<   2009年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

広島・原爆の日

e0060485_22571592.jpg
e0060485_22574877.jpg
e0060485_2363750.jpg
 崩れ落ちた煉瓦の壁。旧広島県産業奨励館の内部です。現在立ち入ることはできませんが、デジカメのズーム機能を使うとけっこう細部まで撮れました。
e0060485_2393775.jpg
 戦前の産業奨励館は大正15年に建てられた、とてもお洒落な建物だったようです。原爆ドームと呼ばれるようになった今でも、よく見ると美しい装飾が、あちこちに残っています。

 今年も8月6日がやってきました。広島に原爆が落とされた日です。当時、広島市の周辺部、矢野町に住んでいた母は小学生で、校庭で朝礼中でした。大地が一瞬白く透けて見え、町内の自宅近くに爆弾が落ちたと思ったそうです。祖母は同じ町内の海岸で塩作りをしていました。すぐ近くに敵機が来たと思い、曾祖母と手を取り合って夢中で逃げたそうです。そのうち広島市内と隣接した安芸郡府中町の東洋工業(現在のマツダ株式会社)に爆弾が落ちたという噂が流れ、それなら親戚を助けに行かなければという話をしているうちに、東洋工業ではない、広島市内は火の海だという情報が入り、被爆した人達が次々と運ばれて来るようになり、祖母は看護にかり出されたといいます。

 あの日、8月6日の午前中数時間の経緯を私は繰り返し聞いて育ちました。バスに乗れば、「もうこのあたりだと、大部分の人が死んだ」とか、あの日のことを祖母から聞いたものです。爆心地へ向かうバスの中で聞くと印象が強くて、私は子供の頃ずっと、市内へ向かうバスに乗るたび、生きて帰れない範囲に入ったなと頭の隅で思いましたし、帰りは府中町を通過する頃から微かにホッとする妙な感覚を持っていました。身近な被爆体験、あるいはその周辺の体験はざらにありましたし、学校では昼休みに原爆の体験記が校内放送されていました。昭和40~50年代、広島では原爆が昨日のことのように存在していました。
[PR]
by touhen03 | 2009-08-05 23:12 | その他

e0060485_17575876.jpg
e0060485_18079.jpg
 愛国乙女・慰問絵葉書、表のデザインはシンプルです。大正時代の絵葉書ですと、切手を貼る部分などに凝ったデザインが見られますが、昭和の葉書はこんなタイプが多いようです。
e0060485_1845543.jpg
e0060485_1852571.jpg
 8枚中1枚だけ、いかにも戦時中らしい内容のものです。これを入れることで、発売することができたのでしょうか。
[PR]
by touhen03 | 2009-08-02 18:10 | 骨董市・ガラクタ

e0060485_012490.jpg
 「わがものならぬ君ゆへに 恋しさいとどまさるなり 日ぐれともなれは巣に帰る 小鳥のごとき君ゆへに」 ロマンチックな詩とともに、中原淳一ならぬ、淳子さんが描いた、愛らしい絵葉書。
e0060485_017058.jpg
 「秋の夕の 涼風は 恋の娘の 嘆息を そっと運んで 過ぎてゆく」こちらもなかなか乙女チックですね。
e0060485_049889.jpg
 実はこれ、慰問絵葉書なんです。袋入りで8枚入ってました。欠品があるかどうかは不明です。戦地の兵隊さんたち、こんな葉書を貰うこともあったのでしょうね。
e0060485_0493562.jpg
 袋の裏に公定価格の札がついてます。つまり昭和14年の物価統制令以降の絵葉書ということになります。ホンモノの中原淳一さんの絵は戦争が激しくなるにつれて軍部に睨まれ、少女雑誌から消えたそうですから、この淳子さん絵葉書も昭和14~15年頃のものなのかもしれません。
[PR]
by touhen03 | 2009-08-01 00:31 | 骨董市・ガラクタ