タグ:陶片 ( 559 ) タグの人気記事

旅の破片

e0060485_929650.jpg

e0060485_9295119.jpg

 似島で拾ったこれ、なんだと思いますか?釉は多少掛かっているみたいですが、側面はブツブツとした感じで、とても粗末なしろものです。海岸や川でたまにみかけたことがあり、最初は戦時下のものだろうかと思っていました。

e0060485_9385134.jpg

 実はこれ、汽車茶瓶の湯呑だろうと思います。今のようにペットボトルなどの無い昔は、旅をすると、駅弁と一緒にお茶を入れた粗製の茶瓶を買っていました。骨董店で買ったこの茶瓶には国鉄の動輪マークが入っています。下の数字は、何回撮ってもうまく写らなかったのですが、たぶん特許と読める文字がありますので、その番号でしょう。この手の茶瓶、大正時代から昭和30年代くらいまで売られていました。そんなに古いものではないのですが、これを買っての旅に、今とは違う旅情を感じます。

e0060485_947458.jpg

 こんなふうに湯呑を重ねて売っていました。蓋も兼ねていたのです。

e0060485_9511272.jpg

 湯呑はやはりブツブツとした肌をしています。コストを下げるためにできるだけのことをしたのでしょう。

e0060485_10192754.jpg

 上から撮ってみました。持ち手は細い針金です。

e0060485_1020159.jpg

 底はこんな感じ。

 たまには持ち帰った人もいたらしく、海岸や川からも汽車茶瓶は出てきます。ただし、粗製の茶瓶は割れやすかったか、今まで拾ったものは粉々でした。海岸や川で見つけるためには、パーツの特徴を覚えておく必要がありそうです。
[PR]
by touhen03 | 2016-03-25 08:05 | 陶片コレクション

e0060485_820385.jpg

e0060485_8205758.jpg

 今回拾った近代モノです。上段は銅版転写、右の皿の蝶柄は初めて拾いました。下段は昭和の国民食器と桜の吹き墨タイプの盃。この盃もよく出てきます。近代モノは、あまりに小さな破片は、よほど珍しいものでない限り拾わないせいもあって今回はこれだけです。

e0060485_22435774.jpg

 恒例のてんこ盛り写真。今回は無理かな・・・と思いつつ、なんとかそれらしく盛り付けました。
[PR]
by touhen03 | 2016-03-20 22:19 | 宮島

宮島の陶片 その1

e0060485_6534047.jpg

e0060485_6554667.jpg

 今回拾った陶片です。大きな江戸陶片がごろごろ・・・なんてのは今は昔ですが、それでも17〜19世紀の江戸モノがけっこう拾えました。

 上段左端2つは17世紀前半〜半ばくらいのもの。この時代の染付磁器が出るのは広島では宮島や鞆など限られた場所です。宮島へ来たんだなあと実感。その右隣はくらわんか皿の小片。中央の黒っぽいのは陶胎染付というタイプ。その隣も江戸モノでしょうけど、このあたり小さすぎますね。昔の宮島なら持ち帰らなかったかもしれません。右端は洗ってみるまで時代不明という感じでしたけど、たぶん江戸モノか?ほんの少し残った外側の青磁釉が美しいです。右から2つ目の小鉢?は五弁花付きです。小さくてもこれはうれしいです。

 中段左端は19世紀になっていそうですが、くらわんか的な小皿。その隣の碗?は帆掛け船の絵入り。その隣は湯呑のカケラか。右側3つは蓋です。右端は前の記事で取り上げた青磁染付碗の蓋。18世紀後半のものです。このタイプ、宮島だけで大きな引き出し一杯ありますが、何度出てきても感動してしまいます。

