タグ:陶片海岸・陶片川 ( 124 ) タグの人気記事

e0060485_1555289.jpg

 干潟の周囲はかなり手が入っていそうだし、いっぽう干潟はハクセンシオマネキなんかもいて、ヘドロっぽくドロドロしたところが少ない。ゴミゴミしていない。陶片はあるのかな・・・ありました。コロンと1つ。型紙摺りタイプの小皿。

e0060485_15593874.jpg

 ちょっと歩くと、また一つ。これも型紙摺りの皿の縁。型紙摺りが出てくるのは悪い知らせではないのですが、陶片密度が低い~!!

e0060485_16132462.jpg

 少し歩くとまた一つ。広島の陶片海岸には集中して出る場所があるものなんです。宮島のように比較的満潮線に近いところに多いとか、似島の長浜海岸のように波打際に多いため、春から夏の大潮の干潮ピークを狙って歩かないといけないとか、鞆のように、わずか100メートルくらいの狭い範囲に小石とレンガと瓦と陶片とガラスが煮詰まっているとか、陶片の出るポイントというものがあり、時間がなければポイントだけ狙って歩くことができます。

 しかし、ここは満潮線近くの乾いた砂浜にも少しだけ陶片があり、小石混じりの、陶片が一番ありそうな場所にも少しあり、小石の混じらない細かな平らな泥の部分でもやはり見つかる。小さな河口もあって、たいてい陶片のポイントなのだが、まあ少しある。こんな広い干潟の場合、波打際近くはないことが多いけれど・・・あった。目がなれてくると、ここでも場所によって多少の偏りはあることが解ったけれども、集中して出てくるというほどではないのです。広い干潟に均等にまき散らしたような感じです。絵にならない、ブログの写真どうしてくれるんだ!それでも、拾っているうちにビニール袋が重くなりすぎて、リュックを置いている浜の階段口に獲物を置いてこなければなりませんでした。

広い干潟ですから、密度は低くても数は溜まる・・・いえいえ、それが、陶片の質が良いのですから。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-07-20 15:33 | 広島の島

e0060485_11183767.jpg

 やや陶片密度が高かった場所がここでした。貝殻が堆積した場所から牡蠣棚の下まで、陶片が散らばっていました。

e0060485_1129479.jpg

 江戸時代らしい左端の陶片、見込みの文字は「大明成化年製」か。高台内に書かれることが多いのですけどね。ちょっと古い薬の小瓶も牡蠣棚の近くで拾いました。

 さて、次は今回の高田の陶片全体のご紹介。


「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-06-22 11:19 | 広島の島

e0060485_10433450.jpg

 江田島市高田は、こんな感じの細い砂浜、干潟が続きます。干潟への階段は多くはないのですが、一度下りると、細々と繋がっていて、ずっと歩いていけます。

e0060485_1051120.jpg

 広島の海岸では定番の漂着物といえば、牡蠣養殖のプラスチック棒と、細かい発泡スチロール片。ここでももちろん、このとおり。

e0060485_1057403.jpg

 柑橘類もちらほらと。これも広島の島の海岸ではよく見かけます。絵に描いたような広島の海岸です。たまに陶片があれば、新しそうでも一応ひっくり返して確かめます。

e0060485_115476.jpg

 このクラゲもときどきいますね。これはちょっと小さい個体。地味ですね、このシリーズ。(^^ゞ でも、実はこんなこと、ときどきあるんですけどね。

e0060485_11135819.jpg

e0060485_11145410.jpg

 陶片は・・・なかったわけではないです。陶片密度は低いのですが、けっこう歩きましたからね。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-06-22 10:33 | 広島の島

e0060485_9511959.jpg

 まずは高田港すぐそばの小さな場所へ。下りてみましたが、すぐにこれはダメかなあ。

e0060485_9542443.jpg

 これだけ!統制番号入りは底の部分のみ。お人形も生地を流し込んで作ったタイプのようで、あまり古くはなさそうです。記念品レベルでした。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-06-22 09:48 | 広島の島

e0060485_8133092.jpg

e0060485_934498.jpg

 江田島市飛渡瀬で拾った後、同じ江田島市の高田へ移動しました。ここは能美中町や飛渡瀬、江南へ行く時、船で通過する場所で、小さな干潟や砂浜が細く続いている様子が気になり、一度は行ってみたいと思っていました。期待したほど陶片は出ませんでしたが、記録として残しておこうと思います。地味~な記事です。(^^ゞ



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-06-22 09:20 | 広島の島

e0060485_945829.jpg

 しかし・・・いたるところ陶片だらけだった河口ですが、めっきり陶片が少なくなっていました。特にある程度時代のあるものは激減。広島の陶片拾いでは、宮島や鞆など幾つかの例外を除くと、たいてい3回目くらいで獲物がガクンと減ります。ここも3回目です。でも台風の後など出てくるかもしれないと期待してしまいます。

e0060485_10123034.jpg

e0060485_10131763.jpg

 今回拾ったもので、一番数が多かったのが銅版転写モノでした。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-06-18 06:17 | 広島の島

e0060485_8544923.jpg

e0060485_8553956.jpg

 実はこれ、5月ネタです。先週の日曜、新しい陶片海岸を発見しましたが、整理がすんでおりませんので、とりあえず、まだアップしていなかった江田島市での陶片拾いでございます。

 広島は潮の干満の差が大きく、満潮時はたいていの場所が歩けなくなります。拾い始めは干潮のピークの3時間前からが相場で、陶片拾いもハシゴがしにくい土地柄なのです。しかし河口は別。もっと早くから歩ける場合も多い。ここ飛渡瀬の河口も、堤防の外側はまだ水で満たされていますが、内側は予想通り水が引いていました。そんなわけで、今回の目的地、江田島市高田へ向かう前に、1時間程度拾ってみました。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-06-17 22:58 | 広島の島

e0060485_11142977.jpg

e0060485_11563852.jpg

 干潟への階段を下りるとすぐ、たくさんの陶片が迎えてくれました。こんな感じだといやでもテンションが上がります。

e0060485_11543569.jpg

 おおっ、明治時代の染付便器。金隠しの内側、牡丹の花です。これが見つかると良いモノが出るというジンクスがあります。(ホントかな)同じものを持っていますので、これは置いてきました。ちょっと惜しかったかも。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-05-05 11:13 | 広島の島

e0060485_102454.jpg

 先月の半ば、久しぶりに呉市倉橋町へ拾いに行きました。島ですが橋で繋がっていて、呉駅からバスで行くことができます。ここ釣士田港は旧倉橋町と旧音戸町の境目になります。ここは2010年の5月に陶片を大量に拾った場所です。この写真は着いてすぐに写したもの。干潮のピーク3時間前です。


e0060485_10353321.jpg

港内に干潟があり、小さな漁港の雰囲気なのですが、けっこう大型船が停泊していて、干潟から見ると迫力があります。こんな船が入ってくる港に干潟があるのは珍しい気がします。たぶん、干潟のすぐ近くで水深が深くなっているのでしょう。

e0060485_104816.jpg

 護岸側から拾って歩くうちにだんだん干潟が顔を出してきます。



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2014-05-05 10:24 | 広島の島

e0060485_0464051.jpg

 見てください!陶片の佃煮ができそう。決して広い範囲ではないのですが、この陶片密度ときたら!



「平城宮跡を守る会」http://narapress.jp/hjk/
[PR]
by touhen03 | 2013-06-08 23:56 | 広島の島