e0060485_22323183.jpg
 「鞆の陶片図鑑Ⅱ」を「鞆・埋立予定地の陶片図鑑」としてリニューアルしました。次回の鞆行きからは、拾ったものを随時このブログに入れていきます。国土交通大臣の、鞆の埋立架橋問題についての発言から、干潟に少し未来が見えてきた気がして、私はほんとうに嬉しいです。長年反対運動を続けてこられた地元の方達の努力がついに実るかもしれません。リニューアル後のブログには、「埋立架橋問題と陶片」という項目を作り、陶片から見た鞆の干潟について少しだけ書いています。

 リニューアルは妙に時間がかかりました。写真を撮り直したり、途中から方針を変えたり・・・おまけに、他のブログとリンクし直したり、けっこうあったミスを見つけて慌てて直したり。それでも、このブログはこれから作る「宮島の陶片図鑑」などの雛型になりそうです。新たにアップした部分は極力エッセー的なものは少なくし、陶片の説明も最低限になりました。図鑑ブログは私のコレクション紹介と、私自身の陶片検索という用途に絞ることにしました。これで鞆の陶片だけは、夜中に玄関を出て、離れの部屋にある陶片の箱を探すなんてことをしないですみます。まだ工事中の部分が少し残っていますし、「陶片窟」や「陶片窟の引き出し」とリンクした方がよさそうな部分もあります。細かい手直しはまだ続きそうです。

→「鞆・埋立予定地の陶片図鑑
[PR]
by touhen03 | 2009-02-04 23:28 | 陶片窟&別館ニュース

 私が買い集めたガラクタについて紹介していくつもりだった「陶片狂の玩具箱」は、こちらのブログと合併させることに致しました。

 「陶片窟」や図鑑ブログのように、普通のHP的な使い方をしているブログと違い、常時更新するブログを2つ以上持つのは私には無理らしく、けっきょく片方が休眠状態になってしまいます。また、骨董市の記事などは以前から「陶片茶房」に書いており、どちらのブログの記事にするべきなのか線引きが曖昧なものもありました。「陶片茶房」はもともと、陶片に限らず、ビーチコーミング、骨董市、街角ウォッチング、本など、私の興味の範囲でなんでも書き込む「陶片窟」のティーサロンですから、「陶片狂の玩具箱」的な内容の記事も、これからはすべて、こちらに書くことに致しました。なお、これまでの「陶片狂の玩具箱」は閉鎖せず、そのまま置いておくつもりです。

 また、ほとんど機能していなかった「陶片茶房」のカテゴリを整理しなおし、新たにタグもつけてみましたので、これまでよりも幾らか見やすくなったのではと思っております。
[PR]
by touhen03 | 2008-01-14 01:42 | 陶片窟&別館ニュース

新ブログのご紹介

八幡川シリーズの途中ですが、新ブログ「陶片窟の基礎講座」を先ほど公開いたしました。

これから陶片を拾ってみようかなと思っている方のためのブログです。最初の陶片との出会いを良いものにし、陶片好き人口を増やそうと思います。基礎講座だなんて、なんだか偉そうで、別の題をいろいろ考えたのですが、ブログの目的が判りやすい点を優先しました。(^^ゞ
[PR]
by touhen03 | 2007-10-17 23:37 | 陶片窟&別館ニュース

e0060485_041643.gif


 「陶片窟のリンク集」が完成しました。ブログ版陶片窟の表紙の部分も作り直し、タグも付けています。新着ニュースのコーナーを作りましたので、陶片窟全体の更新状態がわかります。

 別館ブログには新しい陶片窟のバナーを貼っていきます。旧陶片窟に繋がっていた陶片茶房のバナーも、新しい陶片窟に繋ぎ変えました。こんなこと、もちろん私だけでできるわけもなく、「海辺の散歩」のYAMADAさんに助けてもらいました。感謝!