 下段左端は19世紀の広東碗と呼ばれるタイプ。広東と言ってももちろん日本産。隣の湯呑、これと同じ模様を以前も拾ってます。その右隣はこれも19世紀の江戸モノに多い線描きタイプ。小さすぎますけどね。右端は江戸時代くらいのすり鉢、その隣は小さすぎて何か判りませんが、中に釉が掛かっていないので食器ではなさそうです。質感から江戸モノだと思います。そして、その左隣の染付小皿ですが・・・江戸モノと一緒に撮ってしまったのですが近代かも。

e0060485_748589.jpg

 染付の色、拾った時の薄汚れた状態では江戸と思ったのですが、洗って、こうして拡大して見てみると、近代っぽいかな。

e0060485_7484686.jpg

 特にこの裏がね・・・近代の砥部の量産小皿によく似てます。裏を見せて転がっていた時は、おっ、砥部の銅版転写皿かと思いましたから。要するにロクロ痕がはっきり残って雑な感じ。だからって砥部とは限らんか。うーん・・・エイッ、知らない!オイオイ
[PR]
by touhen03 | 2016-03-16 23:43 | 宮島

宮島・御手洗川

e0060485_8345287.jpg

 宮島水族館の裏を流れる御手洗川。干潟の流れの中はかつて陶片の宝庫だったのですが、なぜか河口から上はあまり良い陶片が無かったものでした。しかし、今回は小さな破片に誘われて少し歩いてみました。

e0060485_8414274.jpg

 川の両脇に石とコンクリで囲んだ低い土の部分がありますが、その泥の上に、むむ・・・これは。

e0060485_8431042.jpg

 やはり!五弁花入りです。18世紀、青磁染付碗の蓋です。

e0060485_8445410.jpg

 向こうに見える建物は宮島水族館。このあたり、宮島にしては少し汚い場所ですが、陶片は幾らかありました。
[PR]
by touhen03 | 2016-03-14 06:39 | 宮島

e0060485_6544284.jpg

 あれだけ人でいっぱいの干潟ですが、大鳥居の少し先まで行くと、もうほとんど人がいません。ここは昔、「くらわんか」や唐津の碗、皿、備前のすり鉢なんぞが大きな破片でゴロゴロ転がっていたのですが、今回は破片さえ無し。変われば変わったものです。

e0060485_745255.jpg

e0060485_825406.jpg

 宮島水族館の裏あたりまで歩いてみます。ここもかつての陶片ポイントです。干潟を流れる川の中に五弁花のついた皿なんか沈んでいましたけどね。こちらは小さな破片が少しあります。古いとは限りませんが。

e0060485_795027.jpg

おっ!これは良いかも・・・

e0060485_71152100.jpg

 19世紀になっているでしょうが、江戸時代の皿です。ふふふ・・・
[PR]
by touhen03 | 2016-03-14 05:57 | 宮島

2016年の陶片部屋

e0060485_1733081.jpg

 今日は暖かい日でした。もう春そのもの。わかっていても騙されそうな陽気でした。こんな日に仕事が休みなのは幸せなことです。陶片部屋も網戸にして風を通しました。ついでにちょこっと撮って、久しぶりのネタに。(^^ゞ 元は祖母の部屋でしたから、介護用のベッドや小さな仏壇が今でもそのままです。押入れの中も、祖母の箪笥も今では陶片だらけ。

e0060485_1719171.jpg

 奥の箪笥に掛けてあるレトロな前掛けは、土岐市の陶器材料会社のもの。これ、なかなかカッコイイでしょう?

e0060485_1711373.jpg

 全部で1万個以上あることは確かですが、総数は不明。この冬は数えてみようと思っていましたが、けっこう時間かかりますからね、つい他のことをしてしまい、今も謎のままです。ま、いっか (^◇^)
広島県内の陶片で、数と質、保存状態ともにダントツなのはやはり宮島。今は出なくなりましたけどね。細かいですが、鞆の陶片も数は多いです。近代モノなら似島かな。今年は尾道周辺の地域のものが増えそうです。県外の頂きもの陶片も一角を占めておりますし、産地の川から拾った貴重なものもなんとか収納しております。写真のために引き出しを開けましたら、ちょっと華やかになりましたよ。

e0060485_1741479.jpg

 陶片部屋の入口です。昔はこの部屋で寝ることができましたが、今は無理です。寝相が悪いと陶片を割ってしまいそうですから。部屋の外にも陶片がはみ出しております。祖母の食器棚は陶片の飾り棚となりました。やはり元食器ですのでよく映えます。ここは時々内容を入れ替えて楽しんでいます。

