e0060485_82860.jpg

 もう一匹見つけました。フォッサマグナミュージアムの庭に、まるでキノコのように、ぴょこっと生えてきたみたい。設置したのではなく、無計画に、勝手に生えてきたのではないかと・・・

 この雰囲気、幼体ではないですよね。胞子?はどんなふうに放出するのかな。まさか、この下に何か埋まってたりして・・・冬虫夏草の仲間だったらどうしよう。この大きさだと、宿主は昆虫ではなさそう。

e0060485_83882.jpg

 もしかしたら、まだ他にもいるのか、時間があったら探してみたい気がしました。これも作品の想定内なのかしら。
[PR]
by touhen03 | 2015-11-18 08:49 | その他

e0060485_1032262.jpg

 三日目、帰りの新幹線の時間まで、フォッサマグナミュージアムへ行ってきました。そのミュージアムの庭で変なモノ見つけました。

e0060485_10325662.jpg

 これがもっと大きな像だったり、作者の名や題などわかれば、むしろ気にしなかったかもしれないのですが、変な場所に無造作に置かれてます。小妖怪ですかね。棲んでいるのかしら?とはいえ、地面にしっかり固定されているようです。ミュージアムで捕まえたのでしょうか。

 フォッサマグナミュージアムは素晴らしいです。いろいろなタイプのヒスイを見ることができますし、糸魚川周辺の海岸や川で見かけた石なら、ここで出会うことができます。ヒスイや石についての良い冊子も入手できました。初心者向きで、しかも情報量が多いのがうれしいです。やはり一度は行ってみたい場所だと思います。しかし・・・外観くらい撮っておけばよいものを。(^^ゞ
[PR]
by touhen03 | 2015-11-17 07:14 | その他

城壁?の中のお地蔵さん

e0060485_1015121.jpg

 市振の海岸近くで、小さいけれど城壁のように頑丈な建物を見つけました。これは・・・?

e0060485_1020560.jpg

 お地蔵さんの祠なんです。残念なことに中の様子がうまく撮れていませんでした。赤い衣でお地蔵さんだとわかりますでしょ。(^^ゞ 鉄の扉までついてます。道のそばで、海岸はずっと向こうですけど、暴風雨の時は波がここまで来ることがあるのかな?

e0060485_10232759.jpg

 こちらは親不知の近くだったと思います。写真がピンボケm(__)m でも、岩をくりぬいて祠にしています。尾道市の浦崎へ行って以来、お地蔵さんの石製の祠を見ると気になってしまうようです。
[PR]
by touhen03 | 2015-11-16 23:05 | 県外の海岸と川

ツツドリ幼鳥の羽根?

e0060485_9271669.jpg

 越中宮崎海岸の林で、変わった模様の羽根を拾いました。ホトトギスやカッコウ・・・それにしては???と首をかしげるEさん。帰ってから調べてみました。私の持っていた鳥の羽根のポケット図鑑には見つからず、Eさんのヒントを頼りにネットで検索したら出てきました!ホトトギスやカッコウの仲間、ツツドリの幼鳥の羽根にそっくりです。

 尾羽の縁に白い斑点がある鳥はけっこう多いのですが、羽の軸に沿って白い斑点があるものがなかなか見つからなかったのですけど、ツツドリの幼鳥が尾羽を広げた写真を見るとよく似ていました。大きさも、小鳥よりずっと大きいみたいですし、巣立ちして間もないツツドリさんでは?と思うのですがどうでしょうね。まとまって落ちていましたから、何かに襲われたのでしょうね。(-_-;) でも、私はツツドリって知らなかったので、ちょっと嬉しい拾いモノです。
[PR]
by touhen03 | 2015-11-15 09:40 | 県外の海岸と川

越中宮崎海岸の林で

e0060485_95920.jpg

 越中宮崎の海岸に沿って松林があります。小さな巣が落ちていました。Eさん、〇〇かもしれないと言ったような気がするのですが・・・思い出せない。ま、何かの小鳥の巣。じっくり眺めました。ふわふわであったかそうですね。

 鳥の巣と言えば、私はカラスの巣に憧れています。カラスは光りモノを集めるとか。コーヒーカップのカケラなんか見つかることがあるそうです。カラスの価値観で拾われた陶片、欲しいなあと思います。カラスと話ができれば、食べ物と交換してもいいんだけどね。カラスの言い値で取り引きしますぜ・・・おっと、さすがにカラスは読んでないですね。(^^ゞ
[PR]
by touhen03 | 2015-11-15 09:12 | 県外の海岸と川

