e0060485_1271195.jpg

 ここ、きれいでした。陶片はちっとも拾えないのですが、腹がたたないくらい歩いてて気持ちが良かったです。

e0060485_1305534.jpg

 観光客だらけの梅ノ橋周辺から橋一つ分上流へ行くだけで、川底の石ははっきり見えるようになります。木の葉の散った水面がいいでしょう。川の本当の良さは下りて水に触れてみてわかります。たとえ長年住んでいる町の川でも、川岸から眺めているだけでは、どこかよそよそしいままなんです。旅先の川だって、中に入って歩いてみたら、なんだか他人じゃないような気がしてきます。

 しかし・・・陶片は殆どありません。たまにあっても新しいもので、けっきょくここでは一つも拾えず。梅ノ橋で拾った小片が浅野川で拾った唯一のものとなりました。ま、今回の旅は珍しく陶片が目的ではないので、よしとしましょう。あまり疲れすぎないうちにと早めに切り上げ、ホテルへ戻りました。

さあ、糸魚川へ!
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-25 06:27 | 県外の海岸と川

天神橋と蝶

e0060485_1195091.jpg

 梅ノ橋から一つ上流の橋です。擬宝珠付きの鉄の橋とセイタカアワダチソウはよく似あいます。このあたりは下りて歩いたのですが、水がだいぶんきれいになってます。

e0060485_1235193.jpg

 これ、なんて種類なんでしょう。きれいな蝶でした。
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-25 05:57 | 県外の海岸と川

浅野川のにゃんこ

e0060485_0534366.jpg

 諦めきれずに良さそうな場所はないか少し移動してみました。

e0060485_0551785.jpg

 これは・・・お墓がありますし、お寺のようです。

e0060485_193263.jpg

 古い町には猫がいるもんですが、ここにもいました。首輪をつけているので、どこかのお家の飼い猫さんのようです。眠そうな顔をしてます。

e0060485_111614.jpg

 私に昼寝を邪魔されてしまいました。「まったく・・・もう、人間はうるさい」と思っているのかしら。だって、あなた可愛いんだもの。
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-25 00:44 | 県外の海岸と川

浅野川の陶片

e0060485_0211175.jpg

 川岸や橋からの眺めと、少し位置が違うだけで、石ころがずいぶん目立ってきます。陶片もありそうなんですけどね。

e0060485_022625.jpg

 梅ノ橋から浅野大橋に向かって丁寧に歩いてみましたけれど、陶片そのものが少ないです。

e0060485_0222791.jpg

 けっきょく拾ったのはこれだけ!型紙摺りの小片2つ。ま、記念品として持ち帰りました。この後、梅ノ橋から上流に向かって次の橋くらいまで、良さそうな場所を見つけては歩きましたけど、拾った陶片はゼロでした。
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-23 00:02 | 県外の海岸と川

e0060485_23345795.jpg

 梅ノ橋は明治時代に作られ、泉鏡花の作品の舞台にもなったとか。その後水害で2回流され、昭和53年に再建されたのだそうです。

e0060485_23441442.jpg

 梅ノ橋は歩行者、自転車専用です。

e0060485_2345737.jpg

 ミラーも景観に配慮しています。まあ悪くないけど、この手のこと、あまり徹底的にやらないでほしいです。街中これやると風景が嘘くさくなりますから。少しくらいなら良いけど。

e0060485_23514886.jpg

 梅ノ橋で感動したのは橋の上からの眺めでした。ビルも林立する都市の川なんですけど、なんだか美しいと思いました。

e0060485_23563568.jpg

 そして、これが下から見た梅ノ橋。実は鉄とコンクリートの橋だったのです。おもしろいですね。観光で来て、ちょっと見ただけでは木の橋だと思ってしまいそうです。ちょうどここに階段がありましたから、陶片が落ちていないか、橋の周りを探しました。
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-22 23:38 | 県外の海岸と川

e0060485_23515565.jpg

 こちらは上流側、向こうに見えるのは梅ノ橋。ひがし茶屋街という町並み保存地区のすぐ近くです。川岸は石積みで、雁木のような階段もありますが・・・川の中を見ると、これはヤバイかな。川底がかなりいじられていそうです。

e0060485_23523153.jpg

 入ってみましたが、陶片は新しいものさえありません。石に藻のようなものがビッシリくっついてます。水質は美しい風景ほどには良くないようです。うーん・・・対岸へ渡ってみることにしました。
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-21 23:52 | 県外の海岸と川

金沢市内・浅野川

e0060485_22435595.jpg

 なんてきれいなんだろうと思いました。ここは金沢市の街中です。お昼に金沢についた私は、ゴム長靴を抱えて、さっそく浅野川へやってきました。古い町並みの残った地域を流れる川、陶片があるに違いないと期待していたのです。姿の美しい橋は浅野大橋で、アーチの部分は大正時代のものだそうです。
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-21 22:44 | 県外の海岸と川

糸魚川石ころ紀行

e0060485_23522555.jpg

 新潟県、糸魚川へ行ってきました。以前から友人と一緒に糸魚川でヒスイや化石を拾う計画がありましたが、潮の良い春から夏は、私が陶片拾いで広島を離れたくないし、冬は海が荒れやすいので交通費のかかる旅にはリスクが高すぎる。そんなわけで秋の石ころ旅行となりました。旅の準備その他で、ちょっと時間を取られ、ブログが放置状態でしたが、今日から旅先の記事をアップしてまいります。珍しく陶片があまり出てこないシリーズです。(^^ゞ

e0060485_18232654.jpg

e0060485_18145364.jpg

 糸魚川は新潟県の西の端、富山県との県境の市です。北陸新幹線開通の影響か、ヒスイの地は以前訪れた時と比べて活気がありました。現地へ行くと、便利なチラシ類もたくさんあります。今回は3泊4日。最初の日は金沢に泊り、あとの3日間、糸魚川駅から富山県朝日町の越中宮崎までの海岸や川を歩きました。
[PR]
# by touhen03 | 2015-10-20 22:30 | 県外の海岸と川

e0060485_12522324.jpg

 さて恒例?、灘陶片のてんこ盛り一丁上がり!全部拾いきれなかったのですが、それでも大漁でした。来月からは午後の潮の引きも時間も悪くなりますから、尾道周辺の陶片拾いの旅は来年の春まで待つことになります。秋~冬は拾ったものの整理と、拾うなら広島市内の川などになります。

あっ・・・砥部の大切な陶片2つ、てんこ盛りに入れるの忘れた。(>_<)
[PR]
# by touhen03 | 2015-09-27 12:52 | 県内の海岸と川

浦崎町灘の陶片 その5

e0060485_7595971.jpg

e0060485_811848.jpg

 上段左端と、その隣は統制番号入りで「瀬358」と「岐97」です。右から二つ目は陶製おろし金。これも戦時代用品で時々出てきますね。右端はガラス製です。化粧品容器でしょうか。

 下段左端はおなじみ、吹き墨タイプの富士山柄の湯呑、昭和戦前人気があったようです。そして中央が昭和っぽい手描き皿ですが、目跡付きです。お皿の表面にロクロ跡もしっかり残っています。砥部産と思われます。右端は以前アップした子供茶碗です。
 
[PR]
# by touhen03 | 2015-09-23 22:30 | 県内の海岸と川