<   2010年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

e0060485_085435.jpg
 これは戦前に描かれたゴミの中の陶片です。
e0060485_646564.jpg
 最近手に入れた古絵葉書に、なんと陶片混じりのハケの絵がありました。作者は佐々木千早、「芥」という題で、日本自由畫壇第七回展覧會出品とあります。この絵が写実なのかどうかはわかりません。しかし、すくなくともモデルとなった場所があるのではないかしら。海岸のゴミ捨て場ではなさそうですね。生ゴミも混じってますから、よい臭いもしそうですが、このまま何十年も時がたてば、魚の骨も、他の生臭いものも消え去って土となり、陶片だけが艶々と残るのでしょう。この先もゴミ捨て場であり続けたなら、陶片は折り重なって溜まり続け、宝の山となることでしょう。

 素晴らしい絵を描いた佐々木千早ってどんな人なのでしょう。とりあえずネットで検索してみましたが、同じ日本自由畫壇の第八回展覧会出品の絵葉書が見つかっただけでした。日本自由畫壇とは大正8年に池田桂仙らが、帝展に対抗して結成したそうです。この絵は今どこにあるのでしょう。こうして絵葉書にもなったくらいですから、個人蔵となっていなければ、どこかの美術館に展示されているのでしょうか。
e0060485_7564377.jpg
 今でも美術館の企画展では絵葉書が売られていますが、この絵葉書も展覧会に伴って売られたのかもしれません。日本自由畫壇の展覧会がもしも毎年一度行われたとすると、そして第一回が大正8年なら、第七回は大正14年ということになります。年代については絵葉書自体からもある程度わかります。宛名の側を見てみますと、通信欄が1/2で、「きがは便郵」ではなく「きかは便郵」と濁らない表記です。これは大正7年~昭和7年頃の特徴だそうです。切手を貼る部分に蔓バラがあしらってありますが、この手のお洒落なデザインは大正時代に多いようで、昭和になるとだんだんシンプルになっていきます。大正末期という線はこの点からも矛盾がありません。

 この陶片ハケはたぶん、今から80年以上前に描かれたものです。今頃は陶片をたっぷり含んだ豊かな土となっているかもしれません。どこにあるのでしょうね、これ・・・
[PR]
by touhen03 | 2010-05-27 23:38 | 骨董市・ガラクタ

釣士田港陶片てんこ盛り

e0060485_0561516.jpg
 今回、釣士田港で拾った陶片です。18世紀から昭和の陶片までひととおり出てきました。統制番号モノはありませんでしたが、良い状態の代用品もありますから、何度か通えば出てくるのではないかと思います。今回も砥部産らしい特徴を持った型紙摺りがありました。広島の他の海岸や川に比べて、江戸陶片と型紙摺りの割合がやや高いようですが、17世紀の染付や唐津は出ず、まあ典型的な広島の生活ゴミ系陶片といったところでしょう。過去の世界をたっぷり含んだ、良い干潟に乾杯!
[PR]
by touhen03 | 2010-05-27 00:29 | 広島の島

若宮さん

e0060485_23543296.jpg
e0060485_23565929.jpg
 港の近くにはたいてい小さな神社や祠があります。ここ釣士田港にもありました。藤脇側の端っこです。壇ノ浦で海に沈んだ安徳天皇を祀ったものだそうです。
e0060485_024377.jpg
 注連縄の立派な房飾り、よく見るとビニール紐製でした。(^^ゞ
e0060485_06924.jpg
 若宮さんのすぐそばにも干潟があり、陶片も少しありましたが、どれも比較的新しいもので拾いませんでした。

古い港に多いのは小さな神様と、そして猫さん。釣士田港にもいました。→見たものブログ
[PR]
by touhen03 | 2010-05-25 23:54 | 広島の島

マンジュウボヤ

e0060485_6443189.jpg
e0060485_6444398.jpg
 これも河口に近いあたりで見つけました。マンジュウボヤです。このブログをはじめてまもない頃、呉線沿岸の工場裏で同じものを見つけたことがあります。 どうもコヤツは排水の流れてくるような汚れた場所が好きなのでしょうか。気味の悪さでは、もしかしたら私の嫌いなフナムシやヒザラガイ以上かもしれないのですが、なぜかコレは平気で触れます。地球外生命っぽい雰囲気がありますね。まだ地球征服を諦めていないようです。
[PR]
by touhen03 | 2010-05-25 06:46 | 広島の島

河口のエイ

e0060485_6382175.jpg
e0060485_6384062.jpg
 陶片はいまひとつでしたが、大きな白い腹を見せて横たわるものが・・・エイでした。最近増えているらしいですね。アサリを食べる困り者らしいです。ひっくり返してみました。尻尾が無くなっています。ひょっとして漁師さんの網にでも掛かって捨てられたのでしょうか?

