これは何でしょう

e0060485_23554619.jpg
 細長い葉っぱを茂らせたこれ、何だかお判りでしょうか。実は彼岸花です。通勤の途中や買い物の帰りに、ひと群れの彼岸花を、花が終わった後も見つめ続けました。すると、今まで赤い花以外見たことがなかった彼岸花が、目の前で豊かな青い草むらへと変身しました。

撮り続けた写真でブログを作りました。良かったら見ていってください。
[PR]
by touhen03 | 2008-11-17 00:10 | その他

e0060485_016949.jpg
e0060485_016369.jpg
 通勤途中の鄙びた雑貨屋さん。
[PR]
by touhen03 | 2008-11-12 00:18 | その他

e0060485_20554372.jpg
e0060485_20574613.jpg
 さて、こんなものを拾いました。左側の陶片です。右は以前鞆で拾ったままごと食器らしい破片です。外側だけみると玩具とは思えませんでしたが、内側は同じように釉が掛かっていません。今回拾った陶片にしても、窯の中で、この上に何かを重ねて焼くには小さすぎると思うのです。重ね焼きのための釉剥ぎではないだろうと思います。今回拾ったものも箱入りのままごとセットのお皿で、外側を出して売られていたのでは・・・と想像しています。どうでしょうね。もし違ってたらすみませんです。m(_)m 私の子どもの頃でも、安物のお人形の足は靴を履いた状態で成形されていて、靴の部分が赤く塗られていましたが、中には塗料を惜しんでか、靴底の色が塗られていないものがありました。昔の玩具は懐かしいけれど、今ではちょっと考えられないようなことがありましたっけ・・・
[PR]
by touhen03 | 2008-11-02 21:14 |

e0060485_20463596.jpg
e0060485_20465418.jpg
 この日は鞆に備前焼の研究者の方がこられていました。ごく短い時間ですが、私の拾ったものの一部を見ていただくことができました。これらは備前のものだそうです。右端のすり鉢は江戸中期くらいだそうです。他のものは時代を聞き漏らしましたが、真ん中のすり鉢は焼きの甘いものだそうです。これまで右端と中央、二つのタイプのすり鉢は広島の海岸でたくさん拾ってきましたが、あまりにも雰囲気が違うので真ん中のタイプは別の産地のものかと思っていました。私の陶片拾いはどちらかというと、染付や青磁が中心でした。しかし、鞆へ通うようになって備前がとても気になるようになりました。基礎的な知識も含めて今からいろいろ勉強しなくてはと思っています。
[PR]
by touhen03 | 2008-11-02 20:54 |