8月13日、鞆の陶片

e0060485_6503867.jpg
 鞆の陶片を洗い終わりました。ぜんぶで88個。やはり真夏は粘りがきかず、そのせいか収穫量も少なめです。あまりたいしたものはありませんでしたが、鞆では初めて紅皿がでた他、時代のわからない土器片、すり鉢は見込み部分の櫛目が粗く、周りにはびっしり櫛目を入れたタイプがまた出てきました。この破片には残っていませんが、見込み部分にも、ほんの申し訳程度の櫛目が入っていたのではないかと思います。
e0060485_7282456.jpg
 この形のすり鉢は宮島でも時々出てきます。この写真は質感の似たすり鉢を一緒に撮ったものですが、その右下の大きな写真が今回のすり鉢と似たタイプです。見込みの部分に少しだけ櫛目が入っているのが見えますでしょうか。

e0060485_6584252.jpg
e0060485_6585787.jpg
 17~18世紀の肥前系陶器も保存状態は悪いながらも、確実に出てきます。拾った中で数として一番多いのは、おもに明治時代に量産された型紙摺りタイプの皿や飯茶碗の類い。その次が江戸時代の染付の小片20個程度でした。今回、四角の小さな絵の具容器や、陶製おろし金も、比較的大きな破片で3つ拾いました。雁木下の干潟からは陸軍の星のマーク付食器や、時代はわかりませんが火立て(神仏具のロウソク立て)も見つかりました。
e0060485_7273852.jpg
 ガラス製石蹴り、ビー玉、おはじき、これらも相変わらず鞆の干潟の常連です。 

今回の陶片の一部を携帯で撮りました。小さな写真ですが、ココログのマイフォトに載せてみました。

デジカメの取り込みができないのは、ほんとうに不便です。
[PR]
by touhen03 | 2007-08-20 07:51 |

e0060485_22401468.jpg

 久しぶりに鞆へ行ってきました。心の中ではずーっと気になっていたのですが、陶片窟作りや、家の用事などで、なんと2ヶ月半ぶりです。(現在、デジカメ写真の取り込みができませんので、写真は以前のものです)

 暑いのなんのって、干潟に出たとたん、もわーっと熱が昇ってきた。もちろん空からは太陽がジリジリ照り付けて、フライパンの上にいるみたいでした。水のペットボトルを2つ買い、一つは飲むために持ち、もう一つはタオルにかけて、その濡れタオルを首に巻いて歩きました。しずくが垂れるほどのタオルが乾くのはあっという間です。干潟に沿って家が建っていて、ところどころに空き地があり、そこから自動販売機だらけの道路に出ることができるので、陶片を探して移動しながら、そのつど水分補給できるのだけは助かります。宮島でも干潟が広すぎて、こうはいきませんから、真夏は鞆に限ると思いました。

 体力の消耗が激しくて、どうしても集中力に欠け、根気が続くだろうかと思いましたが、それでも江戸陶片を幾つか見つけた頃にはしだいに夢中になり、3時間近くは拾い続けました。目の覚めるようなものは出ませんでしたが、それでも江戸の染付陶片だけで20個くらい、全体ではコロ付きバックがなければ重過ぎて持ち帰れないほどの量拾いました。埋立予定地の干潟が中心ですが、雁木下からも今回は陸軍の星のマーク入りの軍用食器の破片が出ました。

e0060485_2354647.jpg
e0060485_2384319.jpg

 その中でうれしかったのがこれ、紅皿です。携帯写真なので、小さくて見えにくいです。宮島では幾つも出ていて、鞆からも当然出てくるだろうと思ったのに、なかなか出ず不思議でしたが、1年2ヶ月目にして、やっと見つけました。皿も浅いですし、19世紀のものだろうと思います。
[PR]
by touhen03 | 2007-08-14 23:27 |

e0060485_041643.gif


 「陶片窟のリンク集」が完成しました。ブログ版陶片窟の表紙の部分も作り直し、タグも付けています。新着ニュースのコーナーを作りましたので、陶片窟全体の更新状態がわかります。

 別館ブログには新しい陶片窟のバナーを貼っていきます。旧陶片窟に繋がっていた陶片茶房のバナーも、新しい陶片窟に繋ぎ変えました。こんなこと、もちろん私だけでできるわけもなく、「海辺の散歩」のYAMADAさんに助けてもらいました。感謝!

e0060485_124309.jpg

 最近、家のパソコンや、周辺機器が一斉に壊れて参っています。以前からパソコンの調子が悪く、音が出ず、少し前に買ったデジカメ写真の取り込みもできず、細かい不具合が山ほど出ていたのですが、今度はノートパソコンが突然使用中にプツンと切れ、うんともすんとも動かなくなりました。ただ今修理に出しています。写真の取り込みはこれに頼っていたので現在、新しい写真が使えません。写真のストックはたくさんありますので、陶片茶房用には当分これを使うことになりそうです。

e0060485_232935.jpg

 そのうえ、今では母がワープロ代わりに使っていたWindowsMeも、ちょうど一緒に立ち上がらなくなりました。これはまあ寿命でしょうけど、メインのパソコンが何故か一部のフラッシュメモリを読み取れないため、今のノートが故障した以上、読み取れないフラッシュメモリに入れている写真はこれで読み取り、メインのパソコンで使える別のフラッシュメモリに移し変える必要があったので慌てました。幸い、強制終了を2回くらいやると、3回目くらいに、なんだか恐ろしげな調整画面が出て来て、そこから立ち上げる方法を偶然見つけて、やっと陶片窟公開にこぎつけたわけです。
 そしてプリンタまで紙詰まりして、動かなくなりました。すぐに取れるだろうと思ったら、深い所に巻き込んだのか、これもどうにもならない。紙詰まりで修理に出すことになろうとは・・・(ーー;)

e0060485_2322724.jpg

 買った量販電機店の5年間保障ってのに入っているんですけどね。買うときに幾らか余分に払っておけば、5年間は故障しても修理がタダだっていうもんで。でもパソコンの故障はタダにはならなくて半額いるんです。そのうえプリンタだって、機械の中の異物混入は有料ですって。今見積もりをしてもらってますけど、場合によっては買ったほうがいいくらいかも。紙詰まりで起きたプリンタの故障が有料なら、どんな場合に無料になるのかしら。これまでウォークマンとか、いろんなものを修理にだしましたけど、まだ一度もタダだったことはありません。ブツブツ・・・

 家族は拾ってきた陶片が故郷の海に帰りたがっているのだと笑うのですが、そんなこと・・・みんな私の陶片部屋を気に入って仲良く暮らしていますもん。
[PR]
by touhen03 | 2007-08-05 02:39 | 陶片窟&別館ニュース