タグ:海岸と川の動植物 ( 52 ) タグの人気記事

宮島のアサリ

e0060485_2247328.jpg

 今回は陶片が拾えなかった時のため、カイカキを持っていきました。そして1時間半陶片を拾った後、掘ってきましたアサリも!アサリのポイントは陶片とは違うので、波打ち際まで移動します。昔は30分もあれば家族で1回食べるくらいは掘れましたけど、今はそんな甘っちょろいものではありません。5回も10回も掘り返し、コツンと微かな当たりを感じたら、運が良ければ2〜3個続けて獲れたりします。体力勝負ですが、それでも丸々と太った貝を、干潟の泥からポコッと抜き取った時の嬉しさは格別です。

e0060485_233275.jpg

 これが1時間半追跡した獲物です。潮干狩りというより、狩猟ですね。ワラビでもツクシでも、人一倍夢中になって採るタイプの人なら楽しいです。人間には狩猟本能があるのだなあと実感できるのが宮島の潮干狩りです。これでも家族3人で食べるには十分でした。スーパーのアサリなんかとは味が違います。うわ〜、美味しいっ!幸せ一杯。以前、人工干潟でアサリの奇形が目につきましたが、宮島のアサリに奇形はありませんでした。真っ黒の泥の中から、太った健康なヤツがごろごろ・・・とはいきませんが、努力すれば捕獲できます。
[PR]
by touhen03 | 2016-03-20 23:00 | 宮島

アマモ場

e0060485_8272846.jpg
 因島高校前の干潟では、私が日頃歩いている場所であまり目にしないものを見ました。アオサではなく、陸上の草そっくりの植物がびっしり生えていたのです。
e0060485_8295566.jpg
e0060485_8303510.jpg
 これ、アマモでしたよね、たぶん?これが生えているっていうのは海がきれいな証拠でしたっけ。ここはけっこうきれいな海なのですね。
e0060485_833087.jpg
 アマモは河口の淡水が繁殖に必要と書いてありました。そういえばこの干潟の端に、陶片の一つもない、コンクリートで固めた小さな河口もありました。
[PR]
by touhen03 | 2010-06-22 07:36 | 広島の島

マンジュウボヤ

e0060485_6443189.jpg
e0060485_6444398.jpg
 これも河口に近いあたりで見つけました。マンジュウボヤです。このブログをはじめてまもない頃、呉線沿岸の工場裏で同じものを見つけたことがあります。 どうもコヤツは排水の流れてくるような汚れた場所が好きなのでしょうか。気味の悪さでは、もしかしたら私の嫌いなフナムシやヒザラガイ以上かもしれないのですが、なぜかコレは平気で触れます。地球外生命っぽい雰囲気がありますね。まだ地球征服を諦めていないようです。
[PR]
by touhen03 | 2010-05-25 06:46 | 広島の島

河口のエイ

e0060485_6382175.jpg
e0060485_6384062.jpg
 陶片はいまひとつでしたが、大きな白い腹を見せて横たわるものが・・・エイでした。最近増えているらしいですね。アサリを食べる困り者らしいです。ひっくり返してみました。尻尾が無くなっています。ひょっとして漁師さんの網にでも掛かって捨てられたのでしょうか?

※ 
尚 nao.さんから、アサリを食べるのはナルトビエイで、これはアカエイだと教えて頂きました。てっきり私の大好物のアサリを盗み食いしたヤツだと思ってしまいました。冤罪でした~m(_)m

[PR]
by touhen03 | 2010-05-25 06:38 | 広島の島

e0060485_22314753.jpg
e0060485_2232246.jpg
 食べた後の殻ですみません。m(_)m でも、ちゃんとポリデントのお風呂に入れてたんぱく質溶かしましたから、サラサラお肌で清潔そのものですわん。 縁を見てください。不定形なんです。表からだと少しへこんでいるくらいにしか見えませんが、裏から見ると異常が歴然としています。
e0060485_0344980.jpg
 こちらも縁がおかしい萎縮しています。なんて言うか・・・体調の悪い時の爪みたいだと思います。
e0060485_042443.jpg
 これは持ち帰った変なアサリのすべてではありません。小さな異常なら、もっともっとたくさんありました。

