タグ:陶片海岸・陶片川 ( 124 ) タグの人気記事

鞆港を歩く その2

計画が実現すれば埋め立てられてしまうらしい場所を歩いてみました。
e0060485_0564383.jpg
そこは生活のにおいのする、雑然として平凡な海岸で、裏庭のような、勝手口のような干潟でした。特に観光客が喜びそうもない、でも、広島湾の島を歩いて見慣れた風景でした。そして、この干潟の端に、焚場跡があります。昔、木造船の手入れや修理をした場所だそうです。
e0060485_1242157.jpg
そして、浜へ一足踏み出したとたん、見つけたのが明治の型押し小皿でした。かなり保存状態が良いです。
e0060485_1182517.jpg
場所によっては、夥しい陶片に覆われているような場所もありました。
e0060485_1204421.jpg
こんなに陶片密度が濃い場所は滅多にありません。そして、その質も宮島に劣らないかもしれません。陶片を探し始めて、たぶん10分もたたないうちに、裏の高台部分の釉を剥いで鉄釉を塗った、17世紀後半の日本製の青磁らしい破片を見つけてしまいました。宮島を10年歩いて、たった2つ拾っているタイプです。
e0060485_1331660.jpg
今回拾ったものの写真です。埋立予定地で拾ったものが2/3、残りの1/3は「いろは丸展示館」のそばの雁木の下で拾いました。左上の方の茶色の陶片は狸の形をした保命酒の瓶、その横も保命酒瓶でいずれも戦前のもの。その隣にあるドーナツ状に鉄釉を塗ったのが17世紀の青磁皿らしいものです。右側の染付はみな江戸陶片です。
e0060485_138448.jpg
明治の型押し小皿、明治らしい染色体模様の湯呑、印判皿、陶製人形の足、統制番号陶片、呉線沿岸の地名、安芸津の名前入り、お相撲さんの土鈴、それにガラス製品。ガラスの石蹴りもありました。陶製の沈子などは拾う気なら、幾らでもありました。

初めての場所は陶片の多いポイントもわからないので、どうしてもロスが多いのですが、それでも、とても質の良い陶片がこんなに拾えました。この他に今回はつい拾わなかった明治の型紙摺りなども、無数にありました。

鞆港を歩くのシリーズは、しばらく続けるつもりです。
[PR]
by touhen03 | 2006-06-12 01:53 |

瀬野川、海田町河口付近

e0060485_2338496.jpg
我が町、海田町を流れる瀬野川の河口近くへ行ってきました。実はここでの陶片漁りは初めてです。町の中心部、一番賑やかな場所なので、ちょっと目立つなあ・・・と、どこかで躊躇していたのかもしれません。でも、ついにやってしまいました。写真は明神橋で、広島市内中心部への主なバス路線です。この一つ前のひまわり大橋の下から歩いて、明神橋、海田新橋の下を抜けてもう少し先まで、歩きやすい所を中心に陶片を探してみました。上から見た時にはそれほど陶片が多いとは思わなかったのですが、降りてみてびっくり!橋脚付近を中心にかなりの数の陶片がありました。家の近くの畑賀川と瀬野川が合流する地点からしばらく、あまり陶片がありませんでしたので驚きました。やはり河口には集まりやすいのかもしれません。
e0060485_003051.jpg
写真に納まる範囲に、陶片がこれだけあるのは、かなり陶片密度が高いと言えます。大きな橋の下で、ちょっと陰気な場所ですけど・・・川というのは、河口でも、近所の小川でも、土手や橋の上から眺めたのと、川の中を歩いて見たのでは、雰囲気がかなり違います。見慣れた川のはずなのに、こんな場所だったのかとちょっと驚きました。
e0060485_025356.jpg
江戸時代の陶片もけっこう見つかります。
e0060485_035032.jpg
最後の橋、海田新橋付近から海田湾の方向を写しました。河口近くとは言っても、ここから先、牡蠣養殖の業者や工場の建物などが続き、海まではもう少しあります。写真の砂地が尽きるあたりまでは歩きましたが、先の方に陶片はあまりありませんでした。
e0060485_021827.jpg
今回の成果です。漂白剤に浸けたまま写しました。江戸時代~昭和戦前くらいまで。江戸陶片も、けっこう大きな破片が幾つも見つかりました。ガラス製の化粧品容器の完品も拾いました。

(訂正)
国道2号線が明神橋を通っていると書きましたが、実は海田新橋の方でした。さっき訂正しました。明神橋を通っているのは県道の方らしい。40何年も生活していて、今回ちょっと地図を見て初めて頭に入りました。わあ~お恥ずかしい。m(__)m 私は車を運転しませんので、いつもバスで移動します。国道2号線上のバス停から乗って、海田の中心部で、国道2号線、31号線、と別れ、県道(たぶん)を通って終点の広島バスセンターまで行くわけです。私は道路というものをバス路線として覚えていたのですね。乗れば私にとっては一本道。他の道路は車で移動する人達のための脇道だった!家の近くの大きな道路が国道2号線だってのは子供の頃から知っていましたもの、バスの座席でぼーっとしているうちに、私になんの断りも無く国道2号線じゃなくなっていたなんて!
[PR]
by touhen03 | 2006-05-01 00:29 | 海田町の川

有田の川

e0060485_947251.jpg
3ヶ月ぶりに有田の川を漁ってきました。今回は天候に恵まれず、2日目に雨が降り、歩くことができたのは、いつもの1/2から、せいぜい2/3程度でした。写真は天候に恵まれた15日のものです。しかし、この日も水嵩はやや高く、藻のようなものも繁殖していたため、陶片が見えにくく、そのうえ滑りやすくて、歩くだけで大変でした。重たいものを持つとバランスが崩れて危ないので、よほど気に入ったものだけにし、特に重い窯道具は拾わないことにしました。遠くから拾いに行く場合、川は海よりも博打?の要素が大きいようです。海ならその日波が高くなければ大丈夫ですし、広島のように遠浅の場合も大潮の干潮時を狙えばよいわけですが、有田のような小さな川でも雨が降ればたちまち増水して、歩くことができなくなり、晴れても、しばらくは影響があります。仕事の休みを利用して行くしかない場合、かなり辛いものがあります。それでも、どんな凄い陶片が出てくるかわからない有田の川は魅力があります。
e0060485_9474822.jpg
時にはこんな大きな瓶のカケラも出てきます。蛸唐草の模様が雑なので19世紀のものです。左側のものなどは幕末近い頃のものではないかと思いますが、完品だった時は堂々たる姿をしていたでしょう。右側の破片は、特に大きなもののようで、左側のものとは器壁の厚みも違います。
[PR]
by touhen03 | 2006-03-21 09:53 | 県外の海岸と川

e0060485_2535264.jpg
e0060485_2483215.jpg
これは有田の川と、そこで拾った窯道具です。窯業産地の川だけあって、こんな道具が山ほど見つかります。もちろん、古い陶片も。今年も良いモノが拾えることを祈って・・・
[PR]
by touhen03 | 2006-01-01 02:54 | 県外の海岸と川