タグ:ガラス ( 56 ) タグの人気記事

e0060485_21464543.jpg

 広島市内を流れる天満川で拾った、溶けたガラス壜です。これを拾ったのは原爆の爆心地から1.18キロの広瀬橋に近いあたりでした。

e0060485_23252288.jpg

e0060485_23263626.jpg

 飴のようにぐにゃりと歪み、底の近くは溶けて板状になっています。これが原爆によるものなのか、ひょっとして何かの火災にあったのかはわからないのですけれど。

e0060485_2334788.jpg

e0060485_2344271.jpg

 広瀬橋付近から見た天満川です。岸近くの泥の中には陶片もけっこうあり、こんな場所から下りて拾うことができます。

e0060485_23491353.jpg

e0060485_23494762.jpg

 そして溶けたガラス製品を見つけることがあります。これは最近拾った、壜の底ではないかと思うカケラです。

今日は8月6日。70年前、広島に原爆が投下された日です。
[PR]
by touhen03 | 2015-08-06 00:08 | 広島市内の川

e0060485_22475285.jpg

e0060485_2250085.jpg

 上段左端は湯呑か盃。見込に印刻で壽の文字入り。このタイプ時々出てきます。その隣はままごとの食器です。こんなに小さくても銅版転写で細かく絵付けされています。これと同じパターンのものを幾つか拾っていますから、たくさん出回っていたのでしょう。その右隣は陶製人形ですが、例によって頭が欠けています。右端は重ね焼きの痕があり、同じデザインの皿を拾っています。砥部産の可能性が高い皿です。

 下段左2つはなんとなく拾ってしまったゴム印の碗と皿。福の字が入っている陶片は磯乞食の神様からのメッセージのような気がして、拾わないわけにはいかないのです。筏の絵の陶片、高台内に銘がありますが、統制番号ではありません。その右端の小片はたぶん湯呑です。実は以前に同じものを大きな破片で拾っていて、それには統制番号がありました。右端、黒いガラス瓶の破片も出ました。もしかしたら戦時下のものかしら。

 海老地区の干潟の陶片は計49個+ガラス壜1個 その内訳は

江戸染付あるいはその可能性の高いもの6 江戸時代?のすり鉢1 
灯明具1 土器類4 鉢或は片口1 沈子2
型紙摺り9(皿7 碗1 蓋モノ1)
銅版転写15(皿6 碗・湯呑・盃6 容器・蓋モノ2 お神酒徳利1)
人形・玩具2 その他近代モノ食器5

 全体に江戸時代から昭和までバランス良く出ています。それでも1回拾っただけにしては江戸モノがよく出た方で、土器類もやや多いと思います。以上、カメラの不調のおかげで、途中から写真が少なくなった浦崎半島の陶片拾いでした。 
[PR]
by touhen03 | 2015-08-04 23:18 | 県内の海岸と川

蓋付メヌマ壜

e0060485_9445938.jpg

e0060485_9494888.jpg

 一方こちらはガラス製のメヌマ壜。拾った時は汚れで蓋が金属製にも見え驚きましたが、プラスチック製です。このタイプのメヌマ壜としては比較的新しい、戦後のものだと思います。でも、蓋が付いているのがうれしいです。

e0060485_9473523.jpg

e0060485_9511969.jpg

 戦前のものも、同じように底にエンボス文字がありますが、右から左へ書いてあるのに対して、これはもう現在と同じ、左横書きとなっています。しかし、一瞬、右からマヌメと読んでしまう私が怖い・・・
[PR]
by touhen03 | 2015-04-25 23:11 | 呉線沿岸

e0060485_1035948.jpg

e0060485_1054980.jpg

 昭和の陶片が比較的少ない御寺の干潟ですが、それでも緑の二重線入りの国民食器は出てきました。軍隊や工場などで大量に使われたようです。今回拾った上段左端と中央は丼の蓋と小さな破片で、戦時下の統制番号は確認できませんでしたが、国民食器は統制番号入りの確率が高く、戦時下とその前後の時代に量産されたようです。

 上段右端は私が「緑の縦縞」と呼んでいるもの。こちらは国民食器と違って統制番号は入っていない場合の方が多い気がしますが、統制番号入りもあります。見つけるとつい拾ってしまいますので、強調され過ぎて、他のよくある昭和モノとのバランスを欠くかなとも思うのですが、しかし、やはり目立つのは事実です。干潟で出会い、模様のパターンもすべて干潟で覚えた、生粋の海岸陶片?だと思っています。