e0060485_124309.jpg

 最近、家のパソコンや、周辺機器が一斉に壊れて参っています。以前からパソコンの調子が悪く、音が出ず、少し前に買ったデジカメ写真の取り込みもできず、細かい不具合が山ほど出ていたのですが、今度はノートパソコンが突然使用中にプツンと切れ、うんともすんとも動かなくなりました。ただ今修理に出しています。写真の取り込みはこれに頼っていたので現在、新しい写真が使えません。写真のストックはたくさんありますので、陶片茶房用には当分これを使うことになりそうです。

e0060485_232935.jpg

 そのうえ、今では母がワープロ代わりに使っていたWindowsMeも、ちょうど一緒に立ち上がらなくなりました。これはまあ寿命でしょうけど、メインのパソコンが何故か一部のフラッシュメモリを読み取れないため、今のノートが故障した以上、読み取れないフラッシュメモリに入れている写真はこれで読み取り、メインのパソコンで使える別のフラッシュメモリに移し変える必要があったので慌てました。幸い、強制終了を2回くらいやると、3回目くらいに、なんだか恐ろしげな調整画面が出て来て、そこから立ち上げる方法を偶然見つけて、やっと陶片窟公開にこぎつけたわけです。
 そしてプリンタまで紙詰まりして、動かなくなりました。すぐに取れるだろうと思ったら、深い所に巻き込んだのか、これもどうにもならない。紙詰まりで修理に出すことになろうとは・・・(ーー;)

e0060485_2322724.jpg

 買った量販電機店の5年間保障ってのに入っているんですけどね。買うときに幾らか余分に払っておけば、5年間は故障しても修理がタダだっていうもんで。でもパソコンの故障はタダにはならなくて半額いるんです。そのうえプリンタだって、機械の中の異物混入は有料ですって。今見積もりをしてもらってますけど、場合によっては買ったほうがいいくらいかも。紙詰まりで起きたプリンタの故障が有料なら、どんな場合に無料になるのかしら。これまでウォークマンとか、いろんなものを修理にだしましたけど、まだ一度もタダだったことはありません。ブツブツ・・・

 家族は拾ってきた陶片が故郷の海に帰りたがっているのだと笑うのですが、そんなこと・・・みんな私の陶片部屋を気に入って仲良く暮らしていますもん。
[PR]
by touhen03 | 2007-08-05 02:39 | 陶片窟&別館ニュース

 できたばかりの陶片窟ですが、さっそく手直しが必要になりました。写真を2つ並べたのはまずかったようで、どうやら写真と記事がダブって見える場合もあるらしいのです。今日全部は無理ですが、少しずつ直していこうと思います。表紙のひどくマヌケな作りにやっと気付きましたので、これも作り直しです。(>_<)

 途中のままの記事の工事と、リンク集と、これから初めて陶片と出会う方のためのページ作り、それに今回の陶片窟で、とてもお世話になった資料など紹介する、本棚など、まだとうぶんトンテンカンテン工事が続きます。

 新しい陶片窟は、扱いが簡単なために、ブログを使っていますが、日記形式にせず、これから何度も中の内容を作り変えることになります。それでメイン・ブログだけはコメント機能をあえてつけませんでした。せっかくの情報源、もったいないと悩んだのですが、自分の書いたものはどんどん消せますが、せっかく書いてくださったものを後で、私の都合で消そうとすると、そういう場合は構わないだろうとは思いながら、少し心が痛みます。それに私にとってもわざわざ来て書き込んでくださったものには愛着もありますので消したくなくなります。陶片窟のメイン・ブログは私自身のノートか、黒板のように、何度でも、好きなだけ記事を消したり、付け加えたり、書き直したりできるものでありたいと思っています。

 しかし、陶片窟オープンの時、うっかりコメント機能を消すのを忘れていて、さっそく書き込んでくださったエマさんのコメントを今回だけ消させてもらうことになってしまいました。エマさん、ほんとうにごめんなさいね。さっそくのコメント、陶片狂はほんとうに嬉しかったのです。ありがとうございます。

