こんなの見つけました!

e0060485_19405316.jpg
e0060485_1941658.jpg
 お昼の食事に入ったお店で、こんなお皿が出てきました。むむ・・・型紙摺り?しかし、お皿の形は違いますし、裏側もほら、このとおり。もちろん最近のお皿です。
e0060485_1949881.jpg
 拡大してみました。ほほほ・・・おもしろいですねえ。確かに型紙摺りっぽく点線になっていますが、線の部分をよく見ると、型紙を当てて染料を摺り込んだわけではないことが判ります。しかし、こんなの手描きしたら、手間がかかって、とても私のお昼の定食なんかに出てくるわけがありませんよね。きっと全体が印刷なのかな。
[PR]
by touhen03 | 2009-01-21 20:01 | その他

e0060485_10375863.jpg
 記事を連載するからには、さぞかし・・・と期待された方、すみません~!これだけです。久しぶりに広島市側も歩いたのに、陶片そのものが少なかったのです。左端の唐獅子牡丹柄の陶片は、明治の染付印刻小皿の破片。美濃産です。せめてこれが拾えて良かったです。真ん中はゴム印です。ガラス瓶は、そう古いものではないかもしれませんが、底が厚くて、ラベルを貼る部分を少し窪ませてあります。きれいな色です。
e0060485_1047429.jpg
e0060485_10475684.jpg
 右端のこれ、何でしょうね。ちょっと気になります。
[PR]
by touhen03 | 2009-01-17 11:01 | 海田町の川

e0060485_9573819.jpg
e0060485_9575564.jpg
 電車でGO~!赤い列車は補助機関車で、EF67と呼ばれています。ここから3つ先の瀬野駅から八本松駅間が急勾配で、瀬野八と言われる難所なもんで、このEF67を貨物列車の最後尾につけて後から押すんですよ。上りは貨物列車の後から、下りはこうやって一人?で帰ってきます。
e0060485_1023538.jpg
 今回は広島市側の自然保護区が枯野になっていたため、久しぶりに山陽本線より向こう側まで歩くことができました。鉄橋の下っていいもんです。写さずにはいられません。
e0060485_10305582.jpg
 広島市側を上流に向かって少しだけ歩きました。
e0060485_10244833.jpg
 こんな小さな橋の下も好きです。川歩かないとこの角度は見えませんからね。
e0060485_1031205.jpg

[PR]
by touhen03 | 2009-01-17 10:33 | 海田町の川

e0060485_2042216.jpg
 さあ、広島市の自然保護区へGO!
e0060485_20453346.jpg
 ガサガサ、バサバサ、陶片狂が通る。
e0060485_2050684.jpg
 おっ、この近くにテントを張れば食料にも困らないようだ。
e0060485_2055213.jpg
 豚も泳いでいる・・・
[PR]
by touhen03 | 2009-01-15 20:56 | 海田町の川

e0060485_202631.jpg
 さて、近所の川ネタで毎回はずせないのがこれ、広島市の自然保護区との境界線です。今回青々としていたのはなんと海田町側でした。自然保護区は枯野となっています。
e0060485_2032241.jpg
 これはチャンスですよ・・・夏にはニョロニョロしてたり、足だらけの生き物さんたちでいっぱいのジャングルですから。さあ、ジャングル探検だ!
[PR]
by touhen03 | 2009-01-15 20:38 | 海田町の川

e0060485_1554594.jpg
e0060485_15574472.jpg
 今年初めての陶片探しはやはり近所の川でお手軽に・・・となりました。川底は滑りやすいので、以前はボロ傘を杖代わりに歩いていましたが、バランスを崩して寄りかかったら傘が微妙に歪みまして、危険を感じたので、最近は100円ショップで見つけたこの杖を使います。百均の杖とはいえ、やはり傘より安定感があります。2009年の青空と川をバックに、ちょこっと記念撮影。
e0060485_16204141.jpg
 川底のようすが毎回違うこの小川。今回は・・・ああ。(ーー;) 浅瀬では砂利のよく見える場所もありましたが、これでは陶片探しにくいです。ま、しゃあない、と歩き始めました。実際、陶片はほとんど拾えませんでしたが、数回に分けてブログ連載しちゃいます。

ところで、彼岸花ブログの方も盛り上がりなく続いてます。彼岸花は寒空の中、今も元気です。
[PR]
by touhen03 | 2009-01-13 16:06 | 海田町の川

去年12月浜田旅行番外編 第8弾
e0060485_21375917.jpg
 せっかく「陶片窟日記」と名前を変えたのに、陶片と関係のない街ネタばかり続いてますが、浜田市の畳が浦・国府海岸周辺は手作りアート作品の宝庫なんで、一度紹介したいと思っていました。この際ですのでもう少しおつき合いくださいね。鄙びた漁港を背にゴミステーションで微笑む女の子、実はこれ、ここだけではないのです。
e0060485_2145783.jpg
e0060485_2149507.jpg
e0060485_21501660.jpg
 ほら、ここにも、あそこにも、海岸からバス停まで歩く間にこれだけ・・・
e0060485_21523960.jpg
 ちなみに、この子のゴミステーションには生きたイノシシなんか入ってたりすることもあるのでしょうか? どの看板も内容は一緒ですが、絵は一つ一つ違っているのが手作りっぽくて良いですね。
[PR]
by touhen03 | 2009-01-06 21:56 | 県外の海岸と川

昭和64年3月竣工の橋

去年12月浜田旅行番外編 第7弾
e0060485_21223922.jpg
 何年も前、「海辺の散歩」の浜辺の掲示板にアップしたネタですが、面白いので再度ここでも取り上げます。国府海岸前のこの橋、実は非常に珍しい時代に作られています。
e0060485_2126979.jpg
 たぶん早めに出来上がっていたのでしょうね。^m^  私好きです。すごく気に入ってます。これからも直したりしないで、旅人に不思議な空間を提供してほしいと思います。
[PR]
by touhen03 | 2009-01-06 21:34 | 県外の海岸と川

去年12月浜田旅行番外編 第6弾
e0060485_1004326.jpg
e0060485_1011229.jpg
 畳が浦の入り口にあるお店の看板狸さんはこのとおり、元気に働いていました。うれしかったです。この子はもしかしたら、塗り直しをしているかな?昔撮ったデジカメ以前の写真を探してみなくちゃ。
[PR]
by touhen03 | 2009-01-06 10:06 | 県外の海岸と川

去年12月浜田旅行番外編 第5弾
e0060485_9452251.jpg
 こちらのキティちゃんウキ人形は個人商店の子です。何とか元気でしたが、微妙な場所にいますね。(^^ゞ街の美化活動に頑張っているのかもしれません。
e0060485_9453995.jpg
 この辺りのウキ人形は標語やメッセージ付きが多かったのですが、このキティちゃんも典型的な「畳が浦・国府海岸周辺ウキ人形」の特徴を持っています。将来ウキ人形の鑑定士(^◇^)を目指される方、比較的保存状態の良いこの写真を参考にして頂ければと思います。
[PR]
by touhen03 | 2009-01-06 09:55 | 県外の海岸と川