9月24日の鞆

 24日、福山市の鞆へ行ってきました。鞆の干潟には江戸時代、木造船をフナクイムシの被害から守るための焚場遺構があります。新聞やテレビでも時々取り上げられていますが、その一部と、今私が拾っている陶片の多い東側が架橋工事に伴う埋立予定地になっています。いつまであるかわからない場所なので、最近の陶片拾いは鞆が中心になっています。

e0060485_1374261.jpg
e0060485_1394984.jpg

 私はここに住んでいるわけではなく、せいぜい月に1度通ってくるよそ者に過ぎません。そんな遠慮がどうしてもあります。しかし胸の痛い思いで拾っています。陶片の一つ一つは、特に珍しいものではないかもしれません。しかし、この大量の陶片を大きな塊として捉えるなら、鞆の人達の生活の記録そのものです。この薄汚れた干潟は歴史民俗資料館なのです。ここには中世の貿易陶磁や17世紀の青磁大皿も出てきます。鞆の栄華の破片です。江戸時代の庶民の暮らしもあります。鞆の明治維新が眠っています。戦前の陶製人形の破片と一緒に、赤い端切れで縫われた小さな布団や抱きしめていたに違いないおかっぱ頭の女の子の姿が現れます。太平洋戦争にも出会います。陶片だけでなく、昔のガラス製品も出てきますが、ガラス製石蹴りやビー玉、おはじきと一緒に、昭和30年代の路地裏の子ども達も、ふと現れて消えていきます。汚く見えるこの干潟には長い時間が眠っています。この泥の世界の中では、現代は一瞬で、こんな場所を拾い歩いていると、この世は今生きている人だけのものではないのだと思えてきます。様々な記憶の詰まったこの干潟はこれからどうなるのでしょう。私の拾った陶片が、どうかこの場所の形見とならないよう願わずにはいられません。

e0060485_1422256.jpg
 今回の拾いものです。17世紀の青磁大皿らしい破片があります。18世紀~幕末頃の江戸陶片はいつものように幾つも出てきました。ままごとのお皿もあります。今回、鞆では初めて防衛食容器の蓋も出ました。戦時中の陶製の缶詰容器で、金属の代用品です。ほとんど完品に近いタイルはいつもの場所よりも幾らか焚場遺構に近いあたりで拾いました。同じようなデザインの破片が回りに幾つかあり、堆積物にしてはちょっと不自然な感じもしました。もしかしたら比較的最近、どこかの古いお家から出たものかもしれません。銅版転写の美しいタイルで、便所の壁などに使われていたのでしょう。
[PR]
by touhen03 | 2007-09-29 02:08 |

 この日は広島市内の天満川で陶片を拾いました。ここは天満橋~広瀬橋間、路面電車の小網町電停からすぐそば、市内中心部からもそう遠くない場所です。
e0060485_02839.jpg
e0060485_023039.jpg
 陶片があるのはそう広い範囲ではありませんが、それでも行けばそこそこ拾えます。
e0060485_05073.jpg
こんな石の階段もまだ残っています。
e0060485_054173.jpg
 ここの陶片は泥まみれです。こんなふうに半分埋まっていたりします。
e0060485_065617.jpg
e0060485_072536.jpg
 今回の収穫です。ここは毎回江戸陶片が出てきます。すり鉢の上の湯呑は洗って泥を落とすまでは、明治の手描きか、それとも幕末か判りませんでしたが、帰ってお風呂に入ると幕末モノと判りました。
e0060485_0122914.jpg
 古いすり鉢です。備前かな。
[PR]
by touhen03 | 2007-09-23 00:21 | 広島市内の川

陶枕のパーツ

 9月10日、宮島へ行ってきました。今回は用事があって行ったのですが、帰りに少し干潟を歩いてみました。
e0060485_22225256.jpg
 最近は陶片が減ってきて、久しぶりだというのにたいしたものはありません。仕方なくポイント以外の場所まで足を伸ばしました。遠くに朱の大鳥居が見えます。
e0060485_22264637.jpg
 アサリの稚貝の養殖場です。エイの被害を防ぐために杭をたくさん打っています。こうしておくとエイが入ってこられないんだそうです。
e0060485_22301841.jpg
 厳島神社の周りから、ずっと繋がって広がる大干潟の一番端です。この辺りでは観光客の姿など見たことがありません。
e0060485_22342076.jpg
e0060485_22344129.jpg
 あまり期待はしないで歩いていましたが、足を伸ばしてみるものですね。なんとポンっとこれが転がっていました。生地の白いタイプの肥前系の陶器皿。18世紀前半くらい?縁と高台の両方が残った、わりと保存状態が良いものです。
e0060485_22472362.jpg
e0060485_22492953.jpg
 それと、これ!私も拾いました。最近幾つものブログで話題になっていた陶枕のパーツです。現在売られているものによく似ていますので、あまり古いものではなさそうですが、それでもちょっとうれしいです。
[PR]
by touhen03 | 2007-09-17 22:51 | 宮島

鞆の波打ち際

e0060485_22355980.jpg
 以前から一度うまく撮りたいと思っていたものがありました。私の拾い歩く海岸の波打ち際や、川の橋桁のそばなど、私にとっては馴染み深い場所の水の汚さです。不思議なことに、写真に撮るとたいてい実際より澄んだ感じに見えるのです。それが今回、すごーくうまく写りました。これは鞆の雁木下です。古い陶片のある目印でもあるコカ・コーラの瓶が、ここが陶片海岸であることを知らせています。
e0060485_22474138.jpg
e0060485_2246248.jpg
 ごく狭い場所ですから、焚場のある埋立予定地ほどたくさんは拾えませんが、それでも行けば必ず魅力のある陶片に出会います。上段は左から陸軍の星のマーク付、銅版転写皿2つです。右端のは菱形の皿で、多色刷りで凝っているのにどこか垢抜けのしないこのタイプは、時々出てきます。ある時期かなり流行したデザインだろうと思っています。下段は左から昭和の緑縦縞タイプと、神仏具の火立て、そして右端は幕末頃の小皿。たぶん海浜模様ではないかと思います。
[PR]
by touhen03 | 2007-09-11 23:21 |

真夏の鞆

先月のお盆頃のネタを今さら・・・ですが、ノートパソコンの修理も終わり、デジカメの取り込みも再びできるようになりましたので、ぼちぼち再開いたします。
e0060485_7194284.jpg
 毎回行く度に撮る、鞆の埋立予定地の干潟。狭い場所なので風景のネタが尽きそうなものですが、意外とそうでもなくて、ちょっとした角度や、その日の天気、潮などによってずいぶん違って見えます。
e0060485_7225422.jpg
 8月13日の収穫です。久しぶりの割には、目の覚めるような陶片はありませんでしたが、それでも常連の江戸染付の小片幾つもと、古いすり鉢を拾いましたし、昭和の陶製おろし金や、絵の具の容器も出てきました。
e0060485_7273166.jpg
 既に同じ部分を持っているので、拾っては帰りませんでしたが、染付便器もありました。やはり持って帰るべきだったかなあ・・・


「陶片窟ーブログ版」の方も、少しずつ工事しております。新着ニュース、更新履歴にも書いております。
[PR]
by touhen03 | 2007-09-10 07:30 |