初拾いは近所の小川

e0060485_8492376.jpg
 今年の初拾いはやはり近所の小川となりました。たいした陶片が出るわけではありませんが、ちょっと1時間拾ってこよう、なんてことができるのはここだけです。
e0060485_8552064.jpg
e0060485_96863.jpg
 暖かい日で昼間は直射日光が暑いと感じるほどでしたが、水の中はさすがに冷たい。ポケットのカイロでたえず手を温めながらの陶片拾いでした。これは拾い上げてみると古いものではありませんでしたけど、キラキラした水の底に陶片がある様子はいつ見ても美しくてドキッとします。決して水がきれいとは言えない小川ですが、いろいろな場所の川を歩いていますので、まだ良い方だと感じます。
e0060485_9105858.jpg
e0060485_9211388.jpg
 さて、初拾いの成果は・・・まあ、こんなもんです。上の左2つは江戸陶片。その隣もたぶん江戸かな?あとは近代の印判食器と、福山市の鞆でよく見つかるような容器の破片です。畑賀川としては平均値でしょう。
e0060485_956054.jpg
 一度に拾えるのはこの程度ですが、近所なもんでチリも積もればなんとやら、江戸陶片だけでも引き出し一杯分はたまりました。今はもう少し増えてますけど。この写真は以前もアップしているはずですが、映像的に華やかになるかと付けちゃいました。(^u^)
[PR]
by touhen03 | 2012-01-10 08:44 | 海田町の川

e0060485_23411828.jpg
e0060485_23414889.jpg
e0060485_23523650.jpg
 去年の秋、通勤途中で見たキノコです。クロマツの若木の周りに群生していました。手元にあるキノコの本を見てみると、イグチ科の食用茸にちょっと似ているような気がしました。チチアワタケ???なんでも松林に生えるキノコで、カサを開くまで歯ざわりがよくうまいと書いてあります。どうでしょうね?さすがにそんな不確かな状態で試しに食べてみるわけにはいきませんでしたが、毎日、たくさん生えているキノコを眺めながら、もったいない気がしていました。
e0060485_235345100.jpg
 キノコが生えていたのは、この松並木に沿って植えられた若木のまわりでした。ここは昔、西国街道だった場所で、参勤交代で江戸から帰ってくる殿様を家臣がここまで出迎えたことから、出迎えの松と呼ばれ、その当時の松が今でも残っています。
[PR]
by touhen03 | 2012-01-05 23:52 | その他

迎春 2012年

e0060485_4322932.jpg
e0060485_449084.jpg
e0060485_4451555.jpg
 去年はなかなかブログの更新ができませんでした。それでも、陶片窟は私にとって大切な場所です。今年は少しずつ再開したいと思っています。これからもよろしくお願いします。

竜は陶磁器の模様として、干支のなかで最もよく使われているのではと思います。表の模様だけでなく、お皿の裏にも簡略化された竜たちが描かれてきました。
[PR]
by touhen03 | 2012-01-01 04:43