波のカケラ石

e0060485_919155.jpg

 どうしてもヒスイが気になりますから、他の石ころに目が行きにくいのですけれど、実は個性的な石もたくさんあったように思います。私が好きなのは「波のカケラ石」。これは探せばけっこう見つかりそうです。写真はその「波のカケラ石」です。大きな方は、ヒスイを洗う波の引き際です。小石の上をシャラシャラと音を立てています。逆の方向から写すべきでしたが、これも現地に置いてきてしまいましたからね。海の神様は美しいヒスイをちょっぴり隠しておいて、熱狂する人間たちを見ながら、手すさびにアート作品を作って、笑っていたような気がします。

e0060485_9205136.jpg

 ヒスイを探すと、石をよく見ます。真剣に見ると対象が違って見えるんです。このあたりは陶片と同じですね。もしかしたら広島の干潟の石にだって、アート作品が見つかるかもしれません。しかし、この手のもの、海の神様からの気まぐれで個人的なメッセージですから、うっかり読み取って持ち帰っていたら、後でとてつもないコレクションができてしまいそうです。キラキラ光っていたメッセージだけが、いつの間にか消えてしまって、白茶けた石となって残されていたりして・・・

次回からは糸魚川の海岸以外で見つけたモノの話です。
[PR]
by touhen03 | 2015-11-12 23:01 | 県外の海岸と川

親不知の海岸

e0060485_8312888.jpg

 午後から再び越中宮崎の海岸でヒスイを探した後、この日最後に寄ったのが親不知の海岸でした。昔から海の難所として有名な親不知。名前聞いただけでドキドキしましたが、実際はここ、道の駅親不知ピアパークの前で、夏は海水浴場です。そんなわけで海岸は人だらけ。「ヒスイハンター」だけでなく、家族で来て、石拾いをしている姿も見ました。ちなみに夕食はピアパークで食べましたが、刺身定食美味しかったです。このあたりの名物らしいタラ汁もついていて1000円。雰囲気からしてあまり期待していなかったのですが、お刺身もタラ汁も、へえ~と思うくらい美味。とってもお腹がすいていたせいばかりではないと思いました。

e0060485_856124.jpg

 親不知海岸、今では岸壁に沿うようにして道路ができています。
[PR]
by touhen03 | 2015-11-12 06:51 | 県外の海岸と川

ラベンダービーチ

e0060485_8191420.jpg

 この日の午後は再びヒスイ探しです。写真はちょこっとだけ寄ったラベンダービーチ。気になる名前ですよね。ここも果てしない石ころとテトラポット。糸魚川周辺の海岸の典型的な風景でした。でも、残念ながら何も見つかりませんでした。

e0060485_8264059.jpg

 おっと・・・クルミが1つありました。以前の記事でヒスイと一緒に登場してますけれど。川で見たクルミとよく似た割れ方をしています。ネズミかしら?
[PR]
by touhen03 | 2015-11-11 07:51 | 県外の海岸と川

流れ着く前

e0060485_7454095.jpg

 大小さまざまのとんがった石ころばかりの糸魚川の川で、オニグルミを見つけました。海岸でときどき拾ったオニグルミ。きっとこれは旅の途中かな。割れています。私が昔、北海道で拾ったり、頂いたりしたネズミが齧ったオニグルミはもっときれいな、まあるい穴でしたけどね。これもネズミかしら?
[PR]
by touhen03 | 2015-11-11 07:46 | 県外の海岸と川

3億年前の海のカケラ

e0060485_08112.jpg

 見つけました!小さな石灰岩のカケラですが、大きな石の中で見たようなモノが混じってます。

e0060485_085878.jpg

 左の青い円の中、ウミユリの茎?の部分らしいです。その隣の円の中は何でしょうね?私自身にはごく小さな化石を見分ける知識は無いのですが、どうやら・・・3億年前の海のカケラを手にしているようです。私の手の中に古生代の生物が眠っているらしい。うわぁ、すごいね。

e0060485_0121987.jpg

e0060485_0124514.jpg

 石の他の面のアップです。ひょっとして何か混じってても私には判らないので載せてみました。


 
[PR]
by touhen03 | 2015-11-08 23:32 | 県外の海岸と川