e0060485_23413024.jpg

e0060485_23422729.jpg

 同じタイプを複数枚手に入れましたので、一枚だけ切り取ってみました。子供の頃は、印刷してある小物も大切に切り取っていましたっけ。駄菓子屋さんの紙人形は、後姿のついているものと、表だけのものが混在していました。裏表があるものは切り取った後、糊でくっつけてから遊びます。私は後姿付きが嫌いでした。たいてい印刷がずれていましたし、一枚よりも丈夫なように見えますが、うっかり何かに引っかかると、変にかたい分だけ無残に首が折れたりしやすかったのです。裏なんて想像力でカバーする方が良かったのです。緑のブラウスに赤いスカートの衣装は着せてみると黒髪の少女のものでした。みんな2着ずつ服を持っていたわけです。男の子の服、色違いにできなかったのかなあ。

e0060485_8583837.jpg

e0060485_8591430.jpg


 こんな風に爪の部分を折って着せます。首の部分がカットされていなかったので、ハサミで切りました。こんなことありましたっけ・・・印刷のズレは当たり前でしたが、遊びの肝心の機能に問題があるなんて。これ1枚300円だったのですが、まさか今できのレトロ玩具ではないかと微かに疑っています。

 しかし、私は人形の首まわりの記憶がはっきりしません。なぜなら、私はこの爪を使ったことがなかったからです。だって紙製ですから、一度折り曲げたら汚い跡がつくではありませんか。もうピカピカの美しいままではなくなります。それではどうやって遊んだのかって? お人形は床や机に並べて、そおっと上に衣装を置いたのです。私が後姿を必要ないと思っていたのはそれも理由でしょうね。必要ない後姿の部分はどうしたか。捨てませんでした。仕方なく糊付けしました。もしそうしなければ、大切な美しいお人形が、いわば部品の欠けた不完全なものになってしまう気がして嫌だったからです。

 なんだか不便な話ですが、それでもちゃんとストーリーのあるお話の中で遊んでいました。紙製は布のように材料の制約を受けませんから、豪華な衣装や変わった衣装も多くて、空想遊びには便利でした。でも箱にしまう時にはとても気を使ったものです。腕の部分が本体から飛び出している形のものとか、特に大事にしているお人形は必ず上の方に置きました。箱から出す時も、腕や首が他の人形と絡まって折れたりしないよう気をつけていました。それでもときには足首に折れ跡がついたりして悲しかったものです。私は紙人形を他の子に触らせるのが嫌でした。紙人形はたいてい一人遊びだった気がします。

 私は爪なんかなければよいのにと思っていました。それなら切り取ればよかろうにと思いませんか。でも、決してそれはしませんでした。思いつかなかったのではなく、絶対にノーでした。爪を切り取ったら、もう完全なものではなくなるからです。このあたりチョコエッグの完品、未組立、説明書付きでないとダメっていうのと少し似てなくもないです。(^◇^)紙人形の衣装のなかには爪が肩だけでなく、斜めにもついているのがあって、これは嫌でしたね。

 紙製着せ替え人形はグリコのオマケとともに、小学生の頃、かなり長い期間集めた玩具でした。雑誌の付録、駄菓子屋もの、ノート人形、多数の人形を箱から取り出しては楽しんだものです。私はわりと最近まで紙人形の爪は実際には使われていなかったのではと本気で思っていたのです。ところが聞いてみると、みんな爪を使って遊んでいました!当たり前かしらん。どなたか私も爪なんて使いませんでしたっ!!って人いませんか。あれ邪魔でしたよねえ?



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-04-21 22:40 | 骨董市・ガラクタ

e0060485_22144148.jpg

e0060485_22153938.jpg

 東広島市安芸津町での陶片拾いシリーズが終わったところで、今度は骨董市で見つけてきたガラクタです。ちょっと年齢バレのネタですが・・・ この紙製の着せ替え人形、ある年齢以上の女性でしたら懐かしいのではないでしょうか。切れ込みの部分を注意しながらはずし、裏表あるものは糊付けしてから遊びます。このタイプの着せ替え人形は駄菓子屋さんで売っていて、ド派手な色と、微妙にずれた安っぽい印刷が懐かしいです。