 コメント機能は陶片窟の引き出しなど、他の別館ブログではそのままですので、よろしかったら、ぜひ書き込んでくださいませ。お待ちしています。「陶片窟の引き出し」などは、メイン・ブログとは違い、ブログの特徴を活かした日記形式で、少しずつ記事を増やしていくつもりです。ただ、将来、記事が増えて、別館どうしで記事の移転などをすることがあるかもしれません。

 また、旧陶片窟に付属していたブログ「宮島の陶片図鑑」は模様替えのため、「広島の海岸と川の陶片図鑑」は「鞆の陶片について考える」を独立したブログとするため、記事を少しずつ、「陶片窟の引き出し」へ移動させていくつもりです。「海岸と川の陶片の文様図鑑」については、ただ今思案中です。これも将来、形を変えていくことになると思います。

これからも陶片窟をよろしくお願いします。
[PR]
by touhen03 | 2007-07-24 22:04 | 陶片窟&別館ニュース

新しい陶片窟オープン!

e0060485_2353853.jpg


陶片窟できました!

予定より3ヶ月遅れの難産で、そのうえ未熟児でした~(>_<)
 こんなに時間かかったくせに、けっきょく工事中のところがいっぱい残ってしまいました。でも、もうお腹の中に入れとくのがしんどくなったし、産んじゃおう。なんとか予告どおり、22日中にオープンできた。予告なんかしちゃったので、シンデレラの気分でした。でも、そうでもしないと、まだ持ってたかも・・・ま、なんだっていいや、出してすっきり、陶片窟!(オゲレツな作者だな)

同時にスタートするはずの基礎講座はもう少しかかります。(そもそも陶片窟そのものが、基礎の部類なんだけどね)

それから、それから、相互リンクのお約束した方、
リンク集が間に合いませんでした。
もう少し待ってくださいね。
[PR]
by touhen03 | 2007-07-22 23:55 | 陶片窟&別館ニュース

・・・

e0060485_22265293.jpg
                どすこい!

              22日オープン!
[PR]
by touhen03 | 2007-07-20 22:31 | 陶片窟&別館ニュース

陶片窟

e0060485_2202567.jpg


 ・・・と、いうわけです。
[PR]
by touhen03 | 2007-06-30 22:04 | 陶片窟&別館ニュース

新しい陶片窟の経過報告

e0060485_21272342.jpg
 昔の陶片ノート。今では写真で記録してます。

 陶片窟の完全ブログ化を目指し、新・陶片窟を掘りはじめてからもう3ヶ月以上たちました。最初は元のホームページをそのまま移し変えるくらいの気だったのですが、始めてみるとそうもいかず、もう一度初めから作り直すようなものでした。やれやれです。陶片はできれば復元した状態も出したいのですが、江戸時代のものなど、骨董市で買えばン万円。とても無理。かといって雑誌や本の写真を載せるわけにもいかず、これは私のヘタクソなイラストで代用するしかない。まあ、陶片を拾い始めた頃から、ごく最近まで、拾ったものはイラストに描いて記録していましたけど、復元図となると、なんとも・・・陶磁器の美しさはもちろん台無し。まだ陶片の方が描きやすいですね。さーて、総イラスト付きでの新・陶片窟ができるのを待っていたら、とても時間が足らない。一部イラスト付きでのスタートになりそうです。トンテンカンテン掘って、洞窟全体の姿が見えてきました。もうちょっと・・・です。
[PR]
by touhen03 | 2007-06-23 22:05 | 陶片窟&別館ニュース

e0060485_095484.jpg
 「陶片窟」に転送できないままの鞆のページを、「広島の海岸と川の陶片図鑑」に、一時的にアップしました。これはブログ版「陶片窟」のテスト版も兼ねています。

