カテゴリ:広島の島( 326 )

江尻川の陶片

e0060485_9555445.jpg

e0060485_9561686.jpg

 江尻川で拾った陶片はこれが全部です。上段左2つは江戸モノの碗で、右2つは型紙摺りの碗と小ぶりの鉢。下段左端は前の記事でアップした統制番号「岐849」入りMASTER壜。中央は銅版転写皿で右端は型紙摺りの湯呑。計7個です。(^^ゞ 上段右の型紙摺り2つは河口の干潟で、MASTER壜は2つ目の橋の下で拾い、残りは最後にたどり着いた、河口近くの橋のそばの陶片溜りで拾いました。

e0060485_6125428.jpg

 それにしても、この銅版転写皿。皿の中のキズは目跡なんてレベルじゃないですね。たぶん、窯で焼いた時、上に置いた器の糸底の痕がそのまま残っちゃったのでしょうかね。よく見ると右下の白い部分も、もしかしたらデザインではなくて、転写紙がずれたためかしら?裏側の高台部分も青いシミが派手についてます。究極の安物皿でしょうね。でも、考えてみたらオカズが乗っている時には隠れてますからね。十分役に立ったでしょうし、普段使いの気軽さで、人一倍(いや皿一倍と言うべきかな)働いて、ご主人様のお役に立って、この川に来たのでしょう。よしよし可愛いヤツめ。
[PR]
by touhen03 | 2015-06-04 22:02 | 広島の島

e0060485_2562460.jpg

 三面張りの川底に陶片は無かったけれど、泥に足を取られることもありませんでした。滑るので、ちょっと汚いですが、ずるずるのコンクリート部分を持ちながら歩きました。

 結果から言うと、この写真のコンクリートの端から下りたら良かったのです。帰りはここから上に上がることができたのですから。でも、そうしていたら、MASTER壜は拾えなかったわけですから、まあ良しとしましょう。

e0060485_2572959.jpg

 ついに川土手から見えた陶片の近くまでたどり着きました。川底は砂です。歩けます。しかし、根性曲りの江尻川(地元の方すみません。独自の価値観で呟いております。m(__)m )のこと、そうそう宝物を渡してなるものかと、周りを柔らかい泥が囲んでいました。写真右上の黒い泥みたいなのがね。ここまで来てダメなのか・・・

 ところが、神様が哀れに思ったのか、それとも、あまりしつこいので早く追い払いたくなったのか、僥倖が。屋根や倉庫の壁なんかに使うトタンの波板、ただし金属でなく樹脂っぽいヤツ、あれの小さな破片が泥の上に乗っていました。片足を乗せてみましたがメリメリいいません。これで陶片は私のものだ~!ああ、ここは砂底の川、憧れの地。濁った水が足の間をさらされと流れていきます。

e0060485_30999.jpg

 拾いました。これがその陶片です。うーん、銅版転写皿の方、良さそうな模様に見えたのですが、拾ってみると印刷のボケた微妙なタイプ。それでも、もう一つは19世紀の江戸モノでしたね。苦労の末の獲物です。

e0060485_305729.jpg

 そして、あははは。遠くから見ると、これが、江戸後期っぽい染付皿に見えたのです。昭和のかなり新しそうな小皿。統制番号も無し。戦後のものかもね。

 でも、満足しました。諦めて帰っていたら、獲り逃がした獲物は大きく偉大になってくるし、精神衛生上悪かったですからね。予定ではこの後、去年の場所に行くつもりでしたが、さすがにそれはできませんでした。ここでたっぷり時間を使っちゃいましたから、夕暮れと潮に追い立てられます。川からあがり、ゴム長靴をしまい、バサバサの髪をとかして、文明人らしい姿に変装?したら、体中が痛いこと。一気に疲れが噴き出てきました。

e0060485_941050.jpg

 向島を出たのは午後7時を過ぎていました。備後造船横の干潟と江尻川。成果はそこそこでしたが、楽しかったです。陶片を溜め込んだ干潟とドブがある限り、人生とは悪いものじゃないです。ヤッホッホー!!
[PR]
by touhen03 | 2015-06-01 22:51 | 広島の島

e0060485_241456.jpg

 次の橋まで行ってみました。江尻川は地図で確認しますと、この先は非常に細い水路となっています。その行き止まりっぽい橋の下に歩けそうな土が見えます。こんな場所には陶片がそこそこあるかも。しかし、ここなら何も5月の今でなくても、潮など関係なく冬に行っても良いわけです。

