鞆の陶片(8月20日)

炎天下の海岸を歩いた後、数日疲れが取れず、仕事にも影響がありそうでしたので、しばらく浜歩きを止めていましたが、久しぶりに鞆へ行きました。焼け付くような陽射しはTシャツの上からでも、体にダメージを与えるらしく、疲れを蓄積させますので、今回は正味海岸で拾ったのは2時間半くらいです。
e0060485_10433143.jpg
内訳は江戸陶片10(17世紀小皿1 くらわんか皿・碗・容器5 江戸後期皿1 広東碗1 幕末線描きタイプ蓋1 瀬戸・美濃系碗1) 近代初期モノ3(染色体模様1 近代釉剥ぎ碗1 菊花型押し小皿1) 狸徳利6 醤油樽3 灯明具1(たぶん近代か) 型紙摺りタイプ12(皿6 碗4 蓋1 湯呑1) 銅版転写14(ウイロー・パターン1 洋皿小片1 目跡付皿1 蛇の目高台皿2 赤絵皿1 その他皿5 碗1 徳利2) 銅版かゴム印か不明の皿1 ゴム印4(五弁花付き容器1 盃1 皿2)画材パレット(梅皿)1おろし金2(統制番号入り1 茶色タイプ1) 統制番号入り小片1 緑縦縞タイプ3 味噌・醤油屋さんの皿1 保命酒容器???2(近代青磁、るり釉、どちらも小片、念のため持ち帰る)その他近代もの(墨弾き1 手描き蛇の目高台1) 計66個

丁寧に拾う気なら、狸徳利など保命酒壜はもっと持ち帰れたはずですが、今回はどこか体力が無く、粘りに欠けました。重たいものを拾いたがらない心理は微妙に影響したようです。それでも今回で鞆の海岸は4回目。代表的な海岸陶片がほとんど出揃いました。江戸時代では、くらわんか、陶胎染付、広東碗、幕末線描きタイプ、幕末瀬戸・美濃系、幕末~明治モノ、近代モノでは、志田窯製の富士山と帆掛け舟の皿(かつて江波皿と呼ばれていたタイプ)、染色体模様、染付型押し四方小皿、染付印刻小皿、菊花小皿、明治の手描きタイプ、たくさんの印判食器、釉剥ぎのある近代モノ、目跡のある銅版転写、蛇の目釉剥ぎのある銅版転写、ウイロー・パターン、昭和の盃、緑二重線、緑縦縞、統制番号入り、用途別では、食器の他、段重、水滴、壜、灯明具、おろし金、画材、便器、陶製人形、沈子など、あっという間に出てきました。後、紅皿と防衛食容器、陶製化粧品容器など、戦時中の代用品容器が出ていないくらいかしら。18世紀半ば以降の陶片のデパートですね、ここは。そのうえ、ごく僅かですが、広島では宮島くらいしか出ていない17世紀の青磁や染付、唐津の類いも出ています。今後、これらの18世紀半ば以前のモノ、つまり磁器食器普及以前のモノがどの程度出てくるかも気になるところです。それにしても、鞆の陶片の保存状態は決して良くありません。なぜなのでしょう。似島の陶片の保存状態が異常に良い理由とともに不思議です。
e0060485_12405556.jpg
e0060485_12412510.jpg
今回の拾い物の中から、蝶々の皿2つを紹介します。右側は江戸後期、左は近代の銅版転写皿です。蝶は江戸時代の器にも、繰り返し描かれていますけど、その描き方が今と違うんです。羽の描き方を見てください。江戸時代のものは、上の羽が水平か、時には下に下がっているものがけっこう多いです。全部がそうとは限りませんけど。明治以降も、このタイプの描き方は続きますが、次第に羽を上向きに描くようになるようです。江戸時代~明治の陶磁器を見て思うのですが、当時の人は蝶と蛾を感覚的にどの程度区別していたのでしょうね。
[PR]
by touhen03 | 2006-08-27 13:06 |

