ガーネットの粒

e0060485_0375536.jpg

 またまたヒスイが出てきましたけど、今回はわき役、大きさの比較のため出てもらいました。(だったら、隣のオニグルミで十分だぞ・・・)下の石に赤い粒が入ってますでしょう。これ、なんとザクロ石!ガーネットらしいんです。

e0060485_17720.jpg

 俄仕込みなんで詳しいことはぜんっぜん判りませんけどね。越中宮崎の海岸でも、小さな茶色の粒の混じったのを拾いました。ヒスイの影に隠れて存在感が今一つですが、トルマリンだの、ガーネットだの、糸魚川周辺の海岸はまるで宝石海岸ですね。そんなにきれいじゃなかったりするけれど。市振で拾ったこれは、それでも、かなり大粒です。茶色というより、ちょびっと赤いし。結晶が輪切りになった状態らしいです。
[PR]
# by touhen03 | 2015-11-02 23:38 | 県外の海岸と川

市振海岸のヒスイ

e0060485_9201132.jpg

 波が激しく打ち寄せた後の、快い小石の動く音。ヒスイを洗う音。ザー、シャラシャラシャラ・・・

e0060485_9253410.jpg

 そして、ついに私も拾いました!現場の写真はありません。そんなもん、頭からきれいサッパリ抜けてました。隣のネズミが齧ったらしいオニグルミは、翌日、別の海岸で拾ったものです。大きさの比較に置いてみました。

 市振海岸の東の端、小砂利が波打際に積もっているあたりで、澄んだきれいな緑色!思わず掴んで、砂利に足を取られながら駆け上がりましたが、寄せてきた波に追いつかれ、膝まであるゴム長靴の上まで濡れてしまいました。遥か遠くにいるEさんに向かって、思わずガッツポーズ!

実は、明らかに澄んだきれいな緑色をしているからと言って、ヒスイとは限らないのだそうです。私はEさんに、ヒスイではない美しい緑の石も見せてもらっていました。たぶん大丈夫だろうとのことでしたが、翌日、長年ヒスイの加工、販売や鑑定をしている方にも見てもらいました。

そして、これ、嬉しいことにヒスイだそうです。ヤッター!
この日7時間程度歩いてました。そういえば2006年に見つけた時も7時間歩いた頃に拾いましたっけ。それくらい歩くと、素人でも運がよければ拾えるのかな?
[PR]
# by touhen03 | 2015-11-01 10:11

市振の海岸

e0060485_921984.jpg

 陽も少し傾いた市振の海岸。この海岸の東には「奥の細道」でも有名な親不知子不知があります。昔、東西の旅人にとって、ここは海の難所の出入口だったそうです。向こうでEさんが拾った石を確認しているのかな。細~く伸びた怪しい影は私です。

e0060485_984992.jpg

 ヒスイ拾い道具を持って、波打際を歩くEさん。

e0060485_9135864.jpg

 ヒスイを洗う波が、ここ市振の海岸にも激しく寄せていました。
[PR]
# by touhen03 | 2015-11-01 08:50 | 県外の海岸と川

市振の関所

e0060485_8253753.jpg

 Eさんと合流した初日、越中宮崎の海岸を歩いた後、向かったのは「奥の細道」で芭蕉が「一家に遊女もねたり萩と月」と読んだという市振。すぐ近くですが、こちらはもう糸魚川市、新潟県です。

 写真は市振の関所跡です。ここはなんと市振小学校の敷地。天然記念物の榎の古木が運動場の真ん中にどーんと存在します。根を傷めないためでしょうか、周りを囲ってありました。

e0060485_8541532.jpg

 古風な街並みの残る市振の町中で出会ったミケ猫さん。

芭蕉が泊った宿の跡とか、いわれのある井戸とか、おもしろそうな場所の前を歩いたのですが、いまだ拾っていないヒスイが気になっていたのでしょうね、私の心は海岸へ向かっていたようです。しかし、後で思い出してみると、ここは単に散策するのにも楽しい場所だと思います。
[PR]
# by touhen03 | 2015-11-01 07:55 | 県外の海岸と川

e0060485_9534310.jpg

 二日にわたって歩いた越中宮崎海岸ですが、私自身はここではヒスイを拾うことができませんでした。でも友人のEさんは、とても美しい緑色をした素晴らしいヒスイを拾いましたよ。
 