これは、いったいどうしたのでしょうか。実は以前、回転寿司でアサリ汁を食べた時、あれっと思っていたのです。なんだか殻の形が変でした。奇形なのか、それとも、ひょっとしたら輸入品で、日本のアサリとは違う近縁種なのだろうか、そう思いながら食べたことがありました。いったいなぜでしょう。去年は私は潮干狩りをしませんでしたが、一昨年は同じ場所に来ており、その時は何も思わなかったのです。気づかなかったのでしょうか。今までもアサリはこんな形のものがたくさんあったのに、たまたま一つ気がついたために気になっただけでしょうか。

(追加記事)
 久しぶりの潮干狩り、アサリの様子がなんだか変に思えて、その驚きのまま書いてしまいました。しかし、記事にしてみると、私の実感だけに頼ったもので、以前との正確な比較もできていない。個人のブログとはいえ、気になりはじめました。尚 nao.さんや三河人さんから、アサリを過密に撒くことが原因の奇形、あるいは、台風や潮干狩りでアサリの殻が傷ついたための自己修復ではないかとの情報が寄せられました。ありがとうございます。まあ、それなら、とりあえず食べることに関しては大丈夫そうです。

 しかし、アサリが昔と違っている。これは、むろんこの人工干潟だけのことではないように思います。宮島で14年前から陶片を拾うついでにアサリを掘ってきましたが、ここ何年か前から目に見えてアサリが獲れにくくなりました。ほんの少し前まで、広島湾内のいろいろな場所で観光潮干狩りをやっていましたが、だんだんどこもやらなくなっています。身近な干潟は埋め立てられてなくなり、干潟があっても、アサリなど食べる気になれないほど汚れていたりします。小さな子供を連れて、家族で潮干狩りができる場所など少なくなりました。私の母の頃には、笊で砂をゆすってとるほどアサリが多かったそうです。アサリは地元の干潟で食べる分だけとるから、干潟の生態系の範囲をこえなかったのでしょう。今のように、一箇所に砂が見えなくなるほど人が押しかけてアサリに襲いかかったのでは、マトモなアサリを望む方が間違いなのかもしれません。
[PR]
by touhen03 | 2010-05-04 22:33 | 広島の島

アサリが変です!その2

e0060485_22283115.jpg
e0060485_2228452.jpg
e0060485_22291356.jpg
 変な形のアサリが多いのは気になりますけど、何が原因かは知らないけれど、まあ、一回食べたくらいでどうかなるものでもあるまいと、私はそれでも1キロ程度持ち帰りました。アサリ汁好きなんですもん。明日はアサリ汁って決めてましたし、体に悪そうくらいで止められるものですか。できるだけ変な形のアサリは獲らないようにしたのですけど、それでも持ち帰って食べてみると、うわっ、すごい。例えばこれ、陥没アサリ。表から見ても、裏から見ても異様です。味は・・・美味しかったです。やや軽めの音が気になっていましたが、おかしいと思って捨てたのは一つだけ、あとはすべて食べられました。身も、この季節らしく、みんな太ってたっぷりしていました。どうやら殻が薄くて軽かったのかもしれません。
[PR]
by touhen03 | 2010-05-04 08:18 | 広島の島

アサリが変です!その1

e0060485_8123477.jpg
e0060485_22265549.jpg
e0060485_8124847.jpg
 変な形をしたアサリが多かったのです。一番上の写真を見てください。口を尖らせたようなアサリです。その下は別のアサリで、茹でた後の殻ですが、状態がよくわかります。アサリが潮を吹く時の管が出るあたり?がめくれあがった感じです。こんな形が目立ちました。3枚目は私が今まで見慣れた姿のアサリです。ふっくらとした豊かな形をしています。このブログを書いているうちに、こんなにアサリをしみじみ見たことは無かったことに気がつきました。もしかしたら、アサリって形が様々でしたっけ?でも、今回見ただけで変だと思ったのです。なんだか気味が悪くて、変な形のものはできるだけ拾わないようにしましたので、1キロ拾うのに、いつもより時間がかかりました。