春になると潮が良くなりますからね。日も長くなるし、陶片拾いの血が騒ぎます。
[PR]
by touhen03 | 2016-02-14 14:03 | 陶片コレクション

e0060485_7372663.jpg

e0060485_7444418.jpg

 ご挨拶が遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
 写真は近所の川で1月2日に拾った型紙摺りの陶片2つ。大晦日に橋の上から見つけていたものです。一つは遠目にも型紙摺り皿と判りましたが、右側の陶片は裏を見せていました。蛇の目凹型高台であることから古いモノなのは確実でしたが、型紙摺りなのか、ひょっとして江戸後期の皿か、案外、昭和戦前あたりのものか気になって仕方がありませんでした。それで2日の朝、さっそく川へ下りてみました。ほんの少し雨が降ったせいか、思ったより水が深く、橋の下以外はほとんど歩けませんでしたが、それでも大晦日に見つけた陶片は回収できました。2つとも型紙摺り皿でした。(^^ゞ どちらも窯での重ね焼きの痕があります。砥部産かしら。しかし、拾ってみると思ったより小さな破片でしたね。目はあまり良くないのですが、陶片目とでもいいますか、陶片だけはよく見えるようです。

 去年の12月後半にパソコンが突然ネットに繋がらなくなりました。台所に置いているもう一台のノートの方は、なんとか繋がりはするけれど異常に遅いし、トラブルだらけ。幸いネット以外の機能はまともで、写真の取り込みはできましたし、年賀状も刷れました。そんなわけで忙しいこの時期のトラブルは放置!!年を越したらなんとかしようと決めました。

 しかし、ネットの無い生活、3日もすると馴染んでしまいます。案の定、ずるずるとパソコン無しの生活が続き、大嫌いなパソコンの説明書なんぞ読む気がしない。それでも陶片窟への愛着のおかげか、仕方がないやるか・・・と一念発起。ちょっとだけ頑張ってみましたが、もちろんすぐに諦め、とうとう買った量販店に往診をお願いしました。保証期間なんぞとっくに過ぎていますし、往診代と2台のパソコンで9000円ちょっと。ひぇ~(@_@;) 2台とも買って5年目、そろそろヤバイかなと思いましたが、数年ごとに買い替えてたまるものかと大バクチ・・・2台とも治りましたです。今回の原因なら、次からは自分でなんとかなるかも。ちょっと賢くなりましたね。ふっふっふ・・・
[PR]
by touhen03 | 2016-01-13 23:15 | 海田町の川

e0060485_12522324.jpg

 さて恒例?、灘陶片のてんこ盛り一丁上がり!全部拾いきれなかったのですが、それでも大漁でした。来月からは午後の潮の引きも時間も悪くなりますから、尾道周辺の陶片拾いの旅は来年の春まで待つことになります。秋~冬は拾ったものの整理と、拾うなら広島市内の川などになります。

あっ・・・砥部の大切な陶片2つ、てんこ盛りに入れるの忘れた。(>_<)
[PR]
by touhen03 | 2015-09-27 12:52 | 県内の海岸と川

浦崎町灘の陶片 その5

e0060485_7595971.jpg

e0060485_811848.jpg

 上段左端と、その隣は統制番号入りで「瀬358」と「岐97」です。右から二つ目は陶製おろし金。これも戦時代用品で時々出てきますね。右端はガラス製です。化粧品容器でしょうか。

 下段左端はおなじみ、吹き墨タイプの富士山柄の湯呑、昭和戦前人気があったようです。そして中央が昭和っぽい手描き皿ですが、目跡付きです。お皿の表面にロクロ跡もしっかり残っています。砥部産と思われます。右端は以前アップした子供茶碗です。
 
[PR]
by touhen03 | 2015-09-23 22:30 | 県内の海岸と川

浦崎町灘の陶片 その4

e0060485_7571347.jpg

e0060485_7582060.jpg

 銅版転写の皿、鉢、碗、湯呑です。明治から昭和戦前、大量に作られましたので、灘の干潟からもたくさん出てきました。下段右端は以前アップした、蛇の目釉剥ぎのある碗です。しかし、他には目跡のある碗や皿は見つかりませんでした。
[PR]
by touhen03 | 2015-09-21 21:20 | 県内の海岸と川