※ 
尚 nao.さんから、アサリを食べるのはナルトビエイで、これはアカエイだと教えて頂きました。てっきり私の大好物のアサリを盗み食いしたヤツだと思ってしまいました。冤罪でした~m(_)m

[PR]
by touhen03 | 2010-05-25 06:38 | 広島の島

e0060485_627370.jpg
e0060485_6273290.jpg
 旧音戸町藤脇側に入ってすぐの河口付近です。見るからに良い雰囲気で、これは第3の陶片スポットかと期待に胸を膨らませましたが・・・案外良いモノは無く、陶片そのものも多い方ではなかったです。
e0060485_6322616.jpg
e0060485_6323747.jpg
 でも、がっかりして帰ろうとすると、河口近くでこれを見つけました。くらわんか皿、五弁花付きです。今回の陶片の中では最も古い18世紀半ばくらいのものです。雨の後などに行けば良いモノを出すかもしれませんね。
[PR]
by touhen03 | 2010-05-25 06:27 | 広島の島

釣士田港・藤脇側

e0060485_6201138.jpg
e0060485_6202443.jpg
 ここまで釣士田港の旧倉橋町側を歩いてきましたが、ここから先は旧音戸町藤脇です。あまり良い干潟がありませんでしたが、それでも歩ける場所は歩いてみました。
[PR]
by touhen03 | 2010-05-25 06:13 | 広島の島

うっほっほ!毛糸湯伸器

e0060485_2325384.jpg
e0060485_23433297.jpg
 おおっ、出た~!これを見た時の興奮はそうとうなものでした。確か、ほどいた毛糸を湯を使って伸ばし、再生させる器具だったはず。戦時代用品の本にも載っていました。割れていない!金属部分以外丸ごと、完品で出てきたあ~♪やったー!
e0060485_23453177.jpg
e0060485_23473447.jpg
 こんな形だと、たいてい変なものが中に詰まっていて、付着物を取り除くのが大変なのですが、これは泥こそぎっしり詰まってましたが、現地できれいに空になりました。うへへ、うひひ♪これをヤカンの口に取り付けて、並んだ小穴から出る蒸気で毛糸を伸ばすらしい。小穴に詰まった小石は一部どうしても頑固に取れないです。なんだか悔しいです。
e0060485_23484934.jpg
 小穴の並んだ上に金属製の覆いを被せて、一本の毛糸をその間に挟んだようですが、覆いを取り付ける小穴も割れずに残っています。

 毛糸湯伸器については、りちょうけんさんのブログに詳しい説明があり、私もずいぶん勉強になりました。使用方法のイラストがついた箱も載っていて解りやすいですので、ぜひそちらをご覧ください。それによると昭和25年頃にもまだ売られていたようです。物資不足は戦後も続きましたからね。何年も売られていたということは、それなりに便利だったのでしょうか。編むことさえ面倒に思える私には、そら恐ろしい器具ですけど。
[PR]
by touhen03 | 2010-05-23 23:19 | 広島の島

風呂上り陶片 その2

e0060485_2385737.jpg
e0060485_2391236.jpg
e0060485_2392494.jpg
 江戸時代、兵庫県の明石あたりで焼かれたものだそうです。ちょっと変わった形の櫛目が特徴のようです。備前のすり鉢とともに、これもけっこう出てきます。
[PR]
by touhen03 | 2010-05-23 23:07 | 広島の島

風呂上り陶片 その1

e0060485_23412478.jpg
e0060485_2341477.jpg
 釣士田港の陶片は生物系のカビみたいな汚れが多く、2回も漂白剤のお風呂に入って、やっと玉のお肌になりました。これらは2つ目の陶片スポットで拾った江戸陶片です。19世紀前半~幕末くらいのものが大部分ですが、見てください。染付だけで16個!とても狭い範囲に集中して出てきましたので、ここにも、あそこにも!という感じでした。上段左3つは広東碗タイプの飯茶碗。その隣も広東碗かもしれません。おもに19世紀前半流行した形で、もちろん日本製です。上段右端は蛇の目凹型高台の皿、その左は墨をろうけつ染めのように利用して白抜き模様を描いた墨弾きの技法をたっぷり使っています。ちょっと高級品だったのかも。下段左端は龍文の八角鉢のようです。裏には蝙蝠文まであるうれしい陶片です。その隣の鳳凰と微塵唐草の小皿も素敵でしょう。これは幕末くらいでしょうか。ちょっと時代的に微妙かもしれません。下段右2つは瀬戸美濃地域の幕末モノ。そしてその左隣、下段中央の陶片ですが・・・ちょっと瀬戸の陶製くらわんかに似てます。それで一応ここに並べました。単に焼きが悪いだけかもしれません。その場合は近代モノの可能性も?(^^ゞ 気になる陶片です。
[PR]
by touhen03 | 2010-05-19 23:42 | 広島の島