タグ:街中の漂着物 ( 31 ) タグの人気記事

去年12月浜田旅行番外編 第8弾
e0060485_21375917.jpg
 せっかく「陶片窟日記」と名前を変えたのに、陶片と関係のない街ネタばかり続いてますが、浜田市の畳が浦・国府海岸周辺は手作りアート作品の宝庫なんで、一度紹介したいと思っていました。この際ですのでもう少しおつき合いくださいね。鄙びた漁港を背にゴミステーションで微笑む女の子、実はこれ、ここだけではないのです。
e0060485_2145783.jpg
e0060485_2149507.jpg
e0060485_21501660.jpg
 ほら、ここにも、あそこにも、海岸からバス停まで歩く間にこれだけ・・・
e0060485_21523960.jpg
 ちなみに、この子のゴミステーションには生きたイノシシなんか入ってたりすることもあるのでしょうか? どの看板も内容は一緒ですが、絵は一つ一つ違っているのが手作りっぽくて良いですね。
[PR]
by touhen03 | 2009-01-06 21:56 | 県外の海岸と川

昭和64年3月竣工の橋

去年12月浜田旅行番外編 第7弾
e0060485_21223922.jpg
 何年も前、「海辺の散歩」の浜辺の掲示板にアップしたネタですが、面白いので再度ここでも取り上げます。国府海岸前のこの橋、実は非常に珍しい時代に作られています。
e0060485_2126979.jpg
 たぶん早めに出来上がっていたのでしょうね。^m^  私好きです。すごく気に入ってます。これからも直したりしないで、旅人に不思議な空間を提供してほしいと思います。
[PR]
by touhen03 | 2009-01-06 21:34 | 県外の海岸と川

去年12月浜田旅行番外編 第6弾
e0060485_1004326.jpg
e0060485_1011229.jpg
 畳が浦の入り口にあるお店の看板狸さんはこのとおり、元気に働いていました。うれしかったです。この子はもしかしたら、塗り直しをしているかな?昔撮ったデジカメ以前の写真を探してみなくちゃ。
[PR]
by touhen03 | 2009-01-06 10:06 | 県外の海岸と川

去年12月浜田旅行番外編 第5弾
e0060485_9452251.jpg
 こちらのキティちゃんウキ人形は個人商店の子です。何とか元気でしたが、微妙な場所にいますね。(^^ゞ街の美化活動に頑張っているのかもしれません。
e0060485_9453995.jpg
 この辺りのウキ人形は標語やメッセージ付きが多かったのですが、このキティちゃんも典型的な「畳が浦・国府海岸周辺ウキ人形」の特徴を持っています。将来ウキ人形の鑑定士(^◇^)を目指される方、比較的保存状態の良いこの写真を参考にして頂ければと思います。
[PR]
by touhen03 | 2009-01-06 09:55 | 県外の海岸と川

去年12月浜田旅行番外編 第4弾
e0060485_957121.jpg
e0060485_9104342.jpg
 浜田の畳が浦、国府海岸周辺はかつてウキアートでいっぱいでした。これも昔はきれいにペンキが塗られたドラえもんでしたが・・・ここ何年か別の趣が漂っています。久しく訪れなかったので無事?かどうか気になっていましたが、ますます苦悩の度を深めながら存在していました。見るからに優等生だった若い頃より味はあります。これはこれで悪くないかもしれません。
e0060485_9193429.jpg
 こちらは別のウキドラですが・・・さすがにもう天国へと旅立ってしまったようですね。
[PR]
by touhen03 | 2009-01-06 09:27 | 県外の海岸と川

山のホームセンター

写真もったいないので、山ネタもう一つ。
e0060485_212277.jpg
 いるのね、やっぱり・・・森のクマさん!里山からの帰り、道端のホームセンターの入り口でこの看板を見つけました。今は冬ですから、もう熊さんは冬眠中・・・なら、こんな派手に宣伝してないですよねえ。(>_<)
e0060485_2193365.jpg
 山沿いの道の鄙びた店は、なかなか魅力的な看板、宣伝だらけでした。
e0060485_2111424.jpg
e0060485_21133543.jpg
 「寅壱だったら垢抜けた~♪」真っ赤な作業着を着て、怪しげな禿げ頭のオジサマが踊っていた寅壱のCM、あれは全国版だったのでしょうか。最近はちっともCMしてくれないので淋しいです。ホームセンターの窓に下がったCM入りのカーテン? 大漁旗みたいで、ちょっと素敵でしょう?
e0060485_21194011.jpg
 カッコイイ地下足袋。イラストもいいですね。エマさんと二人で大うけでした。
e0060485_21205371.jpg
 「竹ボ~キ」も売っていました。
[PR]
by touhen03 | 2008-12-15 21:25 | 県外の海岸と川

