<   2009年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧

e0060485_063912.jpg
e0060485_065095.jpg
 一目見て、もしかしたら片割れか?とドキドキしました。左は2002年の6月に拾ったもので、陶片窟日記のロゴ画像にも使っていますから、いわばこのブログの顔みたいな陶片です。そして右が今回拾ったもの。
e0060485_012087.jpg
 じゃーん!どうです。ぴったりです。以前拾ったものは2匹のウサギさんがどちらも欠けていて切なかったのですが、今回の3匹目は全身が残っています。\(^◇^)/ 波間のウサギさん、可愛いでしょう。

実は陶片の片割れに出会うことって、そう珍しいことではありません。以前もブログで取り上げたことがあります。→7年目の出会い 7年目の出会い再び 今回持ち帰った陶片のなかに、まだ他にもあるかも・・・と期待しています。次の休みにでも、似島陶片を出して確かめてみようかな。「陶片の片割れ発見」というタグまで作っちゃいました。
[PR]
by touhen03 | 2009-04-30 00:10 | 似島

e0060485_2334774.jpg
 似島の海岸は陶片だらけですが、それにしても今回は多かった。いちいちかがんでいては身が持ちませんので、持ってきた傘でひっくり返しては、これはと思えば拾います。しかし、いつも傘がうまく使えるわけではなく、でかい破片が多くて、一部分だけ顔を出してますから、そんな時は掘り返すんですわ。陶片はよく出るポイントをずれたあたりまで散乱していて、もう干潟を移動しながらスクワットやってるようなもんでした。いまだに足が痛いです。(ーー;) 
e0060485_23262114.jpg
 おまけに、ここは何故か広島湾一?生物が豊かなんです。どの陶片も付着生物でびっしり!写真の小皿はこれでも半分掻き落とした後なんです。ハッとブログのことを思い出しましてね、慌てて撮りました。海藻数種類にフジツボ、ニョロニョロ(ヤッコカンザシ?)、カキ、ナミマガシワ、スガイ、ヒザラガイの子供(>_<)、怪しい卵に、ハマトビムシ?の群れまで、それはそれは賑やかな陶片ばかりで、まず彼らを片っ端から追い出したり、殺戮したりしなくちゃ陶片の素性も判らないんです。道具は持ち歩くのがめんどうなので、そのへんにゴロゴロある小石で取り除きます。初期人類のごとく、石器の使い方は我ながらうまいもんです。かなり薄手の皿でも割ることなく上手に取り除きます。でもやはり、ただ拾うだけより時間がかかります。干潟が存在しているのは干潮のピークをはさんでせいぜい5時間。大漁の似島は時間に追われました。
[PR]
by touhen03 | 2009-04-29 23:00 | 似島

e0060485_22214955.jpg
e0060485_22231100.jpg
e0060485_2229220.jpg
e0060485_222928100.jpg
 ちょっとおもしろい盃を見つけました。東宮殿下御行啓 高令者江御下賜金紀念とあります。明治四十年とありますから、東宮殿下というのは大正天皇ですね。81歳の小村梅子さんが天皇陛下から長寿のお祝いを頂いた記念に配った盃というわけです。デザイン違いが3種類もあるなんて、よほどうれしかったのでしょう。盃そのものも色をたくさん使って、やや丁寧な感じなので、梅子さんはきっとお金持ちの家の大奥様だったのかもしれません。
e0060485_22421941.jpg
e0060485_22423249.jpg
e0060485_22424522.jpg
 一方こちらは102才のお祝い盃。贈り主らしい名前が書かれています。

あ、今40000ヒット達成したようです。皆様ありがとうございます。(^◇^)v
[PR]
by touhen03 | 2009-04-26 22:36 | 骨董市・ガラクタ

e0060485_17543992.jpg
 な、なんだ、この店は。初めて見るけど、なんだか海岸でよく見るものばかり売っているような・・・
e0060485_17572225.jpg
e0060485_17574040.jpg
e0060485_17575696.jpg
 おおお~っ!ウキの店だ~!!(ガラス製のは無かったけど) すごい、初めて見たです。値段聞いておくべきでしたね。ちょっと思ったのですが、買う気のないものの値段って聞きにくいんですよね。でも聞けばよかった・・・
e0060485_17584750.jpg
 けっこう人気があるようです。中古つり道具のお店かな。
e0060485_17593434.jpg
 これ、私が買ったものです。1個100円でした。海岸でも見かけますけど、頑丈な針がついていたりして面倒で拾いませんが、これはそのままで楽しめます。しばらく職場にも一緒に通勤しました。いいもんですね。よく見ると明らかにホンモノの魚と違うのに、一番肝心な部分をうまく作ってあります。ナマの魚はどんなに美しくても、ポケットに入れておくことはできませんからね。
[PR]
by touhen03 | 2009-04-26 17:54 | 骨董市・ガラクタ

