e0060485_756948.jpg

e0060485_7573821.jpg

 昭和8年とありますから、今の天皇陛下です。内親王が何人も続いた後、やっとお生まれになったのでした。もう一日遅ければ、クリスマスイブが休日になるところでしたね。(^^ゞ 朝日新聞が出したメダルです。

e0060485_820255.jpg

 造幣局製?とても小さくて潰れていて、肉眼ではもっとわからないのです。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-10-26 06:35 | 骨董市・ガラクタ

e0060485_942719.jpg

e0060485_9114435.jpg


 この2つ、実は以前「陶片狂の玩具箱」というブログの中で取り上げていましたが、写真がピンボケであまりに質が悪いので(当時はその自覚なし。私が撮る写真はあんなものと思っていました(^^ゞ)、再度アップすることにしました。

 帝国在郷軍人会と愛国婦人会のバッチは骨董市でときどき見かけます。戦前の珍しくない徽章の代表選手かなと思います。干潟や川でたくさん出るものは時代のカケラと思い、熱心に拾う私ですから、たくさん見るとむしろ欲しくなります。それじゃ珍しいものは嫌いかといえば、もちろん好きですが。

 在郷軍人とはですね、戦前、召集され兵役につき除隊したあとは予備役というのになるわけです。家に帰って普通に暮らすけど、いざという時はすぐに召集されちゃうのです。その人たちを在郷軍人と言ったわけです。よくアメリカやオーストラリアの退役軍人会なんてのがニュースに出てくることがありますが、あれとは違い、在郷軍人は一応現役なわけです。その在郷軍人の会の徽章がこれ。他のバッチに比べてずっしりとしていて、作りが丁寧な感じです。

 愛国婦人会は戦前の婦人会で、明治時代に上流婦人の間で組織され、傷病兵や遺族の慰問、救護などをしたようです。後には一般にも広がったようですが、会費も高かったらしいです。後に大日本国防婦人会ができ、こちらは会費は安く、そのかわり出征兵士の見送りなど、銃後の活動にどんどん活躍しました。戦前の婦人会というと、どちらかというと私は国防婦人会の方を思い浮かべますが、愛国婦人会も国防婦人会も戦争末期には大日本婦人会というのに統合されてしまいます。このバッチ、裏に特別とありますが、骨董市で通常と書かれたものを見たことがあります。どうちがうのでしょうね。安全ピンの部分にはうまく写っていませんが半襟一掛とあります。半襟は襦袢の衿の汚れを防ぐために付けた襟で、一掛は半襟の数え方で、ひとかけと読むらしい。昔は刺繍をした豪華なものもあって、今より半襟を広く見せたとか。半襟に付けなさいってことかしら。

・・・と、まあ、だいたいこんなところだろうと思うのですが、あまり細かく書くとボロが出ますからね。なにかお気付きの点があれば教えてくださいませ。


「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-10-20 19:30 | 骨董市・ガラクタ

e0060485_9102354.jpg

e0060485_9142295.jpg

 たぶん昭和30年代後半~40年代はじめと思われる学習帳です。大きなマス目で、ひらがなや数字を書くようになっていますので、小学一年生用です。これもつい買ってしまったものです(^^ゞ 可愛いしね。左端は落書きがあるからと安くしてくれました。でも、実は私はこれが一番好きでした。

e0060485_9254432.jpg

e0060485_9263549.jpg

 鉄人28号とスーパージェッターです。なかなかうまく描けていますね。鉄人28号の左上に描かれた鬼?は何でしょうね。何かの悪役キャラかな。小学一年生のピカピカのランドセルに新入学用品として入れられるこの手のノート、実際に使う期間はとても短かったのを覚えています。使わなかったページや、余ったノートはたいてい落書き用となったのでしょう。

e0060485_10241357.jpg

 中央と右端のノートには文部省基準と書かれています。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-10-15 23:30 | 骨董市・ガラクタ

e0060485_812361.jpg

 骨董市に出かけても何も見つからない日は、わくわくの反動で侘しいものです。これはそんな日に100円で買った日露戦争の盃です。除隊の時配った盃は市にたくさん出ていて、陶磁器でもないし、これだけなら実は100円でも買わなかったのですが・・・

e0060485_8232068.jpg

e0060485_8255447.jpg

 裏にこんな文字が入っていたのです。浅野長勲といえば、広島藩12代藩主。最後のお殿様です。ま、100円だし・・・と、とりあえず買いました。

 兵隊盃には配った人らしい名前が書かれていることもあります。それでは最後のお殿様は日露戦争に従軍したのかしらん。しかし調べてみると長勲さんは1842年生まれでした。昭和の時代まで長生きされたようですが、日露戦争の時は還暦を過ぎておられます。幾らなんでもこれはないですよね。ではこれ、なんでしょうね。誰かの凱旋を長勲さんが祝ったのでしょうか。あまり真面目に調べていなくて申し訳ないのですが、何かお判りの方教えてくださいませ。 



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-10-09 08:12 | 骨董市・ガラクタ