学園橋付近・道端の陶片

e0060485_145017.jpg
 おっ、重ね焼きの痕のある陶片が道端に埋まってます。これは掘り出して持ち帰りました。
e0060485_16241.jpg
 こちらは型紙摺りの碗です。小さな破片ですが、これも記念にゲット。砥部の町は川にも畑にも、そして道端にも陶片があります。良い町です。
[PR]
by touhen03 | 2008-06-09 01:12 | 県外の海岸と川

e0060485_025511.jpg
 川岸に立っている砥部分校はデザイン科で、校舎には大きな陶壁画もあります。この町の窯元には、ここの卒業生も多いようです。
e0060485_028831.jpg
e0060485_0483556.jpg
 私が怖々下りた階段の周囲には小さなサイコロ形のベンチがたくさんありました。すべての面に違う絵柄の陶板がはめ込まれていました。よく見ると一つ一つがとても丁寧なんです。草だらけの忘れられたような場所に、これはいったい・・・
e0060485_0464069.jpg
 なんと、分校の卒業生の作品だったのですね。平成8年と言えば、私が陶片と出会った年だったなあ。この時の卒業生はもう30歳くらい。町の若手陶芸家となって活躍している人もいるのかな。
e0060485_0495565.jpg
e0060485_0501434.jpg
 雨の中だったけど、楽しかったよ・・・
[PR]
by touhen03 | 2008-06-09 00:59 | 県外の海岸と川

歩道のトリック・アート

江田島おまけシリーズ その4
e0060485_8523552.jpg
e0060485_8524984.jpg
 旧海軍兵学校の川、本浦川に沿った歩道のフェンスには、可愛い絵が描かれています。これには、ちょっとおもしろい仕掛けがありました。
e0060485_8545926.jpg
 これ、何かわかりますか?上の写真、一番手前の絵です。あの可愛い顔の絵をすぐそばで見るとこうなんです。
e0060485_8582497.jpg
 こちらは鳥の絵。遠くに離れると、楽しい絵になるように作られているのです。こんなフェンスがあったら、歩くのが楽しくなりますね。
e0060485_904562.jpg
 ちなみに、この通りは「あい・あい」ロードと呼びたいそうです。あい、あい!
[PR]
by touhen03 | 2008-05-04 09:03 | 広島の島

ツクシの群生地

e0060485_23195733.jpg
 ここは通勤途中に見る、ある会社の門です。ツクシは家の近くの川土手でも、一番よく生える時期に辛抱強く探して歩けば幾らか採れますが、一ヶ所にこんなに群がっている場所など、私はもう見たことがありません。この金網、下は隙間が開いていて、手が楽に入ります。おまけに、この門は開きっ放しで、ちょこっと後ろに回れば、そんな努力さえ要らないのです。ただ・・・致命的なことに、ここは大きな道路に面しています。歩道の横なんです。いくら男性でも、昼間はあまりに目立ちすぎて無理でしょうが、夜中の酔っ払いには、そんなことは関係ないでしょうからねえ。すくすくと良い育ち具合なのも、もしかしたら軽犯罪的肥やしのせいかも・・・と勘ぐられ、横目で眺めて通るだけです。みんなそう思うのか、それとも忙しくて気がつかないのか、毎年ここに生えるのですけど、誰も摘んだりはしないようです。
e0060485_23405886.jpg
 金網の中にカメラを入れて撮りました。毎年春になると、私はこの群生地が気になって仕方がありません。小さな固い、ハカマの詰まった姿から、どんどん伸びて、この写真のような見事なツクシになり、そして今ではもう、残らず長けてしまいました。ああ終わったな・・・と、小さく空気の抜けたような気分です。今年も小さな春が一つ、ひっそりと幕を閉じました。
[PR]
by touhen03 | 2008-04-03 00:03 | その他