 陶片の山妄想を抱いてうろつきながら、不完全燃焼。この思いをどう処理したらいいのか。ええい、なんでもいい、拾ってみよう。

e0060485_2421330.jpg

 現場写真を撮っていませんでしたので、持ち帰って洗った後の写真で代用しちゃいます。泥の中に、口の部分だけ出て埋まっていました。泥の柔らかいところにありましたが、幸い手を伸ばしてなんとか抜き取りました。割れていません。中にぎっしり詰まった泥を川の水の中でふるい落としてみますと・・・

e0060485_2431346.jpg

 ほとんど傷のない陶製壜。戦時下の白磁です。美しいです。
 
e0060485_2434834.jpg

 そして、底には、MASTERのエンボスと統制番号「岐849」が入ってました。バニシングクリームの容器だそうで、尚 nao.さんのブログで見た完品が羨ましかったのですが、ついに丸ごと出ました!底にほんの少し欠けはありますが、私の感覚では、これはもう立派な完品です。今までMASTER陶製壜は「岐732」入りと、統制番号無しを拾っていますが、どちらも破片でしたからね。やったー!「岐732」と「岐849」、複数の業者によって作られていたのですね。

けっきょく、この橋の下には他に拾いたい陶片はなく、神様から「まあ、これを持って、そろそろ帰れ」と言われたような気がしました。

でも、帰りませんでした。テンションが下がりっ放しだったのが、これで一気に元気になりましたからね。あの土手から見えた陶片をなんとしても拾いたい。上流からもう一度やってみることにしました。
[PR]
by touhen03 | 2015-05-31 22:35 | 広島の島

e0060485_2301116.jpg

 江尻川は河口に一番近い橋を境に雰囲気が変わります。こちらが橋の上流側で、複数の陶片が見えたのは、橋の下流側、泥の深そうなあたりです。

e0060485_2313521.jpg

 川の両側に階段はあります。この写真は対岸のものですが、私が下りたのも似たような感じです。ガードレールや鎖はよくあることとしても、川底まで下りたとして、橋の向こう側まで行けるかどうか。これは無理かなあ・・・諦めるしかないか。と思いながら、ふと上流を見ると、次の橋のあたりに土の溜まった場所が見えました。陶片がありそうな。
[PR]
by touhen03 | 2015-05-31 21:49 | 広島の島

e0060485_2222854.jpg

 河口の干潟での陶片拾いは諦めましたが、江尻川の川土手から見えた陶片だけはなんとか拾って帰りたい。それなら干潟の護岸沿いに歩いて、川の流れに出られないか・・・

e0060485_227551.jpg

 出られそうなんですけどね。ところがここも、川の流れの近くは泥が柔らかくて進めないんです。ダメです。

 しかし、川の陶片だけなら、上流からという手もありますからね。
[PR]
by touhen03 | 2015-05-31 21:23 | 広島の島

e0060485_150514.jpg

 河口方向を写しています。相当苦労して、川からの小さな流れまでやってきました。ホッとしました。水のある場所は歩けることが多いからです。流れの中で陶片を探し、そのまま川の、陶片のあった場所まで行けるかもしれないと思いました。

 しかし、それは甘かった!ここの流れは底が柔らかかったのです。まわりの干潟と同じで、連続して歩けないのです。

e0060485_261882.jpg

 干潟の向こうは尾道水道。遠くに見えるのは尾道です。今回は先に備後造船横の干潟を歩いていましたので、干潮のピークはもう過ぎていました。そろそろ潮が満ちてくる頃です。この場所は急いで動くことはできません。小さな型紙摺り陶片を2つ拾ったきりでしたが、今歩いてきた場所を正確にたどれるうちに引き返すことにしました。

 ただし、私はまだ諦めたわけではなく、干潟の護岸のそばを歩いて、川の陶片を拾えないかと考えていました。
[PR]
by touhen03 | 2015-05-30 23:58 | 広島の島

e0060485_1131244.jpg

 小さな流れの先に、あきらかに古い、保存状態の良さそうな陶片がごろごろしているというのに、目の前の泥干潟を渡ることができない不運。仕方がないので、川を上がり、遠回りして、写真の向こうに見える家のあたりから干潟へ下りてみることにしました。、

e0060485_1243082.jpg

 この小さな川の河口は、四角に囲まれたかなり広い場所で、まるで大きな川の埋め残しのような形をしています。このブログを書く段になって、この場所の特徴がよく出た写真がないことに気付きました。どうやって歩くかで頭が一杯だったのでしょうね。

