、大きな破片では見つかりませんでした。化粧品やポマード容器は確かあったと思いますが、これも陶片の量の割には少なかったです。たった1回拾っただけですので、確実ではありませんが、やはり川として地表に出ている部分の片側全域が旧海軍兵学校、後には海上自衛隊の敷地であったこと、反対側も1/3以上が学校の敷地ということが多少影響しているのかもしれません。

 さて陶片ですが、江戸時代、18世紀くらいから昭和のものまで満遍なく出てくれましたが、一番目立ったのは昭和のものでしたので、まずそれから取り上げます。
e0060485_628854.jpg
e0060485_6284165.jpg
 統制番号入りの器たちです。上段左から岐43、岐91、岐307、下段左から岐853、岐1016、そして〇にト11です。岐307は湯呑か。岐853は仏飯器、他はすべて飯茶碗です。岐43と91は岐阜県土岐郡笠原町(現在は合併して多治見市笠原町)、307は土岐市土岐津町高山、853は土岐市下石町、1016は土岐市駄知町、そして〇印の中にト11は産地不明です。〇にト印を拾ったのは3回目、しかも〇にト11は2つ目です。このマークはりちょうけんさんの「時のかけら~統制陶器~」で取り上げられています。骨董市ではこの〇にト印、どの程度の頻度で出てくるのでしょう。そしてどこの産地なのでしょうね。広島の場合、時代はもっと前ですが、銅版転写の皿などに、もしかしたら砥部焼がけっこう混じっている可能性があるかもしれないのですが。(これはまだ未確認、私もっと勉強しなくては・・・m(_)m ) 広島の海岸や川の場合、この〇にト印は、波佐見の波よりもたくさん出たことになります。数が少ないので偶然かもしれませんが。りちょうけんさんのブログでけっこう出てくる信や常はまだ一つも拾っていません。

e0060485_891218.jpg
e0060485_8454076.jpg
 こちらは統制番号はありませんが、昭和を代表するデザインです。吹き墨タイプと、緑の縦縞タイプ、そして国民食器です。下段、国民食器の真ん中の小皿は裏に微かに染付の点のようなものがあります。(ちょっと写真では無理かな)統制番号入りだったのかもしれません。上段真ん中の吹き墨の茶碗は統制番号入りで、上の写真にも写っています。吹き墨タイプの器は昭和の量産食器の中で特に美しいのではないかと私は思っています。昭和の陶片の多くはおもしろいので拾っているのですが、この吹き墨だけは、もしかしたら美しいと思って拾っているかもしれません。出てくると嬉しいのです。右端の富士山茶碗には茄子も描かれていますので、「一富士ニ鷹三茄子」の鷹もどこかにいただろうと思います。

e0060485_823387.jpg
e0060485_8232860.jpg
 これらは今回最もおもしろい拾いモノかもしれません。左端はずっしりと重みのある札です。キルって何でしょう。まさかkillなんてことはないですよね。(^^ゞ旧海軍兵学校或いは、戦後の自衛隊学校のものでしょうか?案外、隣の中学校のモノだったりして。着る?更衣室かな。(^◇^)時代不明です。中央上はゴム印です。これ、もしかしたら欠けた部分にイカリのマークがあったのでは???記憶のどこかに引っ掛かっているのですが自信はないです。もしかしたら、ひょっとしたら・・・のレベルです。すみません。確認できたらまた陶片茶房で取り上げます。下は菊の御紋付きの素焼きの杯です。時代は不明。右端はこれもたぶん昭和っぽい手描きの染付小片ですが・・・
e0060485_8354643.jpg
 見てください。旭日旗が描かれてます。ということは軍艦でしょうね。たぶん戦前のモノでしょう。こんなの拾うとちょっと嬉しいです。
[PR]
by touhen03 | 2008-05-02 08:54 | 広島の島