タグ:妄想系 ( 45 ) タグの人気記事

e0060485_82860.jpg

 もう一匹見つけました。フォッサマグナミュージアムの庭に、まるでキノコのように、ぴょこっと生えてきたみたい。設置したのではなく、無計画に、勝手に生えてきたのではないかと・・・

 この雰囲気、幼体ではないですよね。胞子?はどんなふうに放出するのかな。まさか、この下に何か埋まってたりして・・・冬虫夏草の仲間だったらどうしよう。この大きさだと、宿主は昆虫ではなさそう。

e0060485_83882.jpg

 もしかしたら、まだ他にもいるのか、時間があったら探してみたい気がしました。これも作品の想定内なのかしら。
[PR]
by touhen03 | 2015-11-18 08:49 | その他

e0060485_1032262.jpg

 三日目、帰りの新幹線の時間まで、フォッサマグナミュージアムへ行ってきました。そのミュージアムの庭で変なモノ見つけました。

e0060485_10325662.jpg

 これがもっと大きな像だったり、作者の名や題などわかれば、むしろ気にしなかったかもしれないのですが、変な場所に無造作に置かれてます。小妖怪ですかね。棲んでいるのかしら?とはいえ、地面にしっかり固定されているようです。ミュージアムで捕まえたのでしょうか。

 フォッサマグナミュージアムは素晴らしいです。いろいろなタイプのヒスイを見ることができますし、糸魚川周辺の海岸や川で見かけた石なら、ここで出会うことができます。ヒスイや石についての良い冊子も入手できました。初心者向きで、しかも情報量が多いのがうれしいです。やはり一度は行ってみたい場所だと思います。しかし・・・外観くらい撮っておけばよいものを。(^^ゞ
[PR]
by touhen03 | 2015-11-17 07:14 | その他

ウニが化けた小皿?

e0060485_17522831.jpg
e0060485_17525759.jpg
 神社のカワラケを少し大きくした程度の薄手の小皿です。表面にポツポツとウニの殻を思わせるような穴があります。写真には微かにしか写っていませんが、裏にもポツポツがあります。これ、たぶんデザインではなく窯での失敗ではないでしょうか。もしかしたら、ウニが化けたのかもしれません。あるいは陶片がウニ化したのか。広島の干潟にはオカメブンブクの殻をよく見かけます。似島のこの海岸にも多いので、彼らと陶片が交流を深めることも十分に有り得るのではと私は思います。
[PR]
by touhen03 | 2009-09-27 17:53 | 似島

e0060485_222286.jpg
 今月6日、鞆へ行ってきました。しかし、今回は久しぶりだったのに・・・無い。陶片はごろごろしているのだけれど、拾いたいものが無い。けっきょく、保命酒容器とガラス製石蹴りの破片を幾らか拾っただけでした。これでは幾らなんでも帰れない。仕方がないので早めに切り上げて、鞆のすぐ隣、田尻町の海岸を歩き、そこそこの陶片を拾って帰りました。何回かに分けてお届けします。
e0060485_229479.jpg
 夏枯れの鞆の干潟に猫が・・・可愛いでしょ。 (ーー;)ふぅ
[PR]
by touhen03 | 2009-07-20 22:10 |

にょきにょき 魔窟的美

e0060485_16304740.jpg
 水のあるところ、生物あり。これも歩道のコンクリから生えてきた妖魔・・・じゃなく植物さん。
e0060485_16375399.jpg
 小さな株ですが、美しいと思いました。子鬼(胞子、それとも種子?)もたっぷりつけてます。実は冬虫夏草の仲間で、ドブネズミ茸の一種だったりして。寄生するのはもっと大きな哺乳類でも構わな・・・冗談じゃない、妄想終わりっ!私からにょきにょき生えられてたまるもんですか。

さて、次回からはこの魔窟で拾ったお宝です。
[PR]
by touhen03 | 2009-04-12 16:35 | 広島の島

ミルキーウェイ

e0060485_10153889.jpg
 桜の散るアオサ?は玉藻とでも表現しましょうか。蜘蛛の巣にかかった蝶のように、薄く張った汚れの膜につかまった桜の花びら。旧兵学校の川はどこまで行っても桜の中を歩くようでした。
e0060485_10252631.jpg
 ワンポイント飾り。
e0060485_10252976.jpg
 卵とじ・・・じゃなくて、これはどう名付けましょう。
[PR]
by touhen03 | 2009-04-12 10:15 | 広島の島

浜田竜?発掘現場

去年12月浜田旅行番外編 第2弾
e0060485_2247382.jpg
 エマさんから頂いていた貴重な画像をご紹介します。国府海岸の砂の中に、なんと恐竜の骨が埋もれていたのです。ステゴサウルスの一種のようですね。大きくて写真撮るの大変でした。なにしろ、私とエマさん、恐竜の背中の板の下に隠れてしまって見えないんです。それなら、どうやってこれを撮ったのかですって。・・・(ーー;)うーんと、とにかく奇跡的なスクープ写真ですねえ。(^◇^)v
[PR]
by touhen03 | 2009-01-04 22:59 | 県外の海岸と川

e0060485_23514012.jpg
 浜田市の畳ケ浦や国府海岸に近いある家の軒先で、少なくとも10年以上飼われています。久しぶりに訪れたら、相変わらず元気でいました。以前に比べると嘴の色などやや薄くなっています。年を取ったのでしょう。鎖で繋がれていますから、時には暴れることもあるのでしょうか。

さて、新しい年の始まりにあわせて、このブログの名前を「陶片窟日記」と変えました。「陶片茶房」同様、これからも宜しくお願いいたします。

この子の名前をヒツジサルトリと決めました。ほんとうにそんな生き物に思えてきました。^m^
mimi_daikonさん、ありがとうございます。
[PR]
by touhen03 | 2009-01-01 00:06 | 県外の海岸と川

波子海岸の未確認生物

e0060485_8454496.jpg
e0060485_846589.jpg
 国府海岸には妖怪アナゴカエシがいましたが、こちらは鳥?それとも河童?海岸に適応した種でしょうか。どうやら蛹で冬眠中に見えます。河童なら、羽化した状態を見たいですね。
[PR]
by touhen03 | 2008-12-28 08:57 | 県外の海岸と川

石ころ妄想

e0060485_23112832.jpg
e0060485_23114384.jpg
 いや、なに、青いガラス片です。何のつもりかって? へへへ・・・スリランカとか、アフガニスタンとか、宝石のよく出る地域がありますよね。たいていは穴なんか掘って大変なようですが、どこだったか、表面採集できる場所をテレビで見たことがありましたっけ。

新潟県、糸魚川の海岸でヒスイはこんなふうに目だってました・・・

ネタが無くなったわけではありません。明日から、波子海岸の記事をアップします。12月6~8日の旅行ネタ、まだ続いています。年末は雑用も多いので、ひょっとしたら年を越すかも。(>_<)
[PR]
by touhen03 | 2008-12-23 23:12 | 県外の海岸と川