 この干潟、川と同じように、入るのは簡単です。堤防には入口が開いていて、良い階段もあります。茶色っぽい土の部分も見え、遠目には歩けそうな気がしました。土の質を見ながら、一歩一歩進みます。ところが、やってみると泥の深い場所があちこちあって連続して歩けないのです。ここはダメだと引き返しては、別の方向から歩いてみるの繰り返しでした。船の縁を持たせてもらったりしながら、小さな流れがある場所を目指しました。干潟で水が流れている場所は底がわりとかたくて歩ける場合も多いからです。陶片も集まっていたりしますしね。
[PR]
by touhen03 | 2015-05-30 22:35 | 広島の島

e0060485_924104.jpg

 階段を下りてみました。陶片をたっぷり抱えていそうな素晴らしい雰囲気の川です。

e0060485_9293861.jpg

 川の底は石がごろごろして、固そうな場所もあるのですが、このあたりには陶片はありませんでした。目的の場所へ行くためには、しっかりした土が続いていてくれないと困ります。

e0060485_824091.jpg

 干潟の土は目で見ただけで、ある程度歩けるかどうかわかります。小石や砂利のある場所、茶色の土なら最高ですが、泥の場合でも、写真の青丸のような場所は歩けます。まわりの黒っぽい部分だと、ゴム長靴がめり込んでしまいます。うっかり両足を取られるとセメントで固められたように動けなくなる恐れがあります。万一足がめり込んでも抜くことができるよう、必ず片足は大丈夫な場所に置いたまま、歩を進めます。

 水の流れている場所は歩ける場合が多いのですが、そこへ行くまでの狭い範囲が黒いふわふわの泥で囲まれていて歩けません。諦めきれずに、念のためそっと片足を置いてみましたが、やはりズブズブめり込みます。ダメです。最初の写真の橋のある辺りまでたどり着くことができません。川岸から見えた陶片を拾ってから、河口の干潟へ行くという方針は諦めました。

 干潟へ直接行って、まずそこで拾ってから、川の陶片のある場所へたどり着くことにしましたが・・・
[PR]
by touhen03 | 2015-05-30 08:23 | 広島の島

e0060485_91838100.jpg

 フェリーの船着き場の川から、最初の目的地、備後造船横の干潟までの間には、江尻川という、河口にかなり広い干潟を持った川があります。

e0060485_9222356.jpg

 川の上から見ても陶片があります。それも、どうやら銅版転写らしい半分欠け皿。まわりにも古そうな大きな破片が見えました。こんなの見ると胸が高まります。これは良さそうな場所です。

e0060485_9254588.jpg

 どんなに良い場所でも、下りることができなければどうしようもありませんが、ここは立派な階段もあります。ただし、階段の周りの泥がやや深そうで、陶片のあった流れのある場所まで渡れるかどうか疑問でしたが、かりにダメでも、少し歩いて河口の干潟側に回れば下りられる場所があるのを知っていましたし、川の上流にも階段はあります。そんなに苦労する場所には見えませんでした・・・
[PR]
by touhen03 | 2015-05-29 05:18 | 広島の島

e0060485_84342.jpg

e0060485_8435494.jpg

 尾道市向島、富浜地区(備後造船横)の小さな干潟から出た陶片、恒例?てんこ盛り!

計39個 内訳は

江戸時代(18世紀~幕末)、江戸時代の可能性があるもの 8、
型紙摺り 10、銅版転写 8、
軍隊用食器 1、統制番号入り 1、
その他の近代モノ食器 4、近代モノ容器 3、
碍子、ローゼット、フック、沈子 4

 特徴としては、江戸中期~昭和までバランスよく出ています。江戸時代もそこそこあり、幕末に近いものが多いですが、18世紀モノもありますので、また拾ってみたら、何が出るか楽しみな気がします。近代モノ食器の中に砥部産の可能性が高いものが4個混じっていました。軍隊用らしい食器が出ていますが、国民食器は出ませんでした。わりと注意して見ていますので、今回は小片もなかったと思います。

 陶片密度は極めて高かったのですが、昭和のもの、戦後のものの割合も高くて、思ったほどは拾えませんでした。ただし、今回は別の場所でも拾う予定でしたので、いつもより雑な探し方となったかもしれません。すごいモノ見逃していたりして・・・(>_<)

それでは次回は、再び向島の別の場所へ移ります。
[PR]
by touhen03 | 2015-05-28 22:43 | 広島の島