 ここのアサリは面白いことに、大きさが揃っています。まだ獲ってはいけないような小さな貝がめったになく、そのかわり、おおーっ、こんなに大きい!と感動するような大きさのアサリもあまりありません。その意味では粒ぞろいなんです。私はアサリをとり出したとき、干潟の泥にポコッと穴のあく快感をできれば得たくて、つい広島の干潟っぽい場所を掘り返してしまいますが、実はここで楽にたくさん掘る気なら、そんな場所でなく、泥が、水で溶いた小麦粉のようにドロドロになった場所を手でかき混ぜた方が早いようです。1キロ550円で掘らせてもらう観光潮干狩り場。恐ろしいほどたくさんの人が一斉に干潟を掘り返し、アサリに襲いかかるわけですから、まあ仕方がないのでしょう。以前はこの季節、宮島あたりで陶片を拾った後、アサリも一食分くらいタダで掘って帰っていました。しかし今では、短時間で片手間に獲れるほど、タダのアサリは甘くありません。

かっといって、タダでないアサリも大変だろうなと思います。なぜなら重さで買うのに、アサリ自体の目方が以前より軽いような気がしたからです。この季節、アサリの身は太っているはずですが、拾って袋に放り込むと、カチャカチャと妙に軽い嫌な音がします。変なのが混じってるかな、煮る前によく確認しないと砂汁を食べるハメになるぞ、それにしても一粒一粒が大きさの割りに軽いような・・・大勢の人間に毎日襲われて痩せたかな?などと考えながら拾っていました。
[PR]
by touhen03 | 2010-05-04 08:12 | 広島の島

4月の似島

e0060485_033682.jpg
e0060485_22345697.jpg
 17日、久しぶりに似島へ行ってきました。ここは生物、ガラス瓶、陶片の宝庫です。陶片に棲み付いたフジツボ、ヤッコカンザシ?、ナミマガシワ、カキ、ヒザラガイ、海藻、何かの卵、エビを小さくしたようなワラワラうごめく生物たち、を一つ一つ掻き落としながら、美味しいスガイは小袋へ放り込んで、ひたすら陶片をひっくり返す。
e0060485_2243216.jpg
 これが今回の成果。新鮮とれとれの陶片です。
[PR]
by touhen03 | 2010-04-24 22:34 | 似島

魚のアラに群がる

e0060485_083633.jpg
e0060485_095319.jpg
e0060485_0101382.jpg
e0060485_0103243.jpg
 これもある日の鞆です。この干潟へ通うまで、私はアオサギに対して、川の中で一羽だけ凛として立っている、孤高のイメージがあったのです。それがここでは、群れでやってきます。バサバサと羽ばたいて派手に喧嘩します。撒かれた魚のアラを丸呑みするところを見ることもできます。大きなアオサギの群れのそばで、カラスもカモメも負けずに餌を漁っています。
[PR]
by touhen03 | 2010-04-17 00:10 |

満艦飾

e0060485_235033.jpg
e0060485_23501362.jpg
e0060485_23503244.jpg
e0060485_23505750.jpg
e0060485_2351916.jpg
 去年のある日、鞆の干潟にて。なかなか壮観でした。波打ち際でアオサギやカラスが狙っているものは魚のアラ。大量にではありませんが、実は魚のアラをちょっぴり撒いているおばちゃん達がいるのです。アラが干潟に残ったりはしないようです。鳥達がみんな食べてしまうのでしょう。良し悪しはわかりませんが、私は楽しんでしまっています。
[PR]
by touhen03 | 2010-04-16 23:38 |