e0060485_23372172.jpg

 一口に紙製着せ替え人形と言っても、私の記憶ではグレードがありました。最高級品は学年誌の付録でついてくるもので、人形の絵もきれいだし、印刷も紙質もよくて丈夫だし、お姫様の衣装や、その頃の少女の憧れだったバレエの衣装がたくさんついていたからです。お人形遊びではたいてい主役を務めました。その次が今回アップしたような駄菓子屋さんの紙人形。けっこう種類があり、泥臭いけれど、よく見るとそれなりに可愛い顔をしているものもあって、駄菓子屋さんへ行くと新しいものが出てないかチェックしたものでした。そして一番底辺?のお人形だったのが、ノートの裏表紙に印刷されたもの。昭和40年代、少女向きのノートにはオマケとして着せ替え人形が印刷されていました。たいていはあまり可愛い絵でない上に、小さなノートの片面に印刷されているだけですから、衣装の数も少ないし、自分で切り抜くため微妙に手足の線が汚くなりました。可哀想にこれらのノート人形たちは、お人形ごっこではその他大勢の役とか、シンデレラの意地悪なお姉さんの役なんかが回ってきていました。それでも不思議なことに、ノートを選ぶ時、着せ替え人形が付いているかどうかはある程度大切な要素だったのです。

e0060485_23385618.jpg

 私は箱いっぱい紙人形を持っていました。それはお人形ごっこで必要な数をはるかにこえていて、遊び道具であるとともに、どこかコレクションのニオイのするものでした。しかし子供の収集物とは不思議なもので、あんなに大切にしていたのに、いつのまにかなくしてしまい、今は記憶の中にしか残っていません。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-04-21 22:16 | 骨董市・ガラクタ

号外!ウランガラス独楽

e0060485_23144293.jpg
e0060485_23152926.jpg
 拾った時は気がつきませんでした。実はこのタイプのサイコロ独楽、広島ではオシャレな駄菓子屋や民芸品店で時々見ていたので、つい最近のものではと思ってしまったのです。でもYUKIさん達のご指摘で、試しにブラックライトを当ててみたところ、ドンピシャ!ウランガラスでした。そして、この独楽自体も今のレトロ商品ではないことがわかりました。ありがとうございます。日常光の中で撮った単独写真が無かったので慌てましたよ。電灯の光の下ではどうもぼんやり写ってしまいます。
[PR]
by touhen03 | 2009-06-14 23:14 | 広島の島

ガラス瓶と石蹴り

e0060485_915156.jpg
e0060485_916135.jpg
 どうでーす、これ!この歪み、気泡の入り方。ヒビは入ってますが、全体が残っています。石蹴りも出ました。鞆以外では滅多に出ていません。しかも宮島や似島で拾ったものはほんの破片です。

さて、今日は休みで天気も良し!写真も撮れるし、陶片の整理もできる。それではっ・・・
[PR]
by touhen03 | 2009-06-14 09:23 | 広島の島

e0060485_7145393.jpg
 今回の鞆の陶片です。江戸時代の染付が出ませんでした。細かく見ていくとそれなりに面白いのですが、ま、陶片の方はいまひとつですね。軍用食器かもしれない白い器の底部分が出ています。縁だと判断しやすいのですけど・・・
e0060485_7234688.jpg
e0060485_72495.jpg
 ままごとの食器がまた出ました。今まで鞆で拾ったままごと食器&他の海岸や川のままごと食器はこちら→
e0060485_7402691.jpg
 鞆は子供のモノがよく出ます。石蹴りも例によって出てきました。 
[PR]
by touhen03 | 2009-04-08 07:23 |

波子海岸の未確認生物

e0060485_8454496.jpg
e0060485_846589.jpg
 国府海岸には妖怪アナゴカエシがいましたが、こちらは鳥?それとも河童?海岸に適応した種でしょうか。どうやら蛹で冬眠中に見えます。河童なら、羽化した状態を見たいですね。
[PR]
by touhen03 | 2008-12-28 08:57 | 県外の海岸と川

青い目の人形

e0060485_736746.jpg
e0060485_737885.jpg
 今日は雛祭りなので、人形ネタをもう一つ。この絵葉書には、米国加洲代表人形カリフォルニア嬢とあります。たぶん昭和2年(1927年)にアメリカから日本へ送られた「青い目の人形」の中の1体だろうと思います。「青い目の人形」とは、宣教師シドニー・ルイス・ギューリック氏の発案で、アメリカ全土から日本各地の小学校や幼稚園などに贈られたお人形で、パスポートや手紙なども持っていたそうです。戦時中は敵国のスパイ、仮面の親善使節などと呼ばれて、竹やりで突かれたり、焼かれたりしたケースもあり、現存する人形は僅かです。このカリフォルニアちゃんは、その後どうなったのでしょう。ネットでちょこっと検索したくらいでは判りませんでした。カリフォルニアちゃんは消えてしまった人形の一人なのでしょうか?

