囚われの石蹴り&陶片

e0060485_0301787.jpg
 実は干潟にはもう一つガラス製石蹴りがあります。悔しいことに、これは持って帰ることができません。この岩のようなモノは鉄の精錬カスなのでしょうか?石蹴りはこれにピッタリくっついて取れません。
e0060485_0314721.jpg
 こちらは囚われの陶片です。これも岩に挟まれているのではなく、岩?と一体化しています。これと同じようなモノを宮島でも見ることがあります。なぜ陶片やガラスがくっついているのでしょう。精錬カスだとしたら、どんな状況でこうなるのでしょうか。以前から不思議に思っています。
[PR]
by touhen03 | 2008-07-06 00:35 |