 中段の盃二つ。小ぶりで、縁にぼかしたような色がついた、変わった形の高台を持つ、こんなタイプの盃も時々出てきます。右端の高台は桜の花の形をしていて、軍隊を除隊する時に配った兵隊盃にも確かありました。左の盃は高台が「福」の字かも。この手の盃には絵が描かれていることも多いのですが、骨董市のものと違い、干潟から出たものは上絵がたいてい剥げてしまっています。陽に透かしてみましたが、右の盃は残念、判りませんでした。左の盃は上絵が少しだけ残っていました。

e0060485_10263958.jpg

 左の盃、内側のアップです。ズボン?、いやこれは袴かな。刀を構えている武士でしょうか。

 下段左端は吹き墨タイプの飯茶碗、昭和戦前の飯茶碗には、こんな霧吹きしたような模様も多い。昭和よりも古いものもあるようですけれど。その隣はエンボス模様付き陶製フック。その隣のガラス片は大正浪漫な氷コップの縁。かき氷を盛ったお洒落な器、ハイカラなものが出てきましたね。右端のガラス容器は底にエンボスで「ヘラ入」とあります。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-07-26 21:42 | 広島の島

e0060485_5395733.jpg

e0060485_5414696.jpg

 玩具や容器などを集めてみました。上段左端の麦わら帽子の陶製人形、元は色がついていたはずです。海岸や川から出てくると剥げてしまって、たいていこんな感じです。

 上段中央二つはままごと用だと思いますが、左側の細かい銅版染付の方はけっこう出てきます。実は近代の紅を入れた容器とそっくりなんです。この手の紅の容器は本物も小さいのですが、こちらはもっと小さい。もしかしてままごと用の紅皿?玩具の紅皿も実際あるようですが、これらのすべてがそうなのかどうか。サイズが近いので、そのまま縮めてままごとの食器のデザインとして使われたのかもしれません。実際はどう売られていたのでしょう。右側の小さな蓋の方も鎌倉で拾われたものの中に同じものがありました。右端の真中に穴のあいたのは何に使ったのでしょうね。

 謎と言えば、下段左端。エンボスの模様がありますが重量挙げ?でも、それにしてはバランスが変。中央は時々出てくる戦時代用品っぽい容器。統制番号は入っていません。

e0060485_6231353.jpg

 下段右端はガラス瓶ですが、美しいので気に入っています。少しいびつで細かい気泡もあります。

e0060485_6233686.jpg

 ガラス瓶の底には、ちょっと見づらいですが、「フエキ」とエンボス文字があります。フエキといえば糊。これまでも拾っていますが、楕円形のタイプは初めてです。

これで今回の原川・梅迫川河口の陶片は終わりです。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-09-02 05:40 | 広島の島

e0060485_8312699.jpg

 なんと、ガラス製石けりも出ました。ガラス製石けり、広島では鞆で大量に出ていますが、特徴を覚えてしまったせいか、他の海岸でも、たまにカケラを拾うようになりました。しかし、ころっと素敵に完品で出てきてくれたのは鞆以外では初めてです。

江田島市江南~飛渡瀬の陶片拾い記事、飛渡瀬の河口で止まってますが、河口の陶片を紹介した後、また江南の干潟へ戻りますので、もう少しお付き合いくださいね。




「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-05-30 08:31 | 広島の島

能美中町のガラス瓶

e0060485_0161967.jpg

e0060485_027419.jpg

 味の素瓶と大学目薬瓶です。味の素瓶はバチ型ですがスクリュー付きですし、大学目薬瓶もスポイドを収納する溝がついているコルク付き小瓶より新しいタイプです。そこそこの時代のものが出ました。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-05-06 23:31 | 広島の島

e0060485_1114789.jpg
e0060485_111588.jpg
 指の先サイズのビーチグラス、これはいけるかもと持ち帰りましたら、へへへ・・・ピンポーン!ウランガラスでした。
[PR]
by touhen03 | 2010-07-25 11:03 | 県内の海岸と川

これは何でしょう

e0060485_23233921.jpg
e0060485_2324310.jpg
 これも因島高校前の干潟で拾いました。時計のエンボス付きです。なんでしょうね。実はひょっとしたらウランガラスでは・・・と少し期待したのですが違うようです。
[PR]
by touhen03 | 2010-06-23 23:22 | 広島の島

目薬瓶2つ目!大学目薬

e0060485_1146643.jpg
 漂着物の帯が続くこのあたり、陶片はあまり期待できません。それでも一応見て歩きます。ところが、ここでもう一つ完品の目薬瓶を発見しました。漂着物の帯の一番海側、海藻の細い筋のなかに透明な小瓶があったのです。こんどは大學目薬の完品でした。
e0060485_12293839.jpg
e0060485_1236040.jpg
 写真左端もこの干潟で拾った薬瓶です。横に継ぎ目があるタイプで、エンボスはありません。口の部分が欠けてますが、目薬瓶と並べると配色も良いですね。この日ロート目薬と大學目薬という、戦前目薬界のスーパースター2つを同時に手に入れました。陶片は少し不運でしたが、これでまあ良しとしましょう。
[PR]
by touhen03 | 2010-06-20 11:42 | 広島の島