「青い目の人形」について詳しくはこちら→「青い目の人形資料館」http://www.ne.jp/asahi/saitama/it/museum.htm
[PR]
by touhen03 | 2008-03-03 08:54 | 骨董市・ガラクタ

e0060485_22552123.jpg
e0060485_22553729.jpg
 鞆で拾ったペロペロ。バックの色が違いますが、それぞれ一番写りが良かったのです。(^^ゞ かなり摩滅しています。外側にイボのような突起がありますが、実はその上にも、よく見ないと判らない程度の突起があります。もしかしたら小さな取っ手があったのかもしれません。

 ペロペロとは、小さなガラス製の容器に入った砂糖菓子です。食べた後、ままごとの食器として使うことができました。昔、駄菓子屋さんで売っていたようです。海岸でも拾われて、いろいろな方のブログに出てくる人気者でもあります。私もやっと1つ、完品ではありませんが拾うことができました。\(^◇^)/
e0060485_2322989.jpg
 これは頂き物のペロペロです。北海道のお菓子問屋さんの跡地から拾われました。ベーゴマ型のものもあります。たぶんこれもペロペロの一種か。
[PR]
by touhen03 | 2008-02-25 23:35 |

11月の鞆の陶片

e0060485_0523548.jpg
e0060485_0384619.jpg
 12月に11月ネタを復活する、季節はずれの陶片茶房です。府中大川も一段落したことですし、そのままになっていた11月10日の鞆の陶片をアップしておきます。左の方には江戸後期~幕末くらいの小片が幾つも。保命酒の狸さんの間に、備前焼の角瓶の小片も混じっています。これは狸さんよりレアモノなので、どんなに小さな破片でも拾います。近代初期モノ、それから青磁と銅版転写の染付をあわせた皿も、うれしかったです。もっと大きな破片で残っていたら面白かったのに。陶製のおろし金は鞆では常連さんですが、この回も拾っています。
e0060485_050464.jpg
 ガラス製石蹴りは珍しく少なくて、たった1個だけ。青い小瓶は今回も思わせぶりに首だけで出てきました。この次は丸ごと出てきておくれ!
e0060485_0565094.jpg
 陶片の重さでずっしりと沈んでいる鞆の干潟。埋立予定地の水気たっぷりの泥にしっとり濡れて、陶片たちは何を思っているのでしょうね。
[PR]
by touhen03 | 2007-12-05 01:02 |

e0060485_619653.jpg
e0060485_6201051.jpg
 これは千座の岩屋のある浜田海岸で拾ったボールです。みずえ まさや君と名前があります。メッセージボトルではありませんが、こんなのはいろいろ想像できて楽しいです。

e0060485_6291566.jpg
 朽ち果て系玩具です。ここまで来ると味があって拾わずにはいられません。朽ち果ててない玩具でも拾ってしまうことが多いのですが・・・ ちぎれたバイク、これは味があってうれしかったです。真ん中の人形は表裏も判りにくいほどですが、たぶん背中側かなと思っています。よく見てくださいませ。斜めに傷があります。斬殺体のようです。

e0060485_639397.jpg
 マクドナルドにはハッピーセットというお子様用のセットがあります。それには玩具が1つついています。そのハッピーセットの玩具の一部でしょうか。実は私、ハッピーセットの玩具が新しくなる度に、買わないまでも、どんなものか店先でじっくり見る習慣?があります。好奇心を刺激された時は、ハッピーセット買ってしまうことさえあります。最近、少なくともここ何年間か、こんなカゴ付きあったかしら?と思うのです。部品は記憶に残らなかっただけかもしれませんが・・・もっと古いものか、それとも台湾、中国、韓国あたりのものだったりして。だったらいいなと思って拾ってしまいました。Mのマーク以外に残念ながら文字は入っていません。マクドナルドに問い合わせてみるとわかるかもしれませんが、まだやっていません。
[PR]
by touhen03 | 2007-11-08 06:51 | 県外の海岸と川