十三仏海岸の陶片

e0060485_1145477.jpg
e0060485_1152545.jpg
 細かい漂着物しかなさそうなきれいな海岸ですが、それでも陶片はありました。大きな破片は保命酒の量り売りなどに使われた甕で、その下の黒っぽい陶片も、これまた保命酒の狸徳利と笠形の盃です。右上は鞆でよく見つかる醤油か酒の容器でしょう。さすが鞆に近い田尻町の海岸ですね。右下には江戸陶片も少し。型紙摺り皿の下にあるのは18世紀モノのくらわんか皿で、微かに五弁花が見えます。
[PR]
by touhen03 | 2010-07-25 11:05 | 県内の海岸と川

e0060485_1114789.jpg
e0060485_111588.jpg
 指の先サイズのビーチグラス、これはいけるかもと持ち帰りましたら、へへへ・・・ピンポーン!ウランガラスでした。
[PR]
by touhen03 | 2010-07-25 11:03 | 県内の海岸と川

穿孔貝

e0060485_10505450.jpg
 穿孔貝の作ったらしい巣。いびつなハートが宇宙人のミイラみたいで可愛い?私の歩く範囲ではあまり見ないのですが、去年も今年もここで見つけました。
[PR]
by touhen03 | 2010-07-25 10:51 | 県内の海岸と川

e0060485_1021389.jpg
e0060485_1022017.jpg
 十三仏の海岸に多かったのがナミマガシワです。実際には下の記事写真のような海岸ですが、ナミマガシワがとても美しかったので、パールピンクの砂浜の印象が残っています。美しいものだけを拾ったはずなのですが・・・淡いピンク系は特に騙されやすいですね。乾いてみると大きなのは見るも無残。写真のチョコエッグの容器に入れて持ち帰ったモノだけはきれいでした。もう少しパールピンクっぽかったのですけど、赤っぽいのもありますね・・・

 不思議に思うのは、ナミマガシワの色が場所によって微妙に違うこと。十三仏海岸で圧倒的に多かったのは白と淡いピンクですが、広島湾内の似島の長浜海岸や江田島切串あたりですと、黄色~オレンジ色、そして血を思わせるような濃い赤の方が多くなります。なぜなのでしょうね。
[PR]
by touhen03 | 2010-07-25 10:22 | 県内の海岸と川

広島のサクラガイ

e0060485_22315829.jpg
 陶片よりもビーチグラスの方がはるかに多い田尻町の十三仏海岸。ここは妙に美しいナミマガシワがあるなあと思いながらあるいていると、ひときわ鮮やかなピンク色が目に飛び込んできました。なんと、サクラガイでした。たったの1個です。大げさな・・・と思うなかれ。広島の海岸を14年間歩いていますが、これまでに見つけたサクラガイは今回を含めてたったの2つです。貴重品なんですよ!もちろん、陶片目的なのでドブのような汚い場所を歩くことが多いですし、そのうえ陶片目になっていて見落とす可能性は極めて大きいので、サクラガイ目的で歩けば、もっとたくさん拾えるだろうとは思います。



 皆さま、暑い中いかがお過ごしでしょうか。私は少々バテ気味です。鞆シリーズもそんなわけで、ポツリポツリとアップしております。十三仏海岸は何も落ちていなさそうなきれいな浜ですが、それでも貝殻系、ガラス、そして陶片も少しばかりありました。もうしばらくおつき合いくださいね。
[PR]
by touhen03 | 2010-07-22 22:42 | 県内の海岸と川

e0060485_2220579.jpg
e0060485_22202087.jpg
 鞆での収穫が少なかったので、近くの十三仏バス停前の海岸へハシゴしました。
e0060485_2225091.jpg
 ちょうど去年もこの季節に来て、唐津の破片を拾った場所ですから、何か少しはあるかも・・・
e0060485_22274328.jpg
 とはいえ、この手の海岸はそんなに期待はできそうもないです。むしろビーチコーミングの方が向いていそうな海岸です。
[PR]
by touhen03 | 2010-07-22 22:28 | 県内の海岸と川

鞆の陶片 その2

e0060485_21574386.jpg
e0060485_2158178.jpg
 上段左端2つはすり鉢。江戸時代の備前か。その隣は甕の破片。菊花などが一箇所貼り付けてあるデザインは保命酒の量り売りによく使われたタイプですが、これは比較的小さいサイズのようです。右端は漁の錘、ここはよく出てきます。下段はすべて保命酒の狸徳利です。
[PR]
by touhen03 | 2010-07-22 21:58 |

鞆の陶片 その1

e0060485_22371353.jpg
e0060485_22373154.jpg
 上段右から2つ目と3つ目は明治の美濃産型押し小皿。中段左2つは鞆でよく出る瀬戸のタイルです。下段左端2つは陶製おろし金、右端は統制番号入りで、岐391です。
e0060485_22423930.jpg
 どぎつい合成染料の藍色ですが、よく見ると波と千鳥のなかなか可愛らしいデザインです。
[PR]
by touhen03 | 2010-07-19 22:43 |

小さいけれど・・・

e0060485_22273759.jpg
e0060485_22274950.jpg
e0060485_2228277.jpg
e0060485_22281790.jpg
 江戸の染付はほとんど見つからなかった今回ですが、なんと、出ました!ごく小さなものですけど、断面の質感、表面に小さな貫入の入ったこの感じ、たぶん中国青磁です。
[PR]
by touhen03 | 2010-07-19 22:32 |

e0060485_8565882.jpg
e0060485_8571771.jpg
e0060485_8575193.jpg
 9日、久しぶりに鞆へ行ってきました。干潟はこのとおり陶片だらけなのですが、最近は保命酒関係の陶片を除いて、あまり拾えなくなっています。今回も江戸モノはほとんど拾えませんでした。でも・・・ちょっと嬉しいものもありました。鞆の近くの十三仏海岸へもハシゴしましたので、そちらの話とともに何回かに分けてお届けします。
[PR]
by touhen03 | 2010-07-19 08:57 |