 将来のブログ版「陶片窟」は複数のブログを繋いで一つの世界を作っていきます。本来ブログは日記形式で、新しい記事が上に来ますので、ある程度まとまった長さのものを何回にも分けてアップする場合、読み手は下から読まなくてはなりません。これは人間の読書習慣に反していてイライラします。そのため、少なくともメインブログとなる「陶片窟」は日記的な更新機能を封印してしまいます。初めから全体の骨格を作り、読み手は上から下へ読めるように作ります。もし、この部分に大きな変更が必要になれば、最初から記事を削除して作り直す必要が出てくるでしょうが、その時はそうしようと思います。

 そのかわり、メインブログは軽量化します。現在の「陶片窟」のうち、「基礎講座」や「重箱の隅」などは独立したブログにしてメインブログに繋ぐ形にします。海岸陶片のおもしろさとは、宝さがしの楽しさと、そこから生まれる無限の幻想、妄想だと思っています。メインブログの中心もそこから離れたくはないです。しかし、一方で、幻想は無からは生まれてこず、拾って増え続ける陶片を分類し、それを私の中で整理する必要があって、今回の鞆のページと「鞆の陶片図鑑」のように、少なくとも宮島、似島は独立したページと図鑑を持ちたいです。これらのページをメインブログに入れるか、独立させるか、今ちょっと迷っています。

 また、メインブログの一番上の記事は、普通のホームページのトップページとしての機能を持たせ、ここに目次を作ります。もともとブログにはカテゴリーが設定でき、ここが目次なのですが、私はブログのこの部分に不満を持っています。既に「陶片窟」と陶片に関心を持ってくださっている方なら、この小さいカテゴリーをわざわざ読んで目次としての利用をしてくださるかもしれませんけど、なんとなく立ち寄った方、陶片の予備知識のない人を引き止めるインパクトがこのカテゴリーには希薄な気がします。本屋さんで、なんとなく手に取った本の目次にざっと目を通して、買ってしまう。目次とは本来そんな機能も持つものだと思うのです。そのかわり、カテゴリー分類では、別の角度から記事を集めて読むことができるように工夫できたらと思います。私はまだやったことがないのですが、タグなんてものもつけることができるらしいので、トップページの目次とカテゴリー分類とタグを使い分けることができたら面白そうです。

一方、メインブログに繋ぐ、ブログは図鑑的なものと、記事的なものに分かれます。図鑑は、「鞆の陶片図鑑Ⅰ、Ⅱ」のようなタイプで、少なくとも宮島、似島は独立した図鑑を持たせたいですし、他の海岸、川も共同の図鑑を作りたい。将来は有田の川など県外で拾ったものや頂き物の一部も地域別、海岸別に分けて図鑑にできたらいい。図鑑だけは容量が無料の範囲を超えそうですので、むやみに数を増やせばいいものでもなさそうですけど・・・しかし、図鑑に私の全コレクションを公開し、「陶片窟」=私自身の陶片整理とすることで、悩みの種の時間の節約になりそうです。公開することで、私の気付かなかったことを教えてもらえるかもしれないし。(^^ゞ

ま、とても一度にはできないので、メインブログ「陶片窟」の骨組みが完成した段階で、新生陶片窟をスタートさせようと思います。完成予定は4月。(一応ですが)宮島の図鑑などは、たぶん今年いっぱいかかりそうですので、それまでは元の「ホームページ陶片窟」の記事にリンクさせたりしてやっていこうと思っています。

いや~、妄想系人間なので、ちょっと手がつけられないですが、夢いっぱいの陶片狂です。ただ、好きなことができて、私が思った以上に体力がないことを発見しました。それまで無理など決してせず、のんびり暮らしてたので自分が丈夫ではないことを知りませんでした。やや闘争心に欠ける性質のため、好きで好きでたまらない世界でもなければ、疲れて風邪をひいたりするほどはやらないんですね。
[PR]
by touhen03 | 2007-03-15 00:13 | 陶片窟&別館ニュース