広島のお盆

e0060485_20411826.jpg
お盆には私の住む広島周辺ではお墓に美しいとうろうを立てます。りっぷるりんぐ絵にっきで、この盆どうろうを取り上げておられましたが、こちらでも写真を撮ってみました。写真のとうろうは通常のもので、初盆は白地に金紙を使った清楚なものです。浄土真宗安芸門徒だけの風習だと知ったのは大人になってからでした。子供の頃、お盆には日本中に色紙の洪水のような盆とうろうが咲き乱れるのだと思っていました。
e0060485_2049403.jpg
年に一度、こんなふうにお墓がお花畑のようになります。昔、母はとうろう屋さんから寸法をそろえてある竹と色紙を買ってきて、自分で作っていました。手馴れた様子で竹の骨組みを作り、三角形にカットされた色紙を貼っていくのですが、中にろうそくを立てられるよう、色紙は一箇所だけ、下の部分を貼らずにおきます。当時でも火を灯したりは、あまりしなかったように思いますが、形だけは今でもそのまま残っています。最近広島市内のお寺では、とうろうの持ち込みを認めないところが増えてきましたが、街中のお寺の狭い墓地に、この盆とうろうが隙間無く立っている様子は思わず目を奪われるほどの美しさでした。盆とうろうは、せっかく立てても、その晩に雨でも降ればあっという間に台無しになってしまいます。紙の色が落ち、竹の骨が折れた姿は、ちょっと凄惨な感じがします。帰ってきたご先祖様たちが、盆とうろうの美しさだけを持ち帰っているのかもしれません。

この写真、ぎらぎらと太陽が照りつける中で撮りました。そのせいか、光が反射したような部分があります。よくあることですが、場所が場所だけに、ちょっとお墓特有の生物みたいに見えますねえ。ほら、あれです。ひ・と・だ・ま♪ (●^o^●)
e0060485_2244566.jpg
ところで、ここ太陽霊園は、すぐそばに新幹線のトンネルがあります。すごいでしょ。でもないかな?トンネルから出た瞬間の新幹線を、どアップで見ることができます。
[PR]
by touhen03 | 2006-08-13 22:28 | その他

保命酒壜の化石?

e0060485_538459.jpg
コンクリートに小石や貝殻、陶片が混じっていることはよくありますが、鞆では保命酒の狸徳利も混じっていました。茶色のカケラです。こんなの見つけると楽しいです。思わず写真を撮っていました。
[PR]
by touhen03 | 2006-08-09 05:43 |

e0060485_725583.jpg
これは鞆の雁木の下で見つけた、泥だらけのコーラの壜の化石です。しかもこれ、初めての海岸で陶片を探す時の、貴重な示準化石?なんです。最近の飲み物はドリンク剤以外、たいていペットボトルか缶、紙パックで売られています。ガラス壜のコーラが丸ごと見つかるのは、その海岸の土が、少なくとも30年以上、そのままに近い状態で保存されているからです。つまりそこは昭和40年代の地層(*^_^*)が露出しているというわけなんです。

そんな場所からは、少なくとも昭和初期や、戦時中の陶片は見つかりますし、かなり高い確立で型紙摺りや銅版転写の食器も拾えます。江戸陶片の出る確率も当然他より高いです。最近、陶片好きの人達によって、少しずつ各地の陶片海岸が発掘?され始めていますが、それでも日本中の無数の海岸に古い陶片は眠り続けています。そして貴重な宝を内包したまま、多くの海岸が埋め立てられています。陶片も面白いと思ってくださった人、特に、これから陶片と出会う方に、効率よく古い陶片を探してもらうためには一目で判るような目印があった方がいい。陶片のための示準化石という考え方は、ここから生まれました。(なーんて大袈裟な・・・) ちなみに陶片のための示準化石には、コーラの他、ファンタなどの懐かしいジュース類の壜の他、ラムネの壜、化粧品容器、牛乳瓶などのガラス容器もありますが、これらは時代の幅がやや広いので注意が必要です。ラムネの壜なら口の部分にプラスチックがないかチェックが必要です。牛乳瓶は、電話番号の表記の仕方や壜に印刷されたラベルで確認しますが、それで解らない場合は、これらの容器がたくさんあるかどうかで判断します。時代の幅の広いガラス容器は、集中して見つかることで、陶片のための示準化石となります。うんうん、なんだかアカデミックに書いちゃったなあ。

陶片自体の中にも、一目でそれとわかり、他の陶片を探す上で目印になるものがあります。たとえば明治の型紙摺りの大きな破片があるようなら、少なくとも戦前の面白い陶片が見つかる可能性が高い場所で、江戸陶片だってあるかもしれないというわけです。これらを示準陶片と呼んじゃいましょう。良い示準陶片となりそうなものはいろいろありそうです。これらはまとめて、休みの日に陶片窟で取り上げてみたいと思います。次の休みの日にできるかなあ~?微妙なところです。

最近、ブログの更新をする気になれず、陶片部屋にこもったり、本を読んだりして過ごしていました。私は時々こんなことがありそうです。m(__)m でも、そろそろまた始めるつもりです。
[PR]
by touhen03 | 2006-08-01 09:01 | その他