鞆の陶片・その3

e0060485_2253370.jpg
e0060485_22535824.jpg
 上段は保命酒の容器です。左から狸徳利の笠と胴体、右端はヘソ徳利のヘソの部分。中段左端、保命酒にはずいぶん小さな容器がありますけど、それにしてもこれは小さいです。まさか保命酒容器のミニチュア?ヘソ徳利のように、胴の部分がへこませてあります。その隣は陶製の酒樽です。鞆町と文字が入っているのが嬉しかったです。その右隣は、醤油樽に多いタイプですが、これも醤油樽かどうかははっきりわかりません。いちばん右端はたぶん統制番号入りなのでしょう。もう少し番号部分が残っていたらと思います。その隣、右から2つ目は陶製の容器で、これも昭和の代用品っぽい気がします。下段は模様自体がはっきりしないのですが、福という字がなんとか読めます。蛇の目凹型高台ですが、昭和っぽい感じです。
e0060485_2312112.jpg
e0060485_23123198.jpg
 上段はタイルと常滑のマークのある容器。下段は漁の沈子と碍子です。緑色の碍子を一つくらいコレクションしておこうと以前から思っていたのですが、丸ごと出てこられると、重たいし、ついパスしてしまっていました。今回はうまい具合に半分にカットしてありました。雰囲気はこれで十分にわかりますし、これをサンプルとして持ち帰ることにしました。
[PR]
by touhen03 | 2008-07-13 23:18 |