e0060485_17461957.jpg
e0060485_1746508.jpg
 さて他のネタとダブって紹介し損ねていた、四月初旬の瀬野川河川敷骨董市。せっかく写真も撮ったのだし、アップしておきましょう。最近、毎回古本屋さんが来てくれます。安いし、骨董関係、美術関係、歴史モノばかりというのが、田舎に住んでいる私には夢のような品揃え。これからも来てね。
[PR]
by touhen03 | 2009-04-26 17:50 | 骨董市・ガラクタ

e0060485_176550.jpg
 名も知らぬ遠き島のヤシの実とはいきませんが、蛸壺だって良い雰囲気でしょう。江田島シリーズはこれで終わりです。

 昨日、一年ぶりに似島へ行ってきました。いや~、干潟一面に陶片、陶片・・・銅版転写皿は佃煮にできるほど。戦時代用品、江戸モノまで、皿を覆う付着生物と戦いながら山ほど拾ってきました。拾っても、拾っても、目の前に陶片が。端から端まで拾わなければ帰れない。干潮のピークを挟んで5時間近く、ここは最寄の公民館のトイレまで20分。トイレに行きたくても拾わなければ行かれない。ああこれは明け方に生理的な理由で見る夢か、陶片地獄?ずっしりとしたリュックを背負うと足が地面にめり込みそう。バケツ2つに放り込み、漂白剤に一晩浸けて、今日はひたすら陶片洗い。生物系の汚れはしつこくて再度漂白剤につけたものも多数。写真なんぞは撮る元気もない。ガラクタ市ネタの後、ゆっくりご紹介いたします。
[PR]
by touhen03 | 2009-04-26 17:22 | 広島の島

フグだらけ

e0060485_1702123.jpg
e0060485_1648896.jpg
 旧海軍兵学校の川ネタでもう一つ。河口で活きの良い魚の群れに出会いました。足の周りをバシャバシャ泳ぎ、ときどき水面から飛び跳ねて、宙返りしてポチャン!何だろうと思って見ればこれ。クサフグのようです。どれも揃って掌サイズにも満たないおチビさん。河口の周りの干潟にもいっぱいいて、ときどき干潟に乗り上げてはピチピチ跳ねては自力で水に戻ります。写真はそのなかでただ一匹、干潟の泥に捕まってしまったドジな子です。ポニョみたいな目で睨んできましたが、ちゃんと水に戻してあげました。
[PR]
by touhen03 | 2009-04-26 16:58 | 広島の島

e0060485_032215.jpg
e0060485_0391074.jpg
 昭和14年開局記念盃の広島中央電話局西分局は今でも建物が残っています。昭和20年の原爆にも耐え、外壁や窓など、だいぶ手を入れてはいるようですが、NTT広島西営業所として現役で頑張っています。ネットで検索しても被爆建物としてけっこう出てきますが、私も時間をやりくりして、ちょこっと行ってきました。説明板は当時の写真と同じアングルとはいえ、道路を隔てているため、やや解りづらい気もします。
e0060485_030799.jpg
e0060485_0302117.jpg
 説明板の写真と文章です。
[PR]
by touhen03 | 2009-04-24 00:37 | 広島の島

e0060485_23283427.jpg
e0060485_23444243.jpg
e0060485_23312096.jpg
 さて、学校裏の干潟で拾ったもののうち一番うれしかったのがこれ、広島中央電話局西分局開局記念盃です。模様は剥げてしまって、これまた写すのが大変でした。(ーー;) 外側には昭和の盃によくある記念の文字。見込みは電話機のダイヤルがデザインされています。昔はこれを回してかけていましたよね。広島中央電話局西分局は昭和14年(1939年)に開局しているようですから、これはその時の記念盃のようです。
[PR]
by touhen03 | 2009-04-23 23:45 | 広島の島

e0060485_2249347.jpg
e0060485_22491683.jpg
 これは小さいけど江戸モノ。左は18世紀の二重網目の飯茶碗、右は19世紀~幕末くらいか。鳥の絵がうれしかったです。
e0060485_22402912.jpg
e0060485_22404320.jpg
 首なしさん。陶製人形はやはり首の部分が取れやすいようですね。古い人形の内側の粘土の跡が好きです。
e0060485_22453324.jpg
e0060485_22454940.jpg
 いかにも昭和らしいお茶碗の裏を見ると、肥の文字が。これはたぶん、統制番号じゃないかと思います。惜しいっ!
[PR]
by touhen03 | 2009-04-21 22:49 | 広島の島