 ここはヒスイ以外にもおもしろい石がいろいろ見つかります。俄仕込みの知識ではありますが、拾ったものをご紹介しますね。左側の黒い点の混じった小鳥の卵みたいな石。黒いツブツブは電気石だそうで、トルマリンの一種だとか。その目で探すとたくさん見つかりましたので、小さくて可愛いものだけを贅沢に選んで持ち帰りました。

e0060485_0425716.jpg

 右上の濃い緑色の石たちはネフライト、軟玉です。これもメノウやヒスイと同じように乾いてもあまり白っぽくなりません。2006年の糸魚川旅行でも拾ったので、これはすぐ判りました。中にはとろっとして、かなり美しいものもあります。見つけるとけっこううれしいです。

 右端の白地に茶色の模様の入ったのはたぶん薬石。糸魚川駅のお土産品コーナーには、これで作った勾玉や小さな盃や数珠が、糸魚川産ヒスイのアクセサリーと一緒に売られていました。しかし、これ、ネットで検索してみたらパワーストーン系の話がいっぱいで、びっくりです。効能は知りませんが、模様のおもしろい石で、電気石とともに、これもこの辺りの海岸にたくさんありました。

 さて、この中に、石でないものが2つ混じっています。一つはネフライトの傍にある、完璧なビーチグラス。ここでは貴重品です。もう一つは・・・

e0060485_1017575.jpg

 電気石のそば、中央下あたりの白い石・・・、実は石に化けたガイシです。今回、ヒスイの海岸で拾った唯一の陶片です。無いんです、とにかく無い!もしかしたら、稀少性という意味ではヒスイ以上???かもしれません。本人?も肩身が狭いと見えて、必死で石のふりをしていましたが、その健気さに感動して拾って帰りました。(^◇^)

e0060485_047189.jpg

 そして、これ。実はヒスイなんです。私が拾ったものではなく、海岸で出会った広島県出身のヒスイハンターさんに頂いたのです。決して疑うわけではありませんでしたが(^^ゞ、後に私が拾ったヒスイとともに詳しい方に見てもらいましたら、やはりヒスイでした。確かにじっくり見て触ってみると、丸くなりきれず、角張ったままで肌触りがいいです。しかし、これ、たくさんの石の中からよく見つけたものです。私、ヒスイをたくさん見逃してますね~きっと。(^◇^)

そういえば、一つだけ紹介し残した石があります。てっぺんの、ビーチグラスの隣の赤い石。あれは何かって?見たまんまです。勾玉ですよ。きっと何か神秘の力があるに違いない。もしかしたら奴奈川姫様のメッセージではないかと思いまして拾ったのです。そのとおりでした。この後、私は運命の出会いが・・・なんだか、たちの悪い連続ドラマみたいですが、ほんとに拾いましたのでお付き合いくださいね。
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-27 23:54 | 県外の海岸と川

ヒスイを洗う音

e0060485_15195892.jpg

e0060485_15205343.jpg

 強い波がドーンと打ち寄せ、ザー、シャラシャラシャラと波が引きます。「石を洗う音がいいね」と言うと、「ヒスイの音だよ」とEさん。そうか、これはヒスイを洗う音なんですね。

e0060485_1524654.jpg

 波の後には、洗ったばかりの、ぴかぴかの小石が残ります。さっきまで隠れていたきれいなチビッコが出てきているかもしれません。なめらかで角張った白や、澄んだ緑色、ひょっとしたら憧れのラベンダーの美しい面をチラリと見せている石があるかもしれません。私はもう、乾いた石を探そうとは思いませんでした。いくら波を被っても出てきたばかりの石と運命の出会いをしたい!知識は足らないけれど、運が良ければ拾えるかもしれません。
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-25 15:21 | 県外の海岸と川

e0060485_14502650.jpg

 ヒスイの出る海岸は石ころだらけ。他の漂着物が非常に少ないのです。どこでも嫌と言うほど見かけるプラスチック類もあまり見かけません。陶片もビーチグラスも滅多にありません。石ころしかないのです。平坦な場所に見えますけど、ちょっと砂利が堆積した場所だと、ジャリジャリっと滑ってしまい、すぐに這い上がれず、波を被る。蟻地獄の蟻にでもなった気がしました。ツルツルした石ころのせいで漂着物も堆積しにくいのかもしれません。

 波の穏やかな日でしたけど、このあたりは波が不規則で、石が濡れているあたりまで、ときどき強い波が来ます。私は最初、常識を無視して乾いたところを歩きました。ヒスイに詳しくない私は濡れた状態だと、他の緑の石と区別がつきにくいと思ったのです。ヒスイやネフライトは乾いても他の石のように白っぽくなりませんから、それで見分けられるだろうと思ったのです。9年前に拾ったのはそんな場所でしたし。

e0060485_159414.jpg

 しかし、途中から私も方針を変え、素直に波打際を歩くようになりました。ヒスイハンターの数の多さを実感したからです。
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-25 14:57 | 県外の海岸と川

ヒスイハンターたち

e0060485_1434518.jpg

 この日も翌日も天気が良かったせいか、ヒスイのとれる海岸は、どこに行ってもヒスイ探しをする人達がいました。波打際をじっと見つめながら歩いていますから、すぐそれとわかります。

e0060485_1439646.jpg

 そして、みんなヒスイ拾い道具を手にしています。写真のこれは、なんと私と同じ広島県から来た人の持っていたもの。手作りなので、それぞれ少しずつ違いますが、掃除道具の先などに、お玉か茶こしを付けたものが多いようです。中にはひときわ長~い棒の先に熊手みたいなのを付けたのも見ました。波がヒスイを届けてきたら、真っ先に拾えそうです。私もこの手のものを貸してもらって使ってみました。慣れると、なるほど、これは必需品だと思いました。ヒスイの海岸は波が強くて不規則だからです。
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-25 14:38 | 県外の海岸と川

富山県・越中宮崎海岸

e0060485_85222.jpg

 さあ、やって来ました。と言っても、ここは糸魚川市に隣接した富山県朝日町です。二泊三日の糸魚川滞在中、ヒスイの拾えそうな海岸を幾つもハシゴしましたが、ここには二日間通いました。まとめてお届けします。とにかく広い。石だらけ。胸がすくほど砂利だらけ。この中にヒスイが混じってるんだ~!

e0060485_8591663.jpg

 9年前のヒスイ探しは一人で行き当たりばったりでしたが、今回は石好きのEさんが一緒♪ ヒスイ探しはこうやって、波打際を狙います。

アップしてから気が付きました。この写真は、後で行った別の海岸でした。m(__)m 似てるから気をつけなくちゃと、思ってたのに~ この海岸は後ほどご紹介します。ええい、もうこのままでいきます。m(__)m

e0060485_943143.jpg

 これこれ、この感じ。9年前とはいえ、しっかり記憶に残ってます。ヒスイのとれる海岸の石ころはきれいなんです。いかにもヒスイが混じってそうでしょ。すぐに我を忘れます。
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-25 09:02 | 県外の海岸と川

糸魚川駅前は青空博物館

e0060485_7512290.jpg

 さて翌日、糸魚川駅で友人のEさんと合流。駅前には翡翠の女神様とも言うべき奴奈川姫の像。怪しい腕はEさんが女神様からエネルギーを奪い取ってる・・・じゃなくて、頂いているところです。

e0060485_828061.jpg

 遠い昔の豪族たちの歴史の反映なのでしょうね。さあ、私は美しい石の生まれる越の国に入ったのです。

e0060485_81359.jpg

 駅前のこの石、後でフォッサマグナミュージアムや、駅の中や、お店の展示でも、たくさん見ました。たぶんヒスイだと思います。うわぁ~、こんなデカイの海岸で見つけても持って帰れないぞ。いやいや・・・ 思わず撫で回しました。ここから海岸までの道路沿いに、糸魚川でよく見かける石がずら~と展示してあり、女神様のそばのヒスイ以外は説明板まであります。海岸で同じタイプの石と出会いましたからね、ちょっとした青空博物館。これは歩く前に見ておくと楽しいかも。急いでいたせいで写真が無いのに気がつきました。(>_<)
それにしても、2006年に一人で糸魚川を訪れた時にくらべ、街がずいぶんきれいになってます。北陸新幹線開通の影響かしら。

e0060485_8174061.jpg

 石拾いとは関係ないけど、どうしても気になったのがこれ。タイムカプセルですって!この下に埋まってるのかしら。
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-25 07:56 | 県内の海岸と川