e0060485_23491988.jpg

e0060485_23515156.jpg

 今月初めの瀬野川フリマで見つけたものの一つがこれ。葉書サイズですが裏は無地の白です。宛名面の印刷が消えてしまったのか、それとももともと絵カードだったのか判りません。寳塚少女歌劇大分公演の演目が書かれていますが、皇紀2600年奉祝藝能祭レヴュウとありますから昭和15年です。この頃の印刷物を買っているうちに、昭和戦前なら皇紀ですぐに年代がピンとくるようになってしまいました。(^^ゞ 「すめらみくに」なんて題がいかにも15年です。宝塚の雑誌「歌劇」の昭和14年5月と昭和15年5月を持っていますが、たった一年で雑誌の内容がずいぶん違うんですよ。14年にはあまり目立たなかった戦時色が15年の方は露骨に出ています。従軍看護婦姿の劇とか、慰問袋とか。トップスターが戦車と写ってたり、軍人との座談会が載っていたり、生き残りに必死だったようです。

 カードの左下の広告、ノルモザン錠は武田薬品工業(当時は武田長兵衛商店)が売っていた胃腸薬です。なぜか宝塚と薬の宣伝の組み合わせ、けっこうよくあったようで、私が持っている戦後まもない頃の宝塚のチケットの袋にも虫下しの広告が入ってます。(^◇^)


「平城宮跡」の埋立て・舗装工事の即時中止を!
「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-01-19 23:21 | 骨董市・ガラクタ

そっくりさん発見!

e0060485_0451026.jpg

 新年最初の瀬野川フリマへ行ってきました。骨董市の少ない真夏や真冬こそ、この小さな市に良いものが集まるチャンスと思って期待してきたのですが、目当ての絵葉書や統制番号、代用品も無し。それでも骨董雑誌の古いのや、戦前のちょっと面白いものもを買い、それは後でご紹介するとして、おおっ!と思ったのがコレです。

e0060485_0592054.jpg
e0060485_0594775.jpg
e0060485_10949.jpg

 木魚を抱いて眠る小僧さんの土人形です。左が今回買ったもの、右上の小さなのは似島で拾ったものです。完全に色が剥げていますが、元はこんな色をしていたのでしょうね。戦後のものかもしれません。300円でした。

 似島でこの土人形を拾った時、そう古そうにも思えなくて、特に調べないまま土人形の引き出しに入れてしまいました。しかし、この木魚を抱いて眠る小僧さん、どうやら繰り返し作られてきたデザインのようです。ネット上で幾つか写真や、それらしい名前を見ましたし、中には太鼓を抱いて眠る小僧さん?もありました。秋田県、ひょっとしたら八橋人形系のものかもしれませんが、違うかもしれません。よくわかりません。アンテナをたてておけば、そのうち何か判るかもしれないと思っています。



「平城宮跡」の埋立て・舗装工事の即時中止を!
「平城宮跡」を守る会 http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-01-06 01:00 | 骨董市・ガラクタ

e0060485_2340818.jpg

 今年も初拾いは手近な場所となってしまいました。自然豊かな、できるだけ冒険的な雰囲気に写してみましたが・・・

e0060485_23491941.jpg

 もちろん、いつものこんな場所です。買い物の帰り、ちょいと川を覗くと古そうな陶片が水の底に見えるではありませんか。これは放ってはおけません。さっそくゴム長靴を取りに帰り、お宝探しとなりました。
 
e0060485_2353435.jpg
e0060485_012165.jpg

 江戸後期の小皿かと期待した陶片は、拾い上げてみると上段左の銅版写皿でしたが、それでも江戸陶片(下段2つ)が拾えました。小さな破片ですが、近場で、たった30分の川歩きですから上出来かもしれません。今まで拾ってきた場所はどこも陶片が出にくくなってきましたから、今年は潮のよく引く春になったら新しい良い陶片海岸、陶片川を見つけたいものです。


「平城宮跡」の埋立て・舗装工事の即時中止を!
「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-01-05 23:42 | 海田町の川

e0060485_2359364.jpg
e0060485_23326.jpg

 消印は昭和23年かと思いましたが、郵便料金で調べてみると、どうやら昭和28年のものでした。福岡のスタンプがある、手描きイラスト付き年賀状です。大人っぽい字ですが、可愛らしいこの絵を描いたユキ子さんは中・高校生くらいかしら?たぶん、お友達にでも送ったものでしょう。実は私の母がこれと似た絵を描いていたのを知っています。目の描き方なんてそっくりです。中原淳一あたりの影響でしょうか。どうやら昭和20年代の少女たちはこの手の絵をよく描いていたのかもしれません。それにしても、「市内」から「市内」宛とは・・・番地は入っていますが、機械化以前の世界らしい書き方ですね



「平城宮跡」の埋立て・舗装工事の即時中止を!
「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-01-02 00:20 | 骨董市・ガラクタ

e0060485_2272937.jpg
e0060485_2291698.jpg

 「きは便郵」ではなく「きは郵郵」となっているため、昭和7年頃までのもののようです。絵の雰囲気からは大正~昭和初期くらいに思えますが、大正時代のものは宛名側のデザインが凝っているものが多いので、昭和初期の可能性が高いのではと思っています。坊やの着ているエプロンの飛行機模様も、二枚の翼は描かれていませんが、複葉機っぽい気がします。



「平城宮跡」の埋立て・舗装工事の即時中止を!
「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-01-01 22:11 | 骨董市・ガラクタ

2013年 新春

 あけましておめでとうございます。去年は半年以上更新しない時期がありましたが、今年はのんびり、でも少しずつアップしていきたいと思っています。たぶん・・・(^^ゞ 今年もよろしくお願いします。

e0060485_19572733.jpg
e0060485_1957573.jpg

 さて、この絵葉書は、明治42年にハワイ加哇(カワイ=カウアイ)島から山口県熊毛郡室津村(現在の熊毛郡上関町)へ届いた年賀状です。明治時代、山口県からは多くの人がハワイへ移民しています。こうして海を隔てて、故国の親戚や友人知人と手紙のやり取りをしていた人も多かったことでしょう。


「平城宮跡」の埋立て・舗装工事の即時中止を!
「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-01-01 00:00 